MENU
カテゴリー

エアペイ(AirPAY)のサイズどれくらい?レジ付近に必要なスペースを解説!

本ページはプロモーションが含まれます。

エアペイ(AirPAY)を導入する場合、レジ付近に設置するためのスペースが必要です。

そこで、エアペイカードリーダーは「どのくらいの大きさなのか?」、「設置に必要なスペースはどれくらい必要か?」気になるところですよね。

この記事でわかること
  • カードリーダーは小さいから省スペースでも設置できる。
  • カードリーダー以外にiPadやiPhoneを置くスペースも必要。
  • カードリーダーは軽く、落としやすいので要注意。
くまブロガー

エアペイカードリーダーのサイズは、高さ:約10.5cm、横:約7cm、厚さ:約1.7cmです。

エアペイカードリーダーはコンパクトなので、広いスペースがなくても設置することができます。

ただ、エアペイは、Airペイアプリを一緒に使うので、iPadやiPhoneを設置するスペースも必要です。

それでも、エアペイのために準備するスペースは、あまり広くなくても大丈夫です。

もし、お店のレジ付近にあまりスペースがない場合、iPhoneなら省スペースでも問題ありません。

目次

エアペイ(AirPAY)専用カードリーダーのサイズ

エアペイ(AirPAY)カードリーダーのサイズ・大きさについて解説していきましょう。

エアペイカードリーダーのサイズ・仕様

エアペイカードリーダーのサイズ・仕様について解説していきます。

カードリーダー本体のサイズ

エアペイカードリーダーのサイズは、下記表のようになっています。

スクロールできます
仕様高さ横幅厚さ
カードリーダー
本体サイズ
約10.4cm約7cm約1.76cm
カードリーダー本体サイズ

カードリーダーのサイズは、実際にメジャーで測ったものなので、多少の誤差があるかもしれません。

ただ、カードリーダーの大きさが手のひらサイズということは間違いないですし、スマホと同じくらいのサイズだと考えて大丈夫ですね。

カードリーダーのディスプレイ画面サイズ

カードリーダーのディスプレイ画面のサイズは、下記表のようになっています。

カードリーダーのディスプレイに表示される文字サイズ
カードリーダーのディスプレイに表示される文字サイズ
スクロールできます
高さ横幅対角線の長さ
カードリーダー
ディスプレイサイズ
約2.2cm約3.8cm約1.72inch
カードリーダーディスプレイサイズ
くまブロガー

カードリーダーのディスプレイ画面や文字のサイズは、本体サイズに対してやや小さめです。

ですが、カードリーダーでは、基本的に暗証番号の入力など番号キーを押す操作がほとんどです。

キャッシュレス決済の操作は、基本的にiPadやiPhoneのAirペイアプリで行うので、カードリーダーのディズプレイ画面は大きくなくても問題ありません。

エアペイカードリーダーは手のひらサイズ

エアペイカードリーダーは、手のひらよりも小さく片手で持つことができます。

エアペイカードリーダーは手のひらサイズ
エアペイカードリーダーは手のひらサイズ
くまブロガー

私は手が小さい方なのですが、それでもカードリーダーは片手におさまります。

エアペイカードリーダーは、これだけ小さくコンパクトなので、ちょっとしたスペースでも十分に設置できます。

カードリーダーはサイズ的に操作しやすい

エアペイ(AirPAY)カードリーダーが、サイズ的に操作しやすいのか解説していきましょう。

エアペイカードリーダーの番号キーは押しやすい

エアペイカードリーダーは、基本的に番号キーをお客様に押してもらう操作がほとんどです。

くまブロガー

クレジットカードの暗証番号などを入力してもらいます。

エアペイカードリーダー番号キーの押下
エアペイカードリーダー番号キーの押下

カードリーダーの番号キーは、本体サイズに対してやや大きめになっているので、押しやすくなっています。

また、カードリーダーは手のひらサイズなので、片手で持って簡単に操作することができますね。

エアペイカードリーダーは小さいけど滑りやすい

エアペイカードリーダーは、とても小さくて軽いので、片手でも操作しやすいです。

くまブロガー

ただ、カードリーダー本体はプラスチック素材なので、手に持つと滑りやすいです。

カードリーダー本体は、持った感じサラサラしているので、片手で操作してると落とす可能性があります。

もちろん、簡単に落とすことはありませんが、カードリーダーは精密機器なので、なるべく衝撃を与えないように気をつけましょう。

エアペイ(AirPAY)と接続するiPadのサイズ

エアペイ(AirPAY)で決済をするには、iPadやiPhoneと接続しなければいけません。

なので、エアペイ導入にあたり、カードリーダーだけでなくiPad(iPhone)の大きさも気にりますよね。

レンタルできる可能性があるiPadサイズ

エアペイがキャンペーン中だと、カードリーダーと一緒にiPadも無料レンタルできる場合があります。

スクロールできます
iPad高さ横幅厚さ
iPad第5世代240.0mm169.5mm7.5mm
iPad第6世代240.0mm169.5mm7.5mm
iPad第7世代250.6mm174.1mm7.5mm
iPad第8世代250.6mm174.1mm7.5mm
iPad第9世代250.6mm174.1mm7.5mm
iPad第10世代248.6mm179.5mm7.0mm
iPadのサイズ

無料レンタルできるiPadは、ごく一般的なiPadです。

くまブロガー

現在、エアペイに対応しているiPadは、上記モデル(iPadOS15.0以上)となっています。

どのモデルも、基本的なサイズはあまり変わらないので、iPadのサイズ感がわかるでしょう。

エアペイで使えるその他のiPadサイズ

無料レンタルできるiPad以外だと、iPad ProやiPad miniといった機種があります。

基本的なサイズは、無料レンタルできるiPadと比べても、それほど大きな差はありません。

A4ノートとiPad Pro・iPad miniを比べた様子
A4ノートとiPad Pro・iPad miniを比べた様子
くまブロガー

A4サイズのノートとiPad Pro11インチは、ほとんど同じ大きさですね。

なので、iPadのサイズとしては、A4サイズのノートをイメージしてもらえれば大丈夫ですね。

エアペイ(AirPAY)に関する掲示ポップやステッカーサイズ

エアペイ(AirPAY)を導入したら、キャッシュレス決済が使えることをお客様が分かるように提示します。

レジ付近に掲示する卓上ポップのサイズ

エアペイで使える決済方法を提示する卓上ポップをレジ付近に設置します。

Air ペイ卓上ポップ
Air ペイ卓上ポップ
くまブロガー

エアペイのポップサイズは、横10cm、縦 15.3cm、奥行 4.5cmとなっています。

Airペイ卓上ポップは、依頼すると送ってもらえますが、100円ショップでも購入できます。

卓上ポップの中身はお店で印刷するので、依頼しても送ってもらえないので気をつけましょう。

お店の入り口などに掲示するステッカーのサイズ

お店の入り口などにエアペイのステッカーを貼って、キャッシュレス決済が使えることを提示します。

エアペイのステッカー
エアペイのステッカー
くまブロガー

ステッカーのサイズは、横13cm、縦 18cmです。

ただ、ステッカーは、各決済ごとにシールがはがせるので、対応してるものだけ貼ることができます。

エアペイ(AirPAY)導入で必要なレジ付近のスペース

エアペイ(AirPAY)カードリーダーの設置に必要なスペースについて解説していきましょう。

エアペイ導入で必要となる機器

エアペイはカードリーダー以外にも、

エアペイ導入で設置するもの
  • エアペイ専用カードリーダー
  • Airペイアプリを使うiPadまたはiPhone
  • レシートプリンター(推奨)
  • エアペイ加盟店卓上POPやステッカー

といったものも設置する必要があります。

エアペイ専用カードリーダー

カードリーダーは、クレジットカード決済やスマホによるタッチ決済で必要な機器です。

ただ、カードリーダーのサイズは、手のひらくらいなので、置き場所に困ることはないでしょう。

Airペイアプリを使うiPadまたはiPhone

カードリーダーで決済を行うには、iPadまたはiPhoneと接続してAirペイアプリを使わなければいけません。

なので、カードリーダーの近くには、iPadやiPhoneを設置するスペースも必要ということです。

控えなど印刷するレシートプリンター

クレジットカード決済の控えなどを印刷するには、レシートプリンターが必要です。

くまブロガー

レシートプリンターの導入は、必ずしも必要というわけではありません。

エアペイで使えるレシートプリンター
エアペイで使えるレシートプリンター

エアペイは、メールで送信できる電子レシートを発行できるので、紙で印刷しなくても問題ありません。

ですが、お客様に控えをお渡しする場合は、レシートプリンターを設置するスペースも必要です。

エアペイ加盟店の卓上POPやステッカー

エアペイを導入したら、お客様にキャッシュレス決済が利用できることを知らせる必要があります。

カードリーダーと一緒に同梱されてくる卓上POPは、レジ付近に設置できます。

また、ステッカーは、お店の入口やレジ付近に貼り付けておくことができます。

なので、卓上POPをおくスペースやステッカーを貼る場所なども考えておく必要があります。

エアペイの導入で必要な最低限のスペース

カードリーダーとiPad(iPhone)設置スペース
カードリーダーとiPad(iPhone)設置スペース

エアペイの導入に必要な最低限のスペースについて解説していきます。

カードリーダーとiPad(iPhone)設置スペース

エアペイカードリーダーは、手のひらサイズなので設置スペースはほとんど必要ありません。

ですが、カードリーダーと接続するiPadやiPhoneを設置するスペースは確保しておく必要があります。

くまブロガー

ただ、iPadやiPhoneの置き方によって必要となるスペースも違います。

iPadやiPhoneをスタンドに立て掛ければ、幅をとらずに設置できるので、20〜30cmのくらい幅があれば大丈夫です。

お客様に電子サインを求めることがあるので、すぐに取り外せる状態にしておきましょう。

カードリーダーとiPad(iPhone)は、10mくらい離れてもBluetooth接続状態を保てます。

もし、カードリーダーとiPad(iPhone)両方同じ場所におけそうになければ、カードリーダーだけ違う場所においても大丈夫ですね。

エアペイ加盟店掲示ツール設置スペース

エアペイを導入しても、キャッシュレス決済が使えるお店ということをお客様に知ってもらわないといけません。

カードリーダーと一緒に、エアペイ加盟店を掲示する卓上POPやステッカーが付属しています。

卓上POPは、レジ付近の見やすい場所に置くのがおすすめです。

エアペイ掲示ツールのステッカーは両面なので、窓ガラスに貼ると外側からも内側からもキャッシュレス決済が使えることがわかります。

くまブロガー

どちらかというと、カードリーダーよりも、卓上POPの置き場所の方が重要です。

なので、お店を利用するお客様がクレジットカードや電子マネーでの決済を利用してもらうように、掲示ツールをうまく活用しましょう。

まとめ(エアペイ(AirPAY)カードリーダーは置き場に困らない)

エアペイ(AirPAY)カードリーダーのサイズや設置するスペースなどについて解説してきました。

エアペイカードリーダーは手のひらサイズなので、置き場所に困ることはありません。

ただ、エアペイはカードリーダー単体で決済ができません。

iPadやiPhoneにAirペイアプリをインストールし、カードリーダーと接続する必要があります。

くまブロガー

なので、レジ付近にエアペイを設置する際は、カードリーダーとiPad(iPhone)をおくスペースも必要です。

カードリーダーは小さいですし、iPad(iPhone)はスタンドにたてかければ、省スペースでも設置できます。

あまりスペースがなくてもエアペイは設置できるので、安心してキャッシュレス決済を導入しましょう!

よかったらシェアしてね!
目次