MENU
カテゴリー

出前館配達員(個人業務委託)は何歳から登録できる?年齢制限ある?未成年や高校生でも配達できるか検証!

本ページはプロモーションが含まれます。

出前館配達員(個人業務委託)は、出前館と個人事業主として登録するので、高校生や大学生でも登録できるのか不安な人も多いんじゃないでしょうか?

そこで、出前館配達員(個人業務委託)は「何歳から登録ができるのか?」、「高校生や大学生だと登録できないのか?」気になるところでしょう。

この記事でわかること
  • 出前館配達員は18歳以上なら登録できる。
  • 18歳でも高校生は原則登録ができない。
  • 未成年(18歳未満)だと登録ができない。
くまブロガー

出前館配達員(個人業務委託)は、満18歳以上なら登録ができます。

ただ、年齢が満18歳だとしても高校生の場合は、出前館配達員(個人業務委託)に登録できないので注意が必要です。

また、出前館配達員(個人業務委託)は、年齢の上限はないので、定年を迎えた方でも登録ができます。

学生のうちから出前館配達員(個人業務委託)として配達すれば、社会人としてのスキルが自然と身につきますし、やる気次第でたくさん稼ぐことも可能です!

この機会に、出前館配達員(個人業務委託)として配達して、自分自身の成長につなげていきましょう‼︎

Uber Eats 配達パートナーもおすすめ

自由な働き方ができるUber Eats 配達パートナー!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎
       〈PR〉

目次

出前館配達員(個人業務委託)に登録して配達できる年齢

出前館配達員(個人業務委託)は「満18歳以上」であれば、どなたでも登録ができます。

18歳以下の高校生は原則不可としています。年齢の上限はございません。

出前館配達員(個人業務委託)公式より引用

出前館配達員(個人業務委託)公式ホームページにも、年齢に関して上記のように記載されているので、18歳以上であれば大丈夫です。

くまブロガー

ですが、18歳でも高校生は認められていません。

なので、出前館配達員(個人業務委託)に登録する時点で18歳になっていて、かつ高校を卒業していれば大丈夫ということですね。

出前館配達員(個人業務委託)が配達する拠点エリアによる年齢制限

出前館配達員(個人業務委託)は、満18歳以上であれば登録することができます。

出前館配達員(個人業務委託)は、ドライバーアカウント(ドライバーIDとパスワード)で、どこでも自由に配達開始できるシステムです。

以前まで、出前館配達員(個人業務委託)は、出前館の拠点エリアごとに登録し、登録したエリアで配達業務を行う仕組みでした。

ですが、新ドライバーアプリになってから、出前館配達員(個人業務委託)は、拠点エリアに対して登録をすることはありません。

くまブロガー

拠点エリアという制限がなくなり、出前館配達員(個人業務委託)の位置情報でオファーが受けられます。

出前館の拠点エリアに関係なく、出前館配達員(個人業務委託)は、どのエリアでも自由に配達業務を行うことができるんです。

なので、拠点エリアごとに年齢制限は設けられていないので、どの拠点エリアでも満18歳以上(高校生不可)ということになりますね。

出前館配達員(個人業務委託)登録で年齢に関係なく提出する必要書類

出前館配達員(個人業務委託)に登録するには、最低でも「身分証明書、任意保険書、銀行口座」が必要です。

身分証明書(本人確認書類)

出前館配達員(個人業務委託)は、

公的機関発行身分証
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(表面)
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書

といった公的機関が発行する身分証が認められています。

くまブロガー

ただ、高校を卒業したばかり、もしくは大学生の場合は、公的機関が発行する身分証明書を持っていないことも多いでしょう。

もし、身分証明書となるものがなければ、無料で発行できるマイナンバーカードを作ったり、1日で取得できる原付バイクの免許をとるのがおすすめですね。

任意保険証(自転車・バイクなど)

出前館配達員(個人業務委託)は「個人事業主」として登録するので、万が一の事故にそなえて、任意保険への加入が必須となっています。

自転車の場合は、任意保険への加入は必須ではありませんが、配達業務以外の事故にそなえて保険に加入しておくと安心です。

なので、出前館配達員(個人業務委託)は、自転車以外の車両で配達する場合は、必ず保険に加入して「任意保険証」を提出することになっています。

任意保険は、出前館配達員(個人業務委託)として配達中でも補償される業務用保険に加入しましょう。

銀行口座(報酬の振り込み用)

出前館配達員(個人業務委託)として配達して得た報酬は、指定した銀行口座への振り込みとなります。

どこの銀行でも構いませんが、出前館が推奨しているのは「三井住友銀行」です。

くまブロガー

三井住友銀行であれば振り込み手数料が無料になります。

三井住友銀行の口座以外は振込手数料が発生します。

振込手数料
  • 3万円未満:220円
  • 3万円以上:440円

毎回振込手数料を差し引かれると結構な金額になるので、三井住友銀行の口座をつくっておくのがおすすめですね。

出前館配達員(個人業務委託)が年齢に関係なく注意するポイント

出前館配達員(個人業務委託)は、登録する際の年齢に関係なく注意するポイントを解説していきましょう。

個人事業主として登録

出前館配達員(個人業務委託)は、年齢に関係なく個人事業主として契約をします。

個人事業主ということは、開業届を提出することになりますよね。

開業届を出さなくても罰則はありませんが、出前館配達員(個人業務委託)として得た報酬は「事業所得」として取り扱われので、青色申告することができます。

ただ、年齢が18歳未満だと開業届を提出する際、未成年であることの証明書となる「未成年者登録簿」を開業届と一緒に提出する必要があるので気をつけましょう。

年に1回の確定申告する

出前館配達員(個人業務委託)は、個人事業主として配達するため、年間を通して得た報酬額によっては「確定申告」が必要です。

Uber Eats 配達
パートナー
確定申告が必要
な所得額(年間)
社会人副業20万円以上
専業48万円以上
学生48万円以上
年金受給者20万円以上
確定申告が必要となる金額

学生でも、出前館配達員(個人業務委託)として得た報酬が、年間とおして48万円以上(経費を除く)だった場合「確定申告」をする必要があります。

なので、出前館配達員(個人業務委託)として得た報酬は、しっかりとチェックして把握しておくことが大切です。

まとめ(出前館配達員(個人業務委託)登録できる年齢)

出前館配達員(個人業務委託)に登録できる年齢について解説してきました。

出前館配達員(個人業務委託)は、登録する時点で18歳以上でであれば登録できますが、高校生の場合は原則として登録ができません。

くまブロガー

高校生3年生で18歳の場合は、卒業してから出前館配達員(個人業務委託)に登録することができるということですね。

また、年齢に上限はないので、何歳でも出前館配達員(個人業務委託)として活躍することができます。

出前館配達員(個人業務委託)は個人事業主として登録するので、自分の好きな曜日や時間帯だけ配達することもできるので、自分のライフスタイルにあわせることが可能です。

なので、出前館配達員(個人業務委託)に登録して、これからの新しいライフスタイルをスタートさせましょう!

よかったらシェアしてね!
目次