スマホで稼ぐ 出前館業務委託配達パートナー

出前館業務委託配達パートナーは掛け持ちOK?Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録済でも良いか検証!

出前館業務委託配達パートナーとして登録する際、すでにUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼働している人も多いでしょう。

そこで、Uber Eats 配達パートナーに登録していても、出前館業務委託配達パートナーに登録して「掛け持ち(兼業)で稼働できるのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • 出前館業務委託はUber Eats と掛け持ちOK。
  • 業務委託は個人事業主なので掛け持ちできる。
  • 出前館業務委託と掛け持ちする時の注意点。
  • 出前館業務委託で効率的に掛け持ちする方法。

出前館とUber Eats で掛け持ち稼働する際、それぞれのルールをしっかりと守れば、どちらも登録して稼働することができます。

どちらも個人事業主として登録するので、掛け持ち稼働OKです。

出前館とUber Eats どちらも魅力的なフードデリバリーサービスなので、両方とも登録して稼働してみるのがおすすめです。

もちろん、掛け持ちで稼働しても良いですし、どちらか一方で稼働するのでも問題ありません。

出前館業務委託配達パートナーとして登録・稼働してみて、自分のライフスタイルにあうかどうか確かめてみましょう!

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

出前館 配達パートナー募集

 

出前館業務委託配達パートナーが掛け持ちしても良い理由

出前館業務委託配達パートナーは、他社フードデリバリーサービスの配達パートナーと掛け持ち(兼業)で登録・稼働しても問題ありません。

もちろん、出前館業務委託配達パートナーと違う職種でも大丈夫です。

理由としては、出前館業務委託配達パートナーは「個人事業主」として登録することになるので、出前館との雇用関係は一切ありません。

MEMO

分かりやすくいうと、「出前館」と「自分の経営する個人会社」が契約して業務を行うような関係性ということです。

出前館としては、出前館業務委託配達パートナーとして稼いだ報酬分以外の支払いが発生しないことになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)も個人事業主として登録するので、どちらとも契約して稼働することに問題はないということです。

もちろん、出前館やUber Eats としては、登録したからには数多く稼働してほしいですが、個人事業主として登録するので自分の好きなように選択できます。

なので、自分にあった配達パートナーとしての働き方を見つけるためにも、いろいろなフードデリバリーサービスに登録して稼働してみると良いですね!

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

 

出前館業務委託配達パートナーが掛け持ち稼働する際の注意点

出前館業務委託配達パートナーが、他社フードデリバリーサービスなどと掛け持ち(兼業)する際の注意点について解説していきましょう。

 

約束事やルールをしっかり守る

出前館業務委託配達パートナーは、Uber Eats(ウーバーイーツ)などと掛け持ち(兼業)する場合、出前館による約束事やルールを守る必要があります。

出前館業務委託配達パートナーとして稼働する際は出前館のルール、Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際はUber Eats のルールをしっかりと守りながら稼働しなければいけません。

それぞれの約束事やルールを守らないと、場合によってはアカウント停止となる可能性も考えられるので、掛け持ち稼働する際は十分気を付けるようにしましょう。

 

配達バッグや服装に気を付ける

出前館業務委託配達パートナーとして稼働する際、Uber Eats などの配達バッグを使用する際は、出前館のルールをしっかりと把握しておくことが大切です。

 

配達バッグに関するルール

出前館 Uber Eats
(ウーバーイーツ)
DiDi Food
(ディディフード)
Wolt
(ウォルト)
専用バッグ
専用バッグ
料金体系
買い切り デポジット デポジット
専用バッグ
推奨レベル

出前館業務委託配達パートナーは、配達バッグを各自で用意しなければいけません。

Uber Eats やWoltのように、ロゴが入ったバッグを購入することはできません。

すでに、Uber Eats 配達パートナーとして稼働されている場合、Uber Eats のロゴが入った配達バッグを持っているかもしれません。

その場合、Uber Eats のロゴが入った配達バッグを使用しても構いませんが、出前館業務委託配達パートナーとして稼働する際は、Uber Eats のロゴを隠すというルールがあります。

出前館とUber Eats の配達パートナーを掛け持ちする場合は、何も書かれていない汎用性のある配達バッグを使うのがおすすめですね。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

 

格好(服装)に関するルール

出前館 Uber Eats
(ウーバーイーツ)
DiDi Food
(ディディフード)
Wolt
(ウォルト)
服装(上下) 自由 自由 Wolt
推奨
帽子 必須 Wolt
推奨
格好
推奨レベル

出前館業務委託配達パートナーとして稼働する際、服装は自由となっていますが、出前館の帽子(キャップ)を被らないといけません。

Uber Eats の場合だと、服装や帽子などの格好はすべて自由となっているので、どのフードデリバリーサービスとも掛け持ち稼働しやすいですよね。

Wolt(ウォルト)のように格好が指定されていると掛け持ちで稼働しにくいですね。

出前館業務委託配達パートナーとして稼働している時は帽子を被れば良いですし、Uber Eats で稼働する場合は帽子を脱ぐだけで済みます。

なので、掛け持ちで稼働する場合、出前館とUber Eats は最適な組み合わせと言えるかもしれませんね!

 

掛け持ち稼働による遅延は要注意

出前館とUber Eats を掛け持ちで稼働する際、やり方としては2通りあります。

ひとつは、日によって稼働するフードデリバリーサービスを変える方法で、もうひとつは、同じ日に同時オンラインにして稼働する方法です。

要注意なのは後者の同時オンラインする方法です。

同じ日に出前館とUber Eats を同時オンラインする場合、配達依頼を両方から受けてしまうと、タイミングによっては遅延を引き起こしてしまいます。

同時オンラインにすれば、配達依頼を続けて受けることができるメリットがある一方で、2つのレストランへピックアップしに行くだけでなく、お届け先も別々の場所ということになります。

お届け時間がうまくずれていれば良いですが、同じタイミングということも十分考えられるので、なるべく同時オンラインにするのはやめておきましょう。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

 

出前館業務委託配達パートナーが効率的に掛け持ちする方法

出前館業務委託配達パートナーが、効率的に掛け持ち(兼業)で稼働する方法について解説していきましょう。

 

稼働する日を別々にする

出前館配達パートナーがUber Eats(ウーバーイーツ)と掛け持ちで稼働する場合、それぞれ稼働する日を別々にするのがおすすめです。

同じ日に出前館とUber Eats の配達パートナーをこなそうとすると、遅延を起こすだけでなく、レストランやお届け先で間違える可能性も十分考えられます。

出前館とUber Eats の配達パートナーとして、どちらも慣れていればそういった心配なないかもしれませんが、同時に稼働させたとしても稼げるとは限りません。

なので、出前館とUber Eats どちらかひとつに集中して稼働する方が、安心かつ効率的に稼働できるでしょう。

 

インセンティブの状況を確認する

出前館とUber Eats の配達パートナーを掛け持ちする場合、重要となってくるのがインセンティブです。

インセンティブにが多く発生している方で稼働する方が、効率的に稼ぐことができますよね。

出前館とUber Eats 別々の日に掛け持ちする場合は、インセンティブに目を向けると良いってことですね!

出前館の場合は「ブースト倍率」、Uber Eats の場合はブースト倍率だけでなく、ピーク料金やクエストといったインセンティブも考慮して稼働するのがおすすめです。

 

同時オンラインするタイミング

もし、出前館とUber Eats 配達パートナーを同じ日に稼働する場合、同時オンラインにして稼働する人いますよね。

同時オンラインは、リスクの割に効率的ではないので、できればやらない方がいいでしょう。

ですが、出前館とUber Eats どちらも配達依頼が少なく、待機する時間が多くるような状況であれば、同時オンラインにするのもひとつの方法です。

出前館とUber Eats どちらか一方だけオンラインにしていて、全然配達依頼がこなければ稼働していても意味がなくなってしまいます。

同時オンラインを利用するのは、あくまで最終手段として覚えておくといいでしょう。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

出前館 配達パートナー募集

 

まとめ(出前館業務委託配達パートナー掛け持ちによる稼働)

出前館業務委託配達パートナーは「Uber Eats 配達パートナーに登録している状態で掛け持ちできるのか?」という内容について解説してきました。

出前館業務委託とUber Eats 配達パートナーは、どちらも個人事業主として契約するので、両方に登録して掛け持ちすることができます。

掛け持ちで稼働する場合は、出前館とUber Eats の約束事やルールをしっかりと守らなくてはいけません。

Uber Eats の場合は、服装や格好は特に指定がなく自由ですが、出前館の場合は「出前館の帽子(キャップ)」を被るというルールがあります。

それぞれのルールを守ってさえいれば、掛け持ち稼働しても問題ありませんし、自分のスタイルにあった方を選んで稼働することも問題ありません。

出前館とUber Eats 、同じ配達パートナーでも、それぞれの特徴ややり方が違うので、どちらも登録してみてみるのがおすすめです!

自分の働き方や可能性を見つける意味でも、出前館業務委託配達パートナーとして稼働してみましょう!

-スマホで稼ぐ, 出前館業務委託配達パートナー