MENU
カテゴリー

出前館配達員(個人業務委託)にノルマはないの?配達日数や時間帯を自由に決められる理由を解説!

本ページはプロモーションが含まれます。

出前館配達員(個人業務委託)は、自分のライフスタイルにあった働き方ができ、やり方次第でたくさん稼げることで人気があります。

ただ、出前館配達員(個人業務委託)に登録する際「ノルマはなく自由に配達できるのか?」、「1ヶ月に最低何日配達しないといけないのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること
  • 出前館配達員(個人業務委託)にノルマはない。
  • ノルマがないのは個人事業主として契約するから。
  • 自分自身でノルマを設定すると効率的に稼げる。
くまブロガー

出前館配達員(個人業務委託)にノルマはなく、配達日数や時間帯は自分で自由に決められます。

出前館配達員(個人業務委託)は、個人事業主として配達するので、配達した分だけ報酬を得られるような仕組みとなっています。

なので、出前館配達員(個人業務委託)として配達すれば報酬が得られますし、配達しなければ報酬が得られないということになるので、特別なノルマや制限がありません。

自分のライフスタイルで空いている時間だけ配達することもできるので、自由な働き方ができる出前館配達員(個人業務委託)は人気があるんです!

Uber Eats 配達パートナーもおすすめ

自由な働き方ができるUber Eats 配達パートナー!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎
       〈PR〉

目次

出前館配達員(個人業務委託)にノルマがない理由とは

出前館配達員(個人業務委託)には「どうしてノルマがないのか?」その理由について解説していきましょう。

業務委託は個人事業主だからノルマがない

出前館配達員(個人業務委託)にノルマがない理由は、出前館との契約形態が個人事業主だからです。

くまブロガー

「出前館は個人経営の企業と契約している」というようにイメージするとわかりやすいですね。

個人事業主は、法人として会社を設立しないで、個人で事業を営んでいる人のことを言います。

出前館配達員(個人業務委託)は「週に何日配達する」、「1日何時間配達する」というノルマはなく、実際に配達業務を行った件数分だけ報酬を受け取れる仕組みになっています。

くまブロガー

出前館配達員(個人業務委託)として1ヶ月全く配達しなくても、報酬が0円というだけで契約上何も問題はありません。

なので、出前館配達員(個人業務委託)は、配達する日や時間帯を自由に決められますし、たくさん稼ぎたければ毎日配達することもできるということですね。

ノルマがないことのメリット・デメリット

出前館配達員(個人業務委託)にノルマがないことの「メリット」と「デメリット」を解説しておきます。

ノルマがないことのメリットとは

ノルマがないことのメリットは、何といっても今のライフスタイルをそのまま維持できることです。

出前館配達員(個人業務委託)として稼ぎたい時に配達すればいいですし、忙しくて配達できない時期はやらないという選択ができます。

また、地域やエリアによって多少異なりますが、出前館で注文ができる時間帯であれば配達できるので、自分の好きな時間帯だけ配達することもできます。

出前館配達員(個人業務委託)として配達するもしないも自分次第、という自由なスタイルで働けるのは最大のメリットといえるでしょう。

ノルマがないことのデメリットとは

ノルマがないことのデメリットは、配達業務を行えない場合に報酬が全くもらえないということです。

出前館配達員(個人業務委託)として問題なく配達できているうちはいいですが、病気や怪我をしてしまったら配達できません。

もちろん、副業で出前館配達員(個人業務委託)をやっていれば問題ないですが、出前館配達員(個人業務委託)だけだと収入がなくなって困ってしまいますよね。

くまブロガー

何かあった時のために、ある程度蓄えが必要ということです。

なので、出前館配達員(個人業務委託)のような個人事業主として配達するということは、収入が安定しないというデメリットがあります。

ノルマがないので報酬額にも制限がない

ノルマという言葉を聞くと、どうしても「最低どれだけやらないといけない」というイメージを持つ方も多いんじゃないでしょうか?

ですが、ノルマがないということは、最低条件がないだけでなく、稼げる金額にも上限がないということです。

くまブロガー

例えば、欲しいものがあったり、旅行に行きたいといった理由で稼ぎたければ、目標額を達成するまでまとめて配達することもできます。

なので、出前館配達員(個人業務委託)として「毎日のように配達できる」と考えることもできるので、人によっては大きなメリットといえるでしょう。

出前館配達員(個人業務委託)はノルマは全くないのか?

出前館配達員(個人業務委託)には「本当にノルマがないのか?」という疑問について解説していきましょう。

配達する日数や時間にノルマはない

出前館配達員(個人業務委託)は、配達する日数や時間を自由に決めることができます。

「1ヶ月のうち何日配達しないといけない」とか、「1日のうち何時間配達しないといけない」といったノルマは一切ありません。

出前館配達員(個人業務委託)は「個人事業主」ですし、配達した分だけ報酬を得られるので、配達日数や時間を気にしなくて大丈夫です。

配達する日の配達件数もノルマはない

出前館配達員(個人業務委託)は、配達した日でも配達件数や配達時間に対するノルマはありません

出前館Driverアプリをオンラインにして1時間も経過していない状態でも、配達するのをやめる(オフラインにする)ことができます。

くまブロガー

また、出前館配達員(個人業務委託)として配達し、1件配達しただけでも配達するのを止めることができます。

極端なことを言えば、出前館配達員(個人業務委託)として配達したけど、1件もオーダーを受けずに終了することができるということです。

全く配達しない月があっても問題ない

出前館配達員(個人業務委託)に登録していつでも配達できる状態だけど、すぐに配達できないこともありますよね。

例えば、副業で出前館配達員(個人業務委託)をする場合、他の業務が忙しい時期は配達できないこともあるでしょう。

そういった場合、出前館配達員(個人業務委託)として1〜2ヶ月配達できなくても、ノルマはないので問題ありません

個人事業主のメリットは、自分のライフスタイルを崩さないで配達できることですから、しばらく配達できない期間があっても大丈夫ということですね。

出前館配達員(個人業務委託)自身のノルマがあると効率的

出前館配達員(個人業務委託)自身でノルマを設定すると効率的に稼ぐことができます。

配達する日数や時間を設定する

出前館配達員(個人業務委託)として、1ヶ月のうちに配達する日数や時間を決めておくことで、継続的に稼ぐことができます。

くまブロガー

その理由は、ノルマがないことでいつでもできるという考えが生まれてしまう可能性があるからです。

ノルマを設定しなくても配達できる人は、自分自身でノルマを設定する必要はありません。

ですが、ダイエットとみたく「明日からやればいいかな」という考えをしてしまいがちの人は、出前館配達員(個人業務委託)として配達するためのノルマを設定しておくのがおすすめです。

配達する日の配達件数や報酬額を設定する

出前館配達員(個人業務委託)として配達する日は、1日の配達件数や報酬額を設定しておくと稼ぎやすいです。

ノルマがないことで長時間配達することができますが、時間に制限がないことで集中して配達できない可能性も考えられます。

1日配達しているのに配達件数が少なかったり、報酬額が少ないなんてことも十分にありえます。

くまブロガー

例えば、11:00〜14:00の3時間でしっかり稼ぐといったノルマを設定しておけば、短時間で集中的に稼ぐことができますよね。

ノルマがないことは、業務を行う上で精神面がラクになる一方で、やらなくても問題ないという気持ちが現れやすいので、自分でノルマを設定して配達するといいですね。

まとめ(出前館業務委託は個人事業主でノルマがない)

出前館配達員(個人業務委託)のノルマや制限について解説してきました。

出前館配達員(個人業務委託)は、個人事業主として登録して配達することになるため、ノルマといったものは一切ありません。

「ひと月に何日配達する」、もしくは「1日何時間、何件配達する」といったノルマはないので、自分にあった働き方を選択することができます。

「今月は忙しいからできないけど、来月は時間があるからたくさん配達する」ということもできるので、ノルマや制限など気にする必要はありません。

今のライフスタイルを変更することなく、時間がある時にだけ出前館配達員(個人業務委託)として配達できます!

この機会に、出前館配達員(個人業務委託)に登録して、新しい稼ぎ方とライフスタイルを手に入れましょう‼︎

よかったらシェアしてね!
目次