出前館配達パートナー

出前館業務委託配達パートナー紹介コードの仕組み!登録する人にキャッシュバックされるか検証!

業務委託による出前館配達パートナーが、web説明会に申し込む際、紹介コードを入力する欄があります。

これから出前館配達パートナーに登録するのに、紹介コードを入力すると何かメリットがあるのか気になるところですよね。

ですが、出前館配達パートナーの紹介キャンペーンは、紹介コードを入力してもらった配達パートナーが特別報酬をもらえますが、これから登録する配達パートナーには、特別報酬やキャッシュバックはありません

なので、友人や知人からの紹介コードがなければ、これから出前館配達パートナーに登録する人は、紹介コードを入力する必要はありませんので、空欄のまま出前館業務委託web説明会に申し込みましょう!

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

 

出前館配達パートナー紹介コードの仕組み

業務委託による出前館配達パートナー紹介コードの仕組みについて詳しく解説していきましょう。

 

紹介コードとは

出前館配達パートナーの紹介コードは、すでに出前館配達パートナーとして登録し、稼働している人に割り振られているコードです。

なので、これから出前館配達パートナーとして稼働する人も、登録が済めば自動的に自分自身の紹介コードがもらえます。

紹介コードは、あくまで入力した人にではなく、入力された人に対して特別な報酬が振り込まれる仕組みとなっているので、これから出前館配達パートナーに登録する人が入力してもメリットはありません。

友人や知人に紹介コードを入力して欲しいというような依頼がなければ、何も入力せず空欄のままweb説明会に申し込むのがおすすめです。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

 

紹介コードが発行されるタイミング

出前館配達パートナーの紹介コードが発行されるタイミングは、配達パートナー登録完了後、初回稼働日の前日までにメールで送られてきます。

初回稼働日になれば、出前館配達パートナーとして紹介コードが発行されるので、ご自身の紹介コードを友人や知人に使ってもらうことができますね。

 

紹介コードの利用条件

出前館配達パートナー紹介コードの利用条件について解説していきましょう。

 

紹介コードの有効期限

紹介コード自体の有効期限は特にありません。

ただ、出前館配達パートナーを辞めてしまえば、当然、紹介コードは無効になってしまいますが、登録している状態であればずっと有効ということになります。

一方、特別報酬を受け取るには、紹介コードを入力してくれた出前館配達パートナーが、初回稼働日より30日以内もしくは60日以内に稼働する回数で決まります。

なので、初回稼働日より61日以降になると、入力してもらった紹介コードによる特別報酬は発生しなくなるということですね。

 

紹介コードを使用できる人数

紹介コードは、これから出前館配達パートナーに登録する人に使ってもらうものですが、紹介する人の人数制限はないので、複数の人に紹介コードを使ってもらうことができます。

なので、出前館配達パートナーは、紹介コードを10人に使ってもらえれば、10人分の特別報酬をゲットできることになるんです。

多くの人が自分の紹介コードを使うほど報酬がたくさんもらえます。

ただ、紹介コードを入力して出前館配達パートナー登録した人が、期間内に稼働してくれないと特別報酬はもらえないので、ただ入力してもらっただけだとあまり意味がないということになります。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

出前館 配達パートナー募集

 

紹介コードを使用された出前館配達パートナーの報酬

業務委託による出前館配達パートナーは、紹介コードを使って登録してもらうと、どのくらい特別な報酬がもらえるのか詳しく解説していきましょう。

 

紹介コードによる特別報酬

稼働期間条件報酬額
稼働前登録のみ0円
初回稼働日より
30日以内
1回+1,500円
10回+2,500円
30回+3,500円
50回+5,000円
100回+7,500円
31〜60日以内200回+5,000円
合計+25,000円

表をみても分かるように、紹介コードを入力した出前館配達パートナーは、最低でも1回以上稼働しないと、紹介コードの所有者へ特別報酬は振り込まれません

紹介コードを入力して出前館配達パートナーに登録しただけでは、何の意味もないということですね。

紹介コードによる特別報酬は、初回稼働日より30日以内(60日以内)に稼働した回数によって報酬額が決まるので、登録してくれた人の稼働するペースによって変わってくるということです。

 

紹介コード利用による特別報酬の例

例えば、出前館配達パートナーの紹介コードを「3人が登録した場合」を想定してみましょう。

稼働した回数

  • Aさんは初回稼働日より1回
  • Bさんは初回稼働日より15回
  • Cさんは初回稼働日より30回

それぞれ3人が上記のような配達回数を期間内にこなした場合、

7,500円 = Aさん1,500円 + Bさん2,500円 + Cさん3,500円

となるので、合計7,500円が紹介した人に振り込まれることになります。

単純に紹介コードを入力してあげても、登録した後に配達する回数で特別報酬が違ってくるので、期間内にたくさん稼働しないといけないというプレッシャーにもなってしまいます。

なので、出前館配達パートナーとしてマイペースに稼働したいのであれば、紹介コードは気にせず空欄のまま登録する方が安心ですね。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

 

出前館配達パートナーの紹介コードは入力するべき?

業務委託による出前館配達パートナーの紹介コードは、SNSなどネット上に公開されていますし、中には紹介コードの所有者からキャッシュバックしてもらえる場合もあるようです。

例えば、「30日以内に100回配達したら10,000円キャッシュバック」や「60日以内に200回配達したら15,000円キャッシュバック」というような感じの情報が、ネット上にはたくさん公開されています。

もちろん、ネット上に公開されている紹介コードの所有者が、信頼できるような人であれば問題ありませんが、信頼できるかどうかは自分自身で見極める必要があります。

キャッシュバックすると記載があるにも関わらず、キャッシュバックされないというような事態にならないよう注意が必要です。

こういった不安を持ちながら紹介コードを使うくらいなら、紹介コードは使わずに自分自身の力でたくさん稼働して稼ぐ方がスッキリしますし、精神的にも体力的にも充実できるでしょう。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

 

出前館配達パートナーの紹介コード利用時のリスクとは

業務委託による出前館配達パートナーの紹介コードを、SNSなどネット上に公開されているものを使う場合のリスクについて解説していきましょう。

 

キャッシュバックされない

出前館配達パートナーの紹介コードが顔見知りの人のものであれば問題ありませんが、ネット上に公開されている知らない人の紹介コードを使う場合は、キャッシュバックされない可能性があります。

もちろん、こういったネット上の情報は、信頼性が重要になってくるので、きちんとキャッシュバックされるのがほとんどでしょう。

ですが、少なからず詐欺の可能性も十分考えられますので、ネット上の紹介コードを利用される場合には十分注意することが大切です。

 

口座情報など個人情報の漏洩

ネット上に公開されている出前館配達パートナー紹介コードよって、キャッシュバックを受ける場合には、基本的に指定口座へ振り込まれることになります。

ということは、顔も名前も知らない相手に自分の口座情報を伝えなければいけませんよね。

口座番号だけなら問題ありませんが、金融機関名、支店名、口座番号が組み合わさってしまうと、本人が特定されてしまう可能性があるんです。

きちんとキャッシュバックされたとしても、後々その口座情報など個人情報が悪用されない保証は全くありませんよね。

もちろん、疑いだしたらどんなことでもキリがないことですが、最悪のことを想定しておく必要がありますし、自分のことは自分で守るしかないので、ネット上の紹介コードを使う場合には慎重に進めましょう。

なので、個人的には、紹介コードをやりとりするのであれば、顔見知りの友人・知人だけにしておくのがおすすめです。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

 

まとめ(出前館配達パートナー紹介コードの仕組み)

業務委託による出前館配達パートナー紹介コードの仕組みについて解説してきました。

出前館配達パートナーの紹介コードは、入力された人に対する報酬はありますが、入力した人に対して特別なメリットはありません。

友人や知人に紹介コード使って登録して欲しい、というように頼まれなければ、紹介コードは何も入力しないで空欄のまま登録するのが良いですね。

ネット上には、出前館配達パートナーの紹介コードを公開している人もいますが、顔も名前も知らない人のものを利用するのは少なからずリスクがともなうので、キャッシュバックをもらうよりも自分自身の力で稼ぐ方が安心できます!

出前館配達パートナーとして自転車で稼働すれば、良い運動にもなりますし報酬もゲットできるので、紹介コードは気にせずに出前館業務委託web説明会に申し込みましょう‼︎

-出前館配達パートナー

© 2021 スマホで繋がる人と未来