フードデリバリー 出前館業務委託配達パートナー

出前館業務委託配達パートナーおすすめ任意保険!業務適用される自転車とバイク保険を解説!

出前館業務委託配達パートナーに登録する際、任意保険への加入が必要です。

ただ、任意保険への加入が必要といわれても、どんな保険に加入すれば良いのかイマイチよく分からないですよね。

業務委託おすすめ任意保険

  1. 自転車なら自転車安全対策協議会の業務用保険。
  2. バイクなら損保ジャパン原付・バイク任意保険。

出前館業務委託配達パートナーは、自転車でもバイクでも任意保険への加入が必須条件です。

自転車なら「一般社団法人自転車安全対策協議会の業務用自転車賠償制度」、バイクなら「損保ジャパンの原付・バイク任意保険」がおすすめです。

出前館業務委託配達パートナーは、任意保険への加入など、最初は少し面倒かもしれません。

ですが、出前館業務委託配達パートナーは、フードデリバリーサービスの中でも、やり方次第でかなり稼ぐことができます!

この機会に、出前館業務委託配達パートナーに登録して、新しい稼ぎ方を身につけましょう‼︎

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

出前館 配達パートナー募集

出前館業務委託配達パートナーすべて任意保険への加入が必須

出前館業務委託配達パートナーは、応募するすべての人が任意保険に加入する必要があります。

車両に関係なく任意保険の加入が必須

出前館業務委託配達パートナーは、自転車・バイクなど、稼働する車両に関係なく「任意保険への加入」が必要です。

原付バイクだと、自賠責保険には加入しているけど、任意保険に加入しない人は多いんじゃないでしょうか?

実際、バイクの任意保険加入率は50%に満たないというデータもあるくらいです。

なので、出前館配達業務委託パートナーとして、原付バイクなど二輪車で登録する際は、ご自身の加入している保険を見直すことから始めましょう。

業務中に補償適用される保険が推奨

出前館業務委託配達パートナーが加入すべき保険は、配達業務中に補償適用される「施設賠償責任保険」です。

配達業務中はどんな時?

出前館業務委託配達パートナーによる配達業務中とは、具体的にどこからどこまでが補償されれば良いのか気になるところですよね。

配達業務中とは、出前館業務委託配達パートナーとして「配達依頼を受けて料理を注文者までお届けするまで」のことです。

なので、出前館業務委託配達パートナーとして稼働するために「拠点エリアへ行くまで」もしくは「配達業務を終了して帰宅するまで」は含まれません。

施設賠償責任保険って何?

施設賠償責任保険とは、施設管理や業務遂行にともなう事故の補償が受けられるものです。

例えば、一般的な自転車保険だと、日常やレジャーで使用する際に補償されるものがほとんどで、配達など業務中に発生した事故などは補償されません。

保険によっては通勤・通学まで補償されるものもありますが、基本的に業務中の事故は補償されないものが多いです。

なので、出前館業務委託配達パートナーのように、配達業務を行う場合には、一般的な自転車保険ではなく「施設賠償責任保険」など、業務中に適用される保険に加入しなければいけません。

施設賠償責任保険は、取扱う保険会社によって種類が様々なので、配達業務による事故が補償されるものを選ぶ必要があります。

日常・レジャーでの事故に対する保険も必要

出前館業務委託配達パートナーとして任意保険に加入すると、業務中の事故などは補償されますが、プライベートなどでの事故は補償されません。

業務用保険に加えて、一般的な保険にも加入しておくのがおすすめです。

例えば、出前館業務委託配達パートナーとしての仕事を終えた後、自宅に帰宅するまでの間に事故にあったら、業務用保険では補償されないんです。

なので、日常・レジャーによる事故に対して補償される保険にも加入しておくと安心ですね。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

出前館業務委託配達パートナーに推奨されている任意保険

出前館業務委託配達パートナーが加入する任意保険に対して、出前館が推奨している補償内容や保険会社について解説していきましょう。

任意保険の補償内容

任意保険は対人無制限、対物1000万以上の業務用のものをおすすめします。

引用元:出前館業務委託公式サイト

出前館が推奨している任意保険は、補償内容として「対人無制限、対物1000万以上の業務用」のものが推奨されています。

上記のように、出前館が推奨している補償内容の保険に加入するのが望ましいですが、必ずしも上記条件を満たしていないと登録できないわけではありません。

ただ、事故の状況によっては、想像以上の賠償を求められる可能性があるので、対人無制限の補償があると安心して稼働することができますね。

出前館が推奨する任意保険

出前館が推奨している任意保険について解説していきましょう。

所有する自転車・バイクで稼働する場合

三井住友海上や東京海上日動などの保険がございます。それぞれの保険に関しては、直接保険会社までお問い合わせください。

引用元:出前館業務委託公式サイト

三井住友海上や東京海上日動のような大手保険会社では、施設賠償責任保険が充実しているので、安心して配達業務を行うことができます。

ただ、その分保険料も高くなってしまうので、三井住友海上や東京海上日動の施設賠償責任保険に加入する場合、契約する前に「どのくらいの補償内容で保険料がいくらになるのか?」見積もってもらうのがおすすめです。

シェア・レンタル自転車(バイク)で稼働する場合

レンタル自転車の場合、自転車を所有されている企業様が任意保険をかけているケースが多くございます。不安な場合は、一度レンタル自転車の企業様へお問合せください。また書類については、レンタルの申込書、またはオンライン申込の場合は、そのデータのスクリーンショット等をご準備ください。

引用元:出前館業務委託公式サイト

シェア・レンタル自転車(バイク)で稼働する場合、ご自身で任意保険に加入するかどうかは、シェア・レンタルする会社が加入している保険によって変わってきます。

自転車やバイクをレンタルできるということは、その会社が何かしらの保険に加入しているはずなので、利用者があえて保険に加入しなくてもいいケースがあるので、利用するシェア・レンタル会社の補償内容を確認してみましょう。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

出前館業務委託配達パートナーにおすすめの任意保険

出前館業務委託配達パートナーにおすすめの任意保険について解説していきましょう。

自転車で稼働する人におすすめの任意保険

自転車で稼働する場合におすすめなのが「一般社団法人 自転車安全対策協議会」の任意保険です。

一般社団法人 自転車安全対策協議会は、代理店として「業務用自転車賠償制度」を取り扱っています。

この業務用自転車賠償制度は、AIG損害保険株式会社が取扱うもので、年間の保険料も安くて補償内容も充実しています。

対人・対物共通支払限度額
(1事故あたり補償限度額)
自己負担額
(1事故免責金額)
自転車1台につき
1年間の掛金
ブランA 1億円 なし 2,900円
プランB 3億円 なし 4,900円

表を見ても分かるように、年間4,900円の保険料で「対人・対物3億円」の補償内容になっているので、1ヶ月約408円ほどで加入で来ますよね。

対人無制限ではありませんが、出前館業務委託配達パートナーとしては十分な補償だといえるでしょう。

もっと詳しく知りたい方は、一般社団法人 自転車安全対策協議会公式ページで確認することができます。

バイクで稼働する人におすすめの任意保険

出前館業務委託配達パートナーとしてバイクなどの自動二輪車で稼働する場合、損保ジャパンの任意保険がおすすめです。

損保ジャパンは、配送・配達業務等の事業用途でバイクを使用される「個人事業主向け任意保険」を取り扱っているので、出前館業務委託配達パートナーには最適ですよね。

また、損保ジャパンは代理店も多いので、直接店頭に行ったり、電話で詳しい内容を聞いたりすることもできます。

損保ジャパンのバイク任意保険は、こちらの損保ジャパン公式ページから詳しい内容を確認することができます。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

出前館 配達パートナー募集

まとめ(出前館業務委託配達パートナーおすすめ任意保険)

出前館業務委託配達パートナーにおすすめの任意保険について解説してきました。

出前館業務委託配達パートナーは、登録時に任意保険加入証明書の提出が必要なので、自転車でもバイクでも保険に加入しなければいけません。

任意保険に加入する場合、三井住友海上や東京海上日動といった大手保険会社の業務用保険が安心ですが、保険料も高くなってしまうでしょう。

なので、出前館業務委託配達パートナーとして稼働する場合、自転車なら「一般社団法人自転車安全対策協議会の業務用自転車賠償制度」がおすすめです。

バイクなどの自動二輪車で稼働する場合、個人事業主向けプランがある「損保ジャパンの原付・バイク任意保険」がおすすめです。

出前館業務委託配達パートナーは、登録して稼働するまで少し面倒に感じるかもしれません。

ですが、出前館業務委託配達パートナーは、フードデリバリーサービスの中でも、やり方次第でかなり稼げます。

新しいライフスタイルをスタートさせるためにも、出前館業務委託配達パートナー登録して稼働してみましょう!

-フードデリバリー, 出前館業務委託配達パートナー