DiDi Food 配達パートナー スマホで稼ぐ

DiDi Food配達パートナー登録時のテスト難しい?合格基準や研修資料による出題ポイントを解説!

DiDi Food(ディディフード)配達パートナー登録時、業務やルールなどに関する確認テストがあります。

そこで、DiDi Food配達パートナーに申し込む前に「テスト問題は難しいのか?」、「合格基準に満たないと登録できないのか?」など、気になるところですよね。

この記事でわかること

  • テスト出題形式は選択式なので簡単。
  • 合格基準に満たなくても登録できる。
  • テストは主に研修資料から出題される。

DiDi Food配達パートナー登録時のテストは、あくまで業務内容やルールをしっかりと把握して稼働してもらうためです。

テストを受ける前にオンライン研修があるので、事前にどんな問題がでるかある程度予想できますから、簡単に解答していくことができるでしょう。

もし、テストが合格基準に満たない場合でも、間違えた問題を中心にDiDi Foodの方がしっかりと解説してくれます。

新たな生活の第一歩として、まずは、DiDi Food配達パートナーに申し込んでみましょう!

CHECK!

エリアも時間帯も自由に選べるUber Eats 配達パートナーおすすめ!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

CHECK!

ガッツリ稼げる出前館配達パートナーもおすすめ!

▶︎[公式]出前館業務委託配達パートナー↗︎

出前館 配達パートナー募集

 

DiDi Food配達パートナー登録時のテストによる合格基準

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーとして稼働するには、最後にパートナーハブへ行かなければいけません。

パートナーハブでは、事前にDiDi配達アプリで閲覧できる「研修資料の内容」が理解できているかどうかの確認テストが行われます。

テストは全部で10問ありますが、何個正解すれば合格だったり、何個間違えたら不合格というような基準が明確にされていません。

間違えた問題に関しては、テスト終了後にDiDi Foodの方が親切丁寧に解説してくれるので、配達パートナー登録には影響がないでしょう。

あくまでテストは、DiDi Food配達パートナーとして稼働するために「必要な知識を身につけるため」なので、間違えた問題をしっかり理解すれば問題ありませんね。

 

DiDi Food配達パートナー登録によるテスト受講までの流れ

DiDi Food(ディディフード)配達パートナー登録によるテスト受講までの流れについて解説していきましょう。

DiDi Food配達パートナーは、

申込・テスト・稼働の流れ
  1. DiDi Food公式webページから申し込み。
  2. DiDi Foodによる申込内容の書類審査。
  3. 書類審査通過後、DiDi配達アプリでオンライン研修。
  4. DiDi Foodパートナーハブで研修内容の確認テスト。
  5. DiDi Food配達パートナーアカウントのアクティベート。
  6. DiDi Food配達パートナーとして稼働。

というよな流れになっています。

テストを受けるタイミングは、DiDi Food配達パートナー登録ページから申込後、書類審査を通過して研修を受けてからとなっています。

DiDi Food配達パートナー登録がほぼ完了している状態でのテスト受講となります。

どうしてもテストが不安という方は、パートナーハブへ行く前に、しっかりと研修資料を読んでいくだけで安心できますね。

もし、テストの正解率が悪くても登録できないことはまずないので、安心してDiDi Food配達パートナーに申し込みましょう!

 

DiDi Food配達パートナー登録時に受講するテストの内容

DiDi Food(ディディフード)配達パートナー登録で受講するテストの内容が「どういった内容なのか?」について解説していきましょう。

 

出題されるテスト内容とは

テストの内容は、基本的に事前に受けるオンライン研修の資料から出題されます。

 

業務・マナーに関する問題

出題されるテスト内容は、基本的に研修資料からとなっていますが、出題される問題は随時変更される可能性もあります。

ですが、DiDi Food配達パートナーとして登録・稼働するためのテストですから、配達業務やDiDi Food独自のルールに関する問題が出題されるでしょう。

また、料理を受け取りにいくレストランや料理をお届けする注文者へのマナーも重要になってくるので、テストに出題される可能性は十分に考えられます。

 

契約(保険・報酬など)に関する問題

研修資料には、DiDi Food配達パートナーの報酬に関する内容が詳しく記載されています。

また、配達中に事故にあった場合の対処法やDiDi Food配達パートナーとして加入できる保険や補償内容についても記載されています。

なので、DiDi Food配達パートナーとしての契約内容に関する問題も出題される可能性があります。

 

テスト問題の出題形式・所要時間

DiDi Food配達パートナーが受講するテスト問題の出題形式や所要時間について解説していきます。

 

出題形式は選択式

テストはオンラインで行われ、出題形式は基本すべて選択式となっています。

出題形式に関しては変更される可能性があります。

問題に対しての答えが複数あり、その中から正しいものを選ぶという感じのテストです。

なので、研修資料を熟読して理解できていれば、それほど難しい問題ではないでしょう。

 

テストの所要時間

テストを受講する時間は、約15〜20分くらいとなっています。

問題は全部で10問なので、それほど時間をかけずに答えていくことができるでしょう。

 

DiDi Food配達パートナー登録時のテスト対策となる研修資料

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーが受講するテストは、事前に受けるオンライン研修の資料が基本となっています。

 

配達業務・マナーに関する資料

研修資料には、DiDi Food配達パートナーとして稼働するために、配達業務の流れやDiDi配達アプリの使い方などが解説されています。

業務に関する研修資料
  • 配達業務の基本的な流れ
  • DiDi配達アプリの使い方
  • 現金払い対応の流れや仕組み
  • 複数注文による同時配達
  • 配達中のトラブル対処法

というような内容がDiDi配達アプリの画像付きでわかりやすく記載されています。

また、配達業務でのマナーに関して、

マナーに関する研修資料
  • 料理の取り扱い方
  • レストランや注文者へのマナー
  • 交通ルールやマナー

というような内容が記載されているので、最初から最後まで熟読するようにしましょう。

 

事故・トラブル・保険などに関する資料

研修資料には、配達業務やDiDi配達アプリの使い方だけでなく、業務中の事故や保険、トラブルに関する内容も詳しく記載されています。

事故・トラブル・保険に関する研修資料
  • 事故に巻き込まれた時の対処法
  • お届け先に注文者がいない時の対処法
  • DiDi配達アプリ不具合による対処法
  • 配達パートナーが加入できる保険の内容

というような内容がひとつずつ丁寧に解説されています。

研修資料を事前に熟読しておけば、テスト対策としてだけでなく、実際にDiDi Food配達パートナーとして稼働した時に落ち着いて対処することができるでしょう。

 

まとめ(DiDi Food配達パートナー登録時に受講するテスト)

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーが登録時に受講する確認テストについて解説してきました。

テストの目的は、DiDi Food配達パートナーとしての業務内容やルールなどをしっかりと理解しているかどうかの確認です。

正解率が悪いからといって、DiDi Food配達パートナー登録できないなんてことはありません。

テストが終わった後、DiDi Foodの方が間違えた問題を中心にわかりやすく解説してくれるので、どうして間違えたのか理解できれば大丈夫です。

なので、テストの出題もとになっている研修資料をよく読んで、DiDi Food配達パートナーとして安心して稼働できるようにしましょう。

DiDi Food配達パートナーは、自分の好きなタイミングで稼働できますし、これからの新しい稼ぎ方を身につける意味でもやりがいがありますよね。

この機会に、DiDi Food配達パートナーに登録して、自由に稼働できる新しいライフスタイルをスタートさせましょう!

-DiDi Food 配達パートナー, スマホで稼ぐ