スマホで繋がる人と未来へようこそ

DiDi Food配達パートナー顔写真を非表示できる?プロフ写真が注文アプリにどう表示されるか検証!

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーに登録したいけど、注文アプリに自分の顔写真(プロフィール写真)が表示されるのが気になって躊躇している方もいるんじゃないでしょうか?

この記事でわかること

  • 顔写真(プロフィール写真)は非表示にできない。
  • DiDi Foodアプリに表示される顔写真は小さい。
  • 顔写真をタップしても拡大表示されないから安心。
くまブロガー
DiDi Food配達パートナーのDiDi配達アプリで非表示設定できたらいいですよね。

ですが、DiDi Food配達パートナーの顔写真を非公開に設定して稼働することはできません。

ただ、DiDi Food配達パートナーの顔写真は、DiDi Food注文アプリに小さく表示されるだけですし、タップしても拡大表示できないようになっています。

なので、あまり顔写真(プロフィール写真)を気にする必要はありません。

いつでも自分の好きなタイミングで稼働できるDiDi Food配達パートナーに登録して、新しいライフスタイルをスタートさせましょう!

▶︎[公式]DiDi Food配達パートナー登録↗︎

DiDi Food配達パートナー顔写真がアプリでどう表示される?

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーの顔写真(プロフィール写真)は、実際DiDi Food注文アプリにどんな感じで表示されるのか解説していきましょう。

DiDi Food注文アプリの顔写真は小さい

DiDi Food配達パートナーの顔写真は、DiDi Food注文アプリで小さいアイコンくらいの大きさでしか表示されません。

下の写真は、DiDi Food注文アプリでお届けするDiDi Food配達パートナーの顔写真が表示されているものです。

DiDi Foodアプリ注文状況確認画面
DiDi Foodアプリ注文状況確認画面

このくらいの大きさであれば、TwitterやInstagramなどのSNSアイコンとほぼ同じですから、それほど気になりませんよね。

顔写真(プロフィール写真)を理由にDiDi Food配達パートナーを諦める必要はないので、新しいライフスタイルをスタートさせる第一歩を踏み出しましょう!

▶︎[公式]DiDi Food配達パートナー登録↗︎

配達パートナーへのプライバシー配慮

DiDi Food注文アプリは、配達パートナーのプライバシーに配慮した作りになっています。

どういうことかと言うと、DiDi Food注文アプリに表示されているDiDi Food配達パートナーの顔写真をタップしても、顔写真が拡大表示されることはありません

DiDi Foodを利用して注文する人には、SNSアイコンくらいの大きさでしかDiDi Food配達パートナーの顔写真をみることができないということです。

なので、あまり過度に顔写真(プロフィール写真)を意識する必要はありませんから、この機会にDiDi Food配達パートナーに登録・稼働してみましょう。

DiDi Food 配達パートナー募集

DiDi Food配達パートナー顔写真が非公開にできない理由

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーの顔写真は、「どうして表示する必要があるのか(非公開にできないのか)?」気になるところですよね。

その理由は、DiDi Foodを利用する方が、安心して注文できるようにするためです。

DiDi Foodは、Uber Eats のように個人事業主として登録している配達パートナーが配達業務を行なっています。

Uber Eats のような画期的なビジネスモデルがない時代だと、お店でデリバリー注文すると、そのお店で働いている方が配達してくれるのが通常でしたよね。

ですが、DiDi Food配達パートナーは、個人事業主として稼働するので、注文するお店やレストランとは関係がありません。

なので、実際にどんな人が届けてくれるのか全くわからないので、DiDi Food注文アプリに配達パートナーの顔写真を表示することで安心感を持ってもらうことができるんです。

また、顔写真とは違う人が届けるといった不正行為をさせないための抑止力にもなっているので、この2つの理由からDiDi Food配達パートナーの顔写真は非公開にできないようになっています。

▶︎[公式]DiDi Food配達パートナー登録↗︎

DiDi Food配達パートナー顔写真を正しく撮影する方法

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーに登録する際、必要となる顔写真(プロフィール写真)を正しく撮影する方法と注意点について解説して行きましょう。

顔写真(プロフィール写真)の撮影方法

DiDi Food配達パートナー登録で提出する顔写真は、撮影するときに最低限守らなければいけない条件があります。

顔写真撮影時の基本的な条件

DiDi Food配達パートナーの顔写真を撮影するには、

顔写真の基本的な条件
  • 正面・無帽・無背景で撮影した写真
  • 顔全体及び肩口まで写っている写真
  • 背景が単色で影のない写真

というような条件をもとに撮影した写真をデータとしてアップロードしなければいけません。

どれかひとつでも条件を満たしていないと再審査になる可能性があります。

なので、DiDi Food配達パートナーとして1日も早く稼働するには、撮影時の基本的な条件をしっかりと守ことが大切ですね。

顔写真撮影時に心がけること

DiDi Food配達パートナーの顔写真は、ピックアップにいくレストランやDiDi Food注文アプリに表示されます。

表示される顔写真のサイズはアイコンくらいで小さいですが、どうせならパッと見た感じ好印象を与えるような写真の方がいいですよね。

また、DiDi Food配達パートナーは、配達1件ごとにレストランと注文者からGOOD・BAD評価されます。

MEMO

DiDi Food配達パートナーに対する評価は、DiDi Food注文アプリ上には表示されません。

顔写真で評価が変わることはないと思いますが、不機嫌そうなプロフィール写真だと印象がよくないので、笑顔の顔写真とまではいきませんが、できるだけ柔らかく穏やかな表情をして撮影するのがおすすめです。

顔写真(プロフィール写真)撮影時の注意点

DiDi Food配達パートナーの顔写真(プロフィール写真)を撮影する際は、帽子・サングラス・マスクなど、全て着用していない状態で撮影しないと行けません。

普段から眼鏡をかけている方は、着用したままで撮影して大丈夫です。

くまブロガー
DiDi Food配達パートナーとして稼働中は、帽子・サングラス・マスクを着用していても構いません。

DiDi Food注文アプリに顔写真が表示されるからといって、必ずしも顔写真の状態で稼働しないといけないわけではないので安心して下さい。

▶︎[公式]DiDi Food配達パートナー登録↗︎

DiDi Food 配達パートナー募集

DiDi Food配達パートナー顔写真がイヤな人は出前館がおすすめ

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーの顔写真は、注文アプリ上とても小さく表示されますし、タップしても拡大表示されることはありません。

それでも顔写真に抵抗がある方は、DiDi Food配達パートナー登録を諦めてしまう方もいるでしょう。

そんな方には、出前館業務委託配達パートナーに登録して稼働するのがおすすめです。

出前館業務委託配達パートナーは、DiDi Food配達パートナーと同様で個人事業主として登録・稼働することになります。

登録時に免許証など身分証は必要になりますが、顔写真(プロフィール写真)を提出する必要はありませんし、注文アプリに顔写真が表示されることもありません。

なので、顔写真がどうしてもイヤな方は、出前館業務委託配達パートナーとしてなら安心して稼働することができるでしょう。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

出前館 配達パートナー募集

まとめ(DiDi Food配達パートナー顔写真の非公開について)

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーの「顔写真(プロフィール写真)を非公開に設定できるのか?」という内容について解説してきました。

DiDi Food配達パートナーの顔写真は非公開にできませんが、注文アプリに表示される顔写真はSNSアイコンのように小さいです。

また、顔写真をタップしても拡大表示されることはありませんので、あまり過度に心配する必要はありません。

どうしても顔写真に抵抗があって、配達パートナーを諦めてしまうのであれば、顔写真の必要がない出前館業務委託配達パートナーを検討してみてはいかがですか?

DiDi Food、Uber Eats 、出前館の配達パートナーは、自分の好きなタイミングで稼働できるので、これからのライフスタイルにあった新しい稼ぎ方を身につけましょう‼︎