DiDi Food 配達パートナー フードデリバリー

DiDi Food配達パートナーは掛け持ちあり?Uber Eats 、出前館、Woltなど併用稼働できるか検証!

DiDi Food(ディディフード)は、配達パートナー向け補償補償制度など、サポートが充実していて人気がありますよね。

また、DiDi Food配達パートナーは、個人事業主として登録するので、好きな時間に好きなだけ自由に稼働することができます。

そこで、すでにUber Eats(ウーバーイーツ)や出前館などに登録している人が、DiDi Food配達パートナーにも登録して稼働できるのか気になるところですよね!

この記事でわかること

  • DiDi Foodは掛け持ちOK!
  • DiDi Food掛け持ちできる理由。
  • DiDi Food掛け持ちの注意点。
  • 他社との掛け持ちの組合せ。
他社フードデリバリーサービスの配達パートナーに登録していても、DiDi Food配達パートナーに登録して掛け持ちで稼働することができます。

なので、日によって稼働するフードデリバリーサービスを変更しても良いですし、同時に併用で稼働しても問題ありません!

自分のスタイルに合ったフードデリバリーサービスを見つけるためにも、DiDi Food配達パートナーに登録して稼働してみましょう‼︎

▶︎[公式]DiDi Food配達パートナー登録↗︎

 

DiDi Food配達パートナーが掛け持ちしても良い理由とは

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーは、他社フードデリバリーサービスと掛け持ちして稼働することができます。

その理由は、DiDi Food配達パートナーが「個人事業主」として登録することになるので、DiDi Food(ディディフード)と雇用関係がありません。

DiDi Food配達パートナーは、雇用関係によらない働き方ができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館、Wolt(ウォルト)など、他社フードデリバリーサービスの配達パートナーも企業との雇用関係はなく、個人事業主として登録して稼働しています。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして登録・稼働していても、DiDi Food配達パートナーに登録して稼働することもできるということですね。

▶︎[公式]DiDi Food配達パートナー登録↗︎

DiDi Food 配達パートナー募集

 

DiDi Food配達パートナーが掛け持ちで稼働する際の注意点

DiDi Food配達パートナーが、他社フードデリバリーサービスと掛け持ちで稼働する場合、いくつか注意点があるので解説していきましょう。

 

各フードデリバリーのルールを守る

DiDi Food配達パートナーを掛け持ち稼働する場合は、各フードデリバリーサービスのルールやマナーをしっかりと守らなければいけません。

例えば、出前館業務委託配達パートナーは、出前館の赤い帽子を着用して配達することになっています。

また、Wolt配達パートナーは、Woltが推奨している服装(ジャケット、Tシャツ、帽子など)をして稼働するというように、それぞれ決められたルールがあるんですよね。

格好だけではなく、レストランでのピックアップ方法なども、それぞれ違いがある場合があります。

もちろん、各フードデリバリーサービスの配達パートナーは、個人事業主として登録するので、自分にとって効率の良い格好で稼働することが許されています。

ただ、個人事業主だからといって、ルールやマナーを守らなくていいというわけではないので、掛け持ちで稼働する場合でも、なるべく各フードデリバリーサービスのルールを守って稼働する方が良いでしょう。

 

配達バッグはDiDi Foodのものを使う

DiDi Food配達パートナーは、初回稼働する前に、パートナーハブに行って専用の配達バッグを受け取ることになっています。

配達バッグにも、各フードデリバリーサービスによってルールがあるので、掛け持ちするデリバリーサービスのルールを把握しておかなければいけません。

DiDi Food
(ディディフード)
Uber Eats
(ウーバーイーツ)
出前館 Wolt
(ウォルト)
専用バッグ
専用バッグ
料金体系
デポジット 買い切り デポジット
専用バッグ
推奨レベル
高め 低め 低め 高め

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、ロゴ入りバッグを販売していますが、専用バッグを使わないで稼働しなくても大丈夫です。

また、出前館は、ロゴ入りバッグなどを販売・レンタルしていませんので、自分で配達に向いているバッグを用意しなければいけませんが、ロゴさえ隠せば他社のバッグを使っても問題ありません。

DiDi FoodとWoltの場合、専用バッグを必ず使用しなければいけないわけではありませんが、推奨されるレベルとしては「かなり高め」なので、稼働する場合はそれぞれ専用バッグを使用した方が良いでしょう。

Woltの場合、専用の服装や専用バッグを使用していないと、直接注意されることがあるようです。

特に、DiDi Foodの場合、専用バッグを使用しないで稼働中に事故にあうと、DiDi Food「配達パートナー向け補償制度」が適用されない可能性があります。

なので、DiDi FoodやWoltの配達パートナーとして稼働する際は、それぞれ推奨されているルールをしっかりと守って稼働する必要がありますね。

 

掛け持ちによる遅延に注意する

DiDi Food配達パートナーと他社フードデリバリーサービスを掛け持ちする場合、同時に配達依頼を受けてしまうと遅延を起こしてしまう可能性が高いです。

掛け持ちするフードデリバリーサービスの配達アプリを同時オンラインにすると、当然どちらからも配達依頼が届くことになります。

2つ同時に配達依頼を行う場合、それぞれ違うフードデリバリーサービスですから、受け取るレストランも違えばお届け先も違うので、遅延を引き起こす原因となってしまいますよね。

都合よく違うタイミングで配達依頼が来ることはないので、掛け持ちする場合は、同時オンラインしないで稼働するのがおすすめです。

▶︎[公式]DiDi Food配達パートナー登録↗︎

 

DiDi Food配達パートナーが掛け持ちするおすすめの組合せ

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーが掛け持ちする場合、他社フードデリバリーサービスとのおすすめ組み合わせについて詳しく解説していきましょう。

 

他社掛け持ちを選ぶ時のポイント

DiDi Food配達パートナーが、掛け持ちする他社フードデリバリーサービスを選ぶポイントをまとめてみました!

Uber Eats
(ウーバーイーツ)
出前館 Wolt
(ウォルト)
服装・格好
(帽子のみ)
配達バッグ
配達依頼
システム
稼働エリア

DiDi Food配達パートナーは、専用バッグを使用して稼働する方が安全なので、同じように格好や配達バッグの使用が厳しいWoltは、あまり掛け持ちに向いていません。

一方、Uber Eats や出前館は、服装・格好や使用するバッグに関して比較的自由度が高いので、DiDi Food配達パートナーと掛け持ちするのに適しているといえるでしょう。

 

Uber Eats との掛け持ち

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、稼働する際の格好や配達バッグは自由なので、DiDi Food配達パートナーとの掛け持ちに最も向いています。

もちろん、 Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際は、DiDi Food配達バッグのロゴを隠す必要はありますが、それほど手間ではありません。

また、 Uber Eats のサービス提供エリアであれば、手続きの必要がなくどのエリアでも自由に稼働できるのも良いですよね。

 

出前館との掛け持ち

出前館業務委託配達パートナーは、 出前館の帽子を被るだけで、それ以外の格好は自由になっています。

配達バッグも自由に選べますし、ロゴを隠せば他社フードデリバリーサービスのバッグを使用しても大丈夫です。

ただ、出前館の配達依頼は、 Uber Eats のように自分宛に配達依頼が届くのではなく、早押しシステムとなっているため、自分自身で選んで受けなければいけません。

なので、DiDi Food配達パートナーとして稼働している際、早押しシステムの配達依頼を受けるのは結構難しいかもしれませんね。

また、稼働できるエリアは、登録時に選んだ拠点エリア内と決まっていて、エリア外になると配達依頼を受けられないので、掛け持ちする場合は出前館のエリアをメインで稼働することになるでしょう。

 

Wolt(ウォルト)との掛け持ち

Wolt配達パートナーは、Wolt専用の配達バッグで稼働することを強く推奨しているため、他社配達バッグでロゴを隠して稼働すると注意される可能性があります。

また、Wolt配達パートナーは、配達バッグだけではなく、帽子やジャケットなどもデポジット制で貸与されるので、服装・格好もWoltのもので稼働が推奨されています。

なので、Wolt配達パートナーと掛け持ち稼働する場合は、それぞれ日によって稼働する方を分ける必要があります。

 

他社掛け持ちを日ごとに変える

DiDi Food配達パートナーは、他社フードデリバリーサービスと掛け持ちするのに、それぞれ別々の日で稼働するなら、どのフードデリバリーサービスでも問題ありません。

気になるフードデリバリーサービスの配達パートナーすべてに登録しておいて、インセンティブ報酬を受けやすいところを選んで稼働すれば稼ぎやすくなります。

どのフードデリバリーサービスでも、配達パートナー登録は無料でできますから、稼働するエリアに対応しているフードデリバリーサービスすべてに登録しておくと、選択肢を増やす意味でもおすすめですね!

▶︎[公式]DiDi Food配達パートナー登録↗︎

 

DiDi Food配達パートナーが効率的に掛け持ちする方法

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーが効率的に掛け持ちする方法について解説していきましょう。

 

ピークやブーストエリアの確認

DiDi Food配達パートナーが掛け持ちで効率的に稼働するには、それぞれのピークやブーストエリアを把握して、より多くのインセンティブを獲得できるエリアで稼働することです。

ピークやブーストは、注文の多い時間帯や配達パートナーが少ないエリアなどで、報酬がアップするインセンティブ(特別報酬)ことです。

理想としては、DiDi Foodと他社フードデリバリーサービスどちらもピークやブーストがついているエリアで稼働すれば、移動する時間と労力が無駄になりませんよね。

ただ、どちらのインセンティブも重なるエリアは、あまりないでしょうから、高いインセンティブが発生している方を選んで稼働しましょう。

 

同時オンラインするタイミング

同時オンラインは、基本的にやらない方がいいんですが、配達依頼が少ない時間帯にはうまく活用することができます。

例えば、ランチ(11時〜14時)やディナー(18時〜21時)の時間帯は、配達依頼が多くなるので同時オンラインにしなくても問題ありません。

ですが、ピークオフの時間帯であれば、一方だけオンラインにしていても配達依頼が来ない可能性があります。

そういった場合には、それぞれの配達アプリを同時オンラインにして配達依頼を受けやすい状態を作っておくことで、効率的に稼働することができます。

▶︎[公式]DiDi Food配達パートナー登録↗︎

DiDi Food 配達パートナー募集

 

まとめ(DiDi Food配達パートナー掛け持ちによる稼働)

DiDi Food(ディディフード)配達パートナーの掛け持ち稼働について解説してきました。

DiDi Food配達パートナーは、個人事業主として登録・稼働するので、他社フードデリバリーサービスの配達パートナーと掛け持ち稼働することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、Wolt(ウォルト)、menu、フードパンダ(foodpanda)など、すべての配達パートナーに登録されている人も結構いるんですよね!

稼働できるエリアに対応しているフードデリバリーサービスすべてに登録しておけば、日によって変更することもできます。

また、期間限定による報酬アップキャンペーンなどがあれば、すべてのフードデリバリーサービスに登録しておくことで最新情報を得ることもできるので、効率的に稼ぐことが可能です!

なので、どのフードデリバリーサービスと掛け持ちするか迷うよりも、稼働エリアに対応しているすべてのフードデリバリーサービスに登録しておくのがおすすめですね‼︎

-DiDi Food 配達パートナー, フードデリバリー