menu(メニュー)フード注文 menu(メニュー)配達クルー フードデリバリー

menu(メニュー)配達クルー顔写真は非公開に設定できる?プロフィール写真を晒さずに済むのか検証!

2020年4月から本格的にデリバリーサービスを開始したmenu(メニュー)が「配達クルー」を大募集しています。

menu(メニュー)配達クルーに登録したいんだけど、注文者(ユーザー)に「プロフィール写真(顔写真)が公開されちゃうのが嫌だなぁ」という方も結構いるんですよね。

ですが、menu(メニュー)配達クルーのプロフィール写真を非公開に設定することは出来ないんです・・・

ですが、下の画像を見ても分かるように、menu配達クルーの顔写真アイコンはとても小さいです。
menu(メニュー)アプリ配達経過画面

menu(メニュー)アプリ配達経過画面

menu(メニュー)アプリに表示される「配達クルーのプロフィール写真」は、とても小さいアイコンで表示されるだけなので、過度に心配する必要はありません。

また、プロフィール写真と一緒に表示される名前も「姓(名字)」しか表示されないので、あまり顔写真を気にする必要はありません。

menu(メニュー)配達クルーの応募状況にもよりますが、約1週間くらいで登録完了できるので、menu(メニュー)配達クルーとしての新しいライフスタイルを手に入れましょう!

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

CHECK!

エリアも時間帯も自由に選べるUber Eats 配達パートナーもおすすめ!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

menu(メニュー)配達クルー顔写真を非公開に出来ない理由

menu(メニュー)配達クルーは、プロフィール写真(顔写真)を非表示にすることが出来ません

その理由は、menu(メニュー)アプリで料理を注文する「注文者(ユーザー)」との信頼関係を築くためです。

menu(メニュー)配達クルーの顔写真が表示されていれば、注文者は「写真の人が料理を届けてくれるんだ!」と安心できますよね。

もし、menu(メニュー)配達クルーの顔写真が、Twitterのように自由なアイコンを設定されていたら、信頼関係を築くことも出来ませんし、どんな人が届けてくれるのか不安しかありません。

また、menu(メニュー)配達クルーの顔写真がないと、別の人が届けたとしても分からないので、不正行為が行われてしまう可能性も考えられます。

顔写真が本人のものではなく匿名性が強くなってしまうと、menu(メニュー)でデリバリー注文する人がいなくなってしまいますから、menu(メニュー)配達クルーのプロフィール写真には重要な役割があるんです。

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

 

menu(メニュー)配達クルー顔写真と違う格好での稼働はOK

menu(メニュー)配達クルーは、プロフィール写真を登録する必要がありますが、必ずしもプロフィール写真と同じ格好をしなくても問題ありません。

 

menu配達クルーのマスク着用

menu(メニュー)配達クルーは、注文者(ユーザー)に料理を届ける際、マスクを着用していても大丈夫です。

2021年8月現在、新型コロナウイルスが流行していますから、menu(メニュー)注文者としては配達クルーがマスクを着用しない方が、逆に不安を与えてしまいます。

なので、menu(メニュー)配達クルーは、出来る限りマスクを着用して配達するようにしましょう。

どうしてもマスクの入手が難しい「menu(メニュー)配達クルー」は、「ネックウォーマー」などで代用するのがおすすめですね。

 

menu配達クルーのメガネ(サングラス)着用

menu(メニュー)配達クルーは、業務の大半が外での配達になりますので、「夏場」や「日差しの強い日」はサングラスを着用したくなりますよね。

サングラスを着用して配達しても問題ありませんが、サングラスにマスクを着用してしまうと、注文者に「menu(メニュー)配達クルーが誰なのか分からない」というような不安を与えてしまう可能性もあります。

menu(メニュー)配達クルーは、注文者に料理を受け渡す際、なるべくサングラスを外して対応しましょう。

 

menu配達クルーの帽子(ヘルメット)着用

menu(メニュー)配達クルーは、「自転車」や「原付バイク」など配達車両を利用して配達しますから、帽子やヘルメットを着用します。

ヘルメットを着用する場合、半帽で顔が確認できるものなら問題ないですが、フルフェイス(顔全体が隠れる)の場合は、お店で料理を受け取る時や、注文者に料理を受け渡す時は、ヘルメットを脱いで対応することが大切です。

配達車両が自転車ならヘルメット着用の義務はありませんが、地域によっては義務化されている場合もあります。

なので、安全のためにも、menu(メニュー)配達クルーとして稼働する際は、自転車でもヘルメットを着用するのがおすすめです。

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

 

menu(メニュー)配達クループロフィール写真の変更方法

menu(メニュー)配達クルーとして登録・稼働してから、プロフィール写真(顔写真)を変更したいこともあります。

例えば、原付バイクで配達しているmenu(メニュー)配達クルーが、免許の更新で視力低下により眼鏡が必要になったら、プロフィール写真も変更しておきたいですよね。

2020年6月現在、menu(メニュー)のシステムによる関係上、menu(メニュー)配達クルーの「名前」、「プロフィール写真」、「銀行口座」の変更ができません。

POINT

menu配達クルーサーポート宛(crew_support@menu.inc)にプロフィール写真の変更依頼をしてみましょう。

車両変更はメールで行えるので、プロフィール写真変更も対応してくれるかもしれません。

ですが、近日中に対応予定となっていますから、最初に登録した情報も変更できるようになりますので、しばらくはそのままmenu(メニュー)配達クルーとして稼働する必要があります。

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

 

menu(メニュー)配達クループロフィール写真の撮り方

menu(メニュー)配達クルーのプロフィール写真は、

プロフィール写真撮影方法
  • 正面から顔全体を撮影する。
  • 帽子、サングラス、マスクなど外して撮影する。
  • 明るい室内で、顔にピントをしっかり合わせて撮影する。
  • 写真は白黒ではなく「カラー」で撮影する。

というような点に注意して、撮影する必要があります。

視力が悪く、「眼鏡」や「コンタクトレンズ」が必要な方は、menu(メニュー)配達クルーとして稼働する「頻度の高い方を着用」して撮影しましょう。

どちらで撮影しても問題ありませんが、普段生活している時の状態で撮影するのが望ましいですね。

もし、アップロードしたプロフィール写真が、

受理されない写真
  • ピントがずれて不鮮明な写真は受理されません。
  • 免許証やパスポートの顔写真を撮影しても受理されません。
  • 正常時の顔貌と著しくことなる写真は受理されません。
  • 背景に影のある写真は受理されません。

という場合は受理されませんので注意して下さい。

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

 

menu(メニュー)注文者に顔写真がどう表示されるのか?

menu(メニュー)配達クルーのプロフィール写真は、アイコンのように小さく表示されるだけといっても、「どんな感じでプロフィール写真(顔写真)」が表示されるのか気になってしまう方もいるでしょう。

そんな時は、実際に「menu(メニュー)注文アプリ」で、デリバリー注文してみるのがおすすめです。

menu(メニュー)デリバリーサービスは、2021年8月現在、東京23区を中心として北海道から沖縄まで全国的にエリアが拡大(一部エリア)しているので、menu(メニュー)デリバリーエリアの方は料理を注文して確認してみましょう!

 

まとめ(menu配達クルー顔写真について)

menu(メニュー)配達クルーのプロフィール写真(顔写真)について解説してきました。

menu(メニュー)配達クルーに登録してみたいけど「顔写真が公開されてしまうのがちょっと不安・・・」という方も少なからずいると思います。

ですが、menu(メニュー)配達クルーのプロフィール写真を非公開に設定することは出来ません。

プロフィール写真をmenu(メニュー)は、「どんな人が配達してくれるのか心配」という注文者(ユーザー)の不安を解消する重要な役割があります。

menu(メニュー)配達クルーはプロフィール写真を非公開に出来ませんが、顔写真はアイコンでとても小さく表示されるだけですので、過度に心配する必要はありません!

menu(メニュー)配達クルーは面接もなければ、ノルマもシフトもありませんから、自分の好きなように稼働することが出来ます。

なので、menu(メニュー)配達クルーに登録して、毎月好きなことに使えるお小遣いをゲットしましょう‼︎

-menu(メニュー)フード注文, menu(メニュー)配達クルー, フードデリバリー