menu(メニュー)フード注文 スマホで注文

menu(メニュー)テイクアウト&デリバリーアプリ支払い方法!現金、キャッシュレス、店頭払いできるか検証!

テイクアウト&デリバリーアプリ「menu(メニュー)」は、テイクアウトサービスを中心に展開してきましたが、2020年4月からデリバリーサービスを本格的に開始しました!

掲載されているお店(レストラン)から好きな料理を簡単に注文することが出来ますし、お店によっては「24時間」注文出来ますから利用する人が増えています。

menu支払い方法種類

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • au PAY(エーユーペイ)
menu(メニュー)の支払い方法は「クレジットカード(デビットカード)」と「au PAY(エーユーペイ)」に対応しています。

基本的にmenu(メニュー)は、飲食店を支援・サポートを目的としていますから、事前決済・注文することでお店の効率化を図っています。

menu(メニュー)を初めて利用する方であれば、アプリをインストールして初期設定が済めば、アプリ内で「1,500円分(750円 x 2)」の割引クーポンをもらうことができます!

この機会にmenu(メニュー)アプリをインストールして、おうちでお得なランチやディナーの時間を過ごしましょう‼︎

CHECK!

現在世界23ヶ国以上に展開中!

▶︎[公式]Wolt(ウォルト)注文はこちら↗︎
Wolt 初回注文(Web用)

フィンランド発のデリバリーサービス↑↑公式HPチェック!

 

menu(メニュー)アプリで使えるキャッシュレス決済

テイクアウト&デリバリーアプリ「menu(メニュー)」で利用できる「キャッシュレス決済」について解説していきます。

 

au PAY(エーユーペイ)

au PAYは、auユーザーだけでなく、ドコモやソフトバンクなど他のキャリア携帯を使っていても使えます。

現金やPonta(ポンタ)ポイント、銀行口座などからもチャージができるので、クレジットカードをお持ちでなくてもmenuで注文することができます。

 

クレジットカード

menu(メニュー)アプリでは、au PAY以外だと「クレジットカード(デビットカード)」が使えます。

 

クレジットカードのブランド

menu(メニュー)で使えるクレジットカードは、

ブランドの種類
  • VISA(ビザ)
  • MasterCard(マスターズ)
  • JCB(ジェーシービー)
  • AMEX(アメックス)
  • Diners(ダイナース)

といったブランドが利用できます。

 

デビットカードも登録できる

menu(メニュー)アプリでは、「デビットカード」でも支払いが出来ます

「VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners」のブランドであれば、menu(メニュー)アプリの「クレジットカード情報」にデビットカード情報を登録・利用できます。

「クレジットカード」と「デビットカード」は、引き落としのタイミングが違うくらいなので、機能的に何の問題もありません。

口座残高からの引き落としタイミングが「使用後すぐの方が良い!」という方は「デビットカード」での決済がおすすめです。

なので、クレジットカードがない人でも「デビットカード」があれば、menu(メニュー)アプリで好きな料理の「デリバリー&テイクアウト」が可能です。

 

クレジットカードは複数登録できる

menu(メニュー)アプリに登録できるクレジットカード情報は、ひとつだけでなく「複数登録」することが出来ます

なので、menu(メニュー)アプリに「クレジットカードを2枚登録する」ことも出来ますし、「クレジットカードとデビットカードどちらも登録しておく」というようなことが可能です。

口座残高が少なくなってきたら、デビットカードからクレジットカードに切り替えて使えるのは良いですね!

 

QR・バーコード決済

menu(メニュー)アプリでは、2021年8月現在、

使えない決済方法
  • LINE Pay(ラインペイ )
  • PayPay(ペイペイ)
  • 楽天ペイ
  • メルペイ
  • d払い

のような「QR・バーコード決済」を使用することは出来ません。

 

Apple Pay(アップルペイ)

iPhone(Apple)ユーザーなら、Apple Pay(アップルペイ)を利用する人が多いと思いますが、2021年8月時点では「menu(メニュー)アプリ」の支払い方法として使用することが出来ません。

 

menu(メニュー)アプリのテイクアウトは店頭払いできる?

menu(メニュー)アプリから「テイクアウト注文」するということは、出来上がった料理を受け取りに行くわけですから「店頭で支払うことが出来るんじゃないの?」って思いますよね。

店頭で注文した料理を受け取る時に、現金で支払えたら良いですよね!

ですが、テイクアウトだとしても、menu(メニュー)アプリで注文するのと同時に「事前決済」が必要なので、店頭払いすることは出来ません

お店(レストラン)としては、menu(メニュー)アプリから注文された「料理を作って渡せる状態にしておく」だけで済みますから、忙しいランチタイムでもテイクアウトに対応できるわけです。

menu(メニュー)アプリとして考えた場合、店頭での支払いに対応することも出来ますが、導入しているお店(レストラン)のメリットがなくなってしまうので、店頭払いができるようになることはないでしょう。

 

menu(メニュー)テイクアウトとデリバリーで支払い方法違う?

menu(メニュー)アプリには、「テイクアウト」と「デリバリー」2種類のサービスがあります。

「デリバリー」と「テイクアウト」だと、受け取り方法が違うので「支払い方法」にも違いがあるように思うかもしれません。

ですが、menu(メニュー)の場合は、どちらも同じ決済方法で注文することになるので、テイクアウトでも店頭で支払うことができません。

デリバリーでもテイクアウトでも、menu(メニュー)の場合はすべて事前決済による注文のみとなっています。

 

menu(メニュー)の決済でクレジットカード以外の導入予定

テイクアウト&デリバリーアプリ「menu(メニュー)」は、2021年8月現在「クレジットカード(デビットカード)」と「au PAY(エーユーペイ)」決済のみしか使用できません。

他の支払い方法が導入される予定はありませんが、今後、Uber Eats(ウーバーイーツ)のように「Apple Pay(アップルペイ)」や「LINE Pay(ラインペイ )」といったキャッシュレス決済にも対応する可能性はあるでしょう。

CHECK

2021年9月現在、menuは「au PAY決済」できるようになっています。

auユーザーの方はもちろん、au以外の方もau PAYを利用することができます。

au IDは「 こちら」から登録することができます。

auユーザーの方は、au PAYを利用してmenu(メニュー)の料理などを注文してみましょう!

 

まとめ(menu(メニュー)アプリで使える支払い方法)

menu(メニュー)アプリで使用できる支払い方法(決済方法)について解説してきました。

menu(メニュー)は「テイクアウト」と「デリバリー」サービスがありますが、2021年8月現在「クレジットカード(デビットカード)」と「au PAY」決済のみとなっています。

「事前注文と事前決済」により、忙しいランチタイムでもmenu人気店(レストラン)の行列に並ぶ必要がありませんし、出来立ての美味しい料理を食べることが出来るんです!

会社のお昼休憩は「大体1時間」と決まっていますから、menu(メニュー)アプリを利用することで時間を有効的に使うことが出来ます。

また、menu(メニュー)はお店によって「24時間注文」に対応していますので、いつでも好きな料理を食べることが出来ますね。

menu(メニュー)をインストールして初期設定すると、初めての方限定のお得なクーポンをゲットすることができます。

この機会に、menu(メニュー)のあるライフスタイルをスタートさせましょう!

-menu(メニュー)フード注文, スマホで注文