Uber Eats 配達パートナー

Uber Eats 配達パートナーアカウント停止になる?解除できる?凍結の原因(理由)や対処法など解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「アカウントが停止された」なんていう口コミをたまに見かけることがあります。

これからUber Eats 配達パートナーとして稼働しようとしている人、稼働し始めたばかりの人にとっては、不安になってしまいますよね。

Uber Eats 配達パートナーは、業務委託による個人事業主として稼働するので、レストランや注文者からの評価が悪かったり、業務態度が悪いとアカウントが停止される可能性があります。

ですが、Uber Eats 配達パートナーとして、レストランへ料理を受け取りに行って注文者へ受け渡すという業務を正しく行っていれば、基本的にアカウントを停止されることはありません

Uber Eats 配達パートナーとしてのルールを理解して稼働すれば、アカウント停止の心配はほとんどありませんから、安心して稼働することができます。

フードデリバリーサービスとして、対応しているエリアが最も広いUber Eats 配達パートナーに登録して、いつでもどこでも稼働できるようなライフスタイルを始めてみましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーアカウント停止される原因

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが、アカウント停止される原因について解説していきましょう。

 

レストラン・注文者の評価

Uber Eats 配達パートナーは、1回配達するごとに、ピックアップするレストランとドロップする注文者の両方から評価を受けることになります。

 

評価・品質

Uber Eats 配達パートナーの評価はパーセンテージで表示されていて、95%以上であれば高評価とされています。

評価は、10件以上の評価を受けないといけないので、Uber Eats 配達パートナーとして稼働し始めたばかりだと表示されません。

Uber Eats 配達パートナーに対する評価は、直近100件の評価の中でサムズアップが占める割合でされていて、具体的な基準値が公開されているわけではありません。

ですが、Uber Eats 配達パートナーの評価が、低い状態が続くとアカウント停止になる可能性があります。

ただ、Uber Eats 配達パートナーの評価が低いと、ドライバーアプリ内に警告が表示される場合もあるので、アカウント停止にならないよう改善することができます。

なので、ドライバーアプリに表示される警告やメッセージは、常によく確認しておくことが大切ですね。

 

配達遅延

Uber Eats は、料理を受け取る先の「レストラン到着予想時間」や届け先の「配達場所への到着予想時間」を設定しています。

到着予定時間であるETA(estimated time of arrival)の平均より、配達を終えるのが常に遅い配達パートナーのドライバーアプリには警告が表示されます。

アカウントが停止される前に警告が表示されるということは、Uber Eats 配達パートナーには改善のチャンスがあるということですから、アカウント停止にならないように業務を見直すことができますよね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

業務による適正基準値

Uber Eats 配達パートナーは、配達リクエストをキャンセルすることもできますし、配達リクエストがきても受けずにスルーすることもできます。

 

キャンセル率

Uber Eats 配達パートナーのキャンセル率は、配達リクエストを受け付けた後にキャンセルしたときの割合を算出したものです。

例えば、配達リクエストを100件受けたうち4件キャンセルしたとしましょう。

この場合、キャンセル率は、4% = (4件 / 100件) x 100というように算出されます。

キャンセル率の目安としては、5%以下が望ましい数値とされていますので、6%を超える数値になる場合には注意が必要ですし、配達リクエストを受けられない状態であればオフラインにしておきましょう。

 

応答率

Uber Eats 配達パートナーの応答率とは、配達リクエストが届いたにも関わらず受けずにスルーした割合によって算出したものです。

キャンセル率と同じように応答率もパーセンテージで表示されます。

例えば、配達リクエストを100件受けたうち7件応答しなかったとしましょう。

この場合、93%(7%) = (7件 / 100件) x 100というように算出され、配達リクエストに応答しなかったのが7%で、応答したのが93%ということですね。

Uber Eats 配達パートナーの応答率が、85%未満になってしまうと、警告が表示される、もしくは、アカウント停止になる可能性があるので注意が必要です。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

業務による不正行為

Uber Eats 配達パートナーとして業務を行う際、不正に報酬を稼ぐ行為はアカウント停止の原因となり、アカウントが永久に凍結されることもあります。

 

不正に距離をかせぐ

Uber Eats 配達パートナーは、レストランから料理をお届けする注文者までの距離が報酬として受けられます。

Uber Eats は、配達パートナーに対して、できる限り最短ルートでの移動を求めていますので、故意に遠回りをしたり、同じエリアをぐるぐる走って距離を稼ぐような行為は禁止です。

不正に距離を稼ぐ行為が発覚した場合には、Uber Eats 配達パートナーのアカウントが停止されてしまいます。

 

登録と違う車両で配達

Uber Eats 配達パートナーに登録する際、配達手段として自転車や原付バイク(125cc以下)など車両を登録しますよね。

登録した車両が自転車にも関わらず、原付バイク(125cc以下)で稼働すると、アカウント停止になってしまいます。

Uber Eats 配達パートナーの車両は、レストラン側にも注文者側にも表示されていますから、違う車両で稼働しているとすぐにバレてしまいます。

また、登録が自転車にも関わらず、移動するスピードが30キロ以上になっていると、Uber Eats のシステムでスピードの異常を検知されてバレることもあるんです。

なので、必ず登録している車両で稼働するようにしましょう。

 

アカウントの不正使用

Uber Eats 配達パートナーは、アカウントをひとつしか持つことができません。

Uber のアカウントは、Uber が提供するすべてのサービスをひとつのアカウントで利用することができます。

アカウントを複数作成したり、所有しているアカウントをシェアして使うのは不正行為になるので、アカウント停止になってしまいます。

もし、Uber Eats 注文アプリとUber Driver アプリで、それぞれ違うアカウントが必要だと勘違いして複数作成してしまった場合には、速やかにパートナーセンターに連絡しておきましょう。

 

業務中の事故

Uber Eats 配達パートナーが配達中に事故を起こしてしまった場合、アカウント停止になる可能性があります。

事故の状況にもよりますが、Uber Eats 配達パートナーの過失割合が大きい場合には、アカウントが停止されてしまうでしょう。

 

プライバシーポリシー違反

Uber Eats 配達パートナーがSNSやブログに、ドライバーアプリのスクリーンショットをアップする際、誤って注文者の連絡先も一緒にアップしてしまうような可能性もあります。

注文者の連絡先は個人情報ですから、ネット上にアップすることはプライバシーポリシーに違反していることになるので、アカウント停止になってしまいます。

Uber Eats を利用した注文者が特定できてしまうような情報は、絶対にネット上にアップしないよう注意が必要です。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーアカウント停止を解除するには

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが、故意にアカウント停止されるような行為を行っていないのであれば、停止されているアカウントを解除してもらうことができます。

 

アカウント停止の原因を認識する

Uber Eats 配達パートナーは、自分自身のアカウントが停止された理由が何だったのか、認識しておく必要があります。

評価、キャンセル率、応答率、配達遅延など、アカウントが停止されるような行為があったかどうか思いかえしてみましょう。

 

パートナーセンターへ問い合わせる

アカウントが停止された理由が何だったのか、パートナーセンターに問い合わせてみましょう。

2021年2月現在、パートナーセンターは営業を休止しています。

なので、こちらからサポートセンターのスタッフと電話できるように予約をしましょう。

電話で、今後アカウント停止になるようなことがないよう改善することを伝えれば、アカウント停止を解除してもらうことができます。

ただ、Uber Eats 配達パートナーのアカウント停止になった理由によっては、解除してもらえない可能性もあるということを理解しておきましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーアカウント停止されない方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、アカウントが停止されないために、日頃からできることを解説していきましょう。

 

アカウント停止の原因を理解する

Uber Eats 配達パートナーのアカウントが停止される原因を理解しておきましょう。

距離料金を増やすために遠回りしたり、登録していない配達車両で稼働するような不正行為を理解しておくことで、アカウント停止を避けることができます。

バレないだろうという安易な考えで不正行為を行うことは絶対にやめましょう。

 

業務による適正基準値のチェック

Uber Eats 配達パートナーは、評価・キャンセル率・応答率を常に意識しながら稼働するようにしましょう。

レストランや注文者からの評価が下がらないように丁寧な対応を心がけ、応答率やキャンセル率に影響がないように配達リクエストを受けられない場合にはオフラインにします。

配達業務を行う上で、こういった最低限のことを心がけていれば、業務による適正基準値が下回ってアカウント停止になることはないですね。

 

交通ルール・マナーをしっかり守る

Uber Eats 配達パートナーは、料理を注文者へお届けすることが業務なので、常に事故と隣り合わせであることを意識しておくことが大切です。

配達中に事故などトラブルを起こさないよう、しっかりと交通ルールを守るよう心がけましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナーアカウント停止・解除)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのアカウント停止や解除する方法について解説してきました。

Uber Eats 配達パートナーは、アカウントが停止されないためにも「Uber Eats 配達パートナーガイド」を読んで、業務内容やトラブルにおける対処法を理解しておくことが大切です。

基本的な配達業務を真面目にこなしていれば、アカウント停止になることはほとんどありませんので、安心して稼働することができます。

Uber Eats 配達パートナーは、自分のペースで休日やスキマ時間に稼ぐことができますので、Uber Eats 配達パートナーに登録して新しいライフスタイルを手に入れましょう!

-Uber Eats 配達パートナー

© 2021 スマホで繋がる人と未来