MENU
カテゴリー

Uber Eats はApple Payが使えない?決済時エラーで支払えない原因を解説!

本ページはプロモーションが含まれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法に、Apple Pay(アップルペイ)があります。

Apple Payは、登録しているクレジットカードやデビットカードから支払いできるので、カード情報を入力しないで注文できます。

そこで、Apple Payを使いたいけど「決済時にエラーになって使えない」、「エラーになる理由がわからない」という方も多いんじゃないでしょうか?

この記事でわかること
  • Apple Pay登録カードがVisaだと使えない。
  • Apple PayによるVisaがエラーになる原因。
  • Apple PayでVisaがエラーになる理由。
くまブロガー

Apple Payに登録しているクレジットカード(デビットカード)がVisaだと決済ができません

Apple Payに登録しているカードがVisaだった場合、決済時にカードが選択できない、もしくはエラーが表示される、といった現象が発生してしまいます。

なので、Uber Eats を注文する前に、Apple Payに登録してあるカードを確認しておきましょう‼︎

Uber Eats 初回割引クーポン

\ クーポンコード /
affjapaneats0624

※クーポンは必ず下記リンクからご利用して下さい。

▶︎[公式]Uber Eats 注文はこちら↗︎
〈PR〉

<注意事項>

使用期限 2024年6月30日まで

  1. 1,800円以上の注文で最初の2回が1,700円オフ。
  2. 割引適用にはプロモーションコード登録が必要。
  3. 最低注文金額は1800円以上(初回・2回目どちらも)。
  4. プロモーション内容は予告なく変更される可能性あり。
目次

Apple Pay(アップルペイ)に登録できるカードの種類

Apple Pay(アップルペイ)に登録できるカードは、VisaやMasterCardといったマークがあるクレジットカード(デビットカード)やプリペイドカード(一部)です。

クレジットカード

Apple Payに登録できるクレジットカードは、

主なクレジットカードの種類
  • イオンカード
  • エポスカード
  • Oricoカード(オリコカード)
  • クレディセゾンカード
  • JCBカード
  • KDDI (au WALLET カード)
  • NTT ドコモ (d カード)
  • Yahoo! JAPANカード
  • Diners Clubカード

というようなカードを登録して利用することが可能です。

他にもたくさんのクレジットカードが登録可能なので、お手持ちのクレジットカードがApple Payに対応しているかどうかは、こちらのApple公式HPで確認してみましょう。

プリペイドカード

Apple Payに登録できるプリペイドトカードは、

主なプリペイドカードの種類
  • dカードプリペイド
  • au PAYプリペイドカード
  • ソフトバンクプリペイドカード

というようなカードが登録・利用可能です。

他にも登録可能なプリペイドカードがありますので、お手持ちのプリペイドカードがApple Payに対応しているかどうかは、こちらのApple公式HPで確認してみましょう。

Apple Pay(アップルペイ)に対応する国際ブランドの種類

Apple Pay(アップルペイ)は、

対応カードブランド
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express(アメリカン・エキスプレス)
  • Diners(ダイナース)

という国際ブランドに対応しています。

Apple PayはVisa対応なのに「どうしてUber Eats で支払えないの?」って思うかもしれません。

ですが、その原因は、FeliCa(フェリカ)という日本規格が使われているからなんです。

くまブロガー

詳しい内容に関しては、後ほど「Visaブランドが使えない理由」という章で解説しています。

Uber Eats でApple Pay(アップルペイ)決済できない原因

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払いでApple Pay決済できないのは、

決済できない原因
  • Visaブランドカードを登録している。
  • クレジットカードの有効期限切れ。
  • インターネット通信がオフライン。

というように、いくつかの原因が考えられます。

Visaブランドカードを登録している

Apple Payに登録しているクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの国際ブランドがVisaの場合、Uber Eats でApple Payが使えません。

くまブロガー

ですが、Apple PayにVisaのカードを登録していても、店頭のキャッシュレス決済端末(Airペイ、Squareなど)なら使用できます。

Uber Eats だけに限らず、Apple PayにVisaブランドのカードを登録して使用する場合、オンラインショッピングやアプリ内決済といったサービスも使用できません。

なので、Uber Eats でApple Payが使えない場合、登録してるカードのブランドを確認してみましょう。

クレジットカードの有効期限切れ

意外と見落としがちなのが、Apple Payに登録している「クレジットカード、デビットカード」または「プリペイドカード」の有効期限切れです。

基本的に、Apple Payに登録しているカードの有効期限が切れても、自動的に情報が更新されます。

くまブロガー

ですが、登録しているカードやApple Payへの登録時期によって、再登録の必要があります。

なので、お使いのカードに対するApple Payの扱いについて確認してみましょう。

インターネット通信がオフライン

iPhoneがインターネットに接続できずオフラインの状態でも、Apple Payは駅の改札や店頭支払いで利用できます。

くまブロガー

ですが、オンライン決済の時はインターネット接続していないと、決済完了させられません。

なので、Uber Eats のアプリでApple Payが使えなかったら、「インターネットに接続できているか?」通信状況を確認してみましょう。

Uber Eats でApple PayでVisaブランドが使えない理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)でVisaブランドのカードが使えない理由はFeliCa(フェリカ)です。

FeliCa(フェリカ)とは

FeliCaは、日本規格「非接触型ICチップ」で、国際規格「NFC(TypeA/B)」を元にSONY(ソニー)が開発しました。

くまブロガー

日本が国際規格「NFC(TypeA/B)」をそのまま使わなかったのは、通信速度が遅かったからです。

Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)で、改札口に出入りするのに「数秒」かかってしまうと、朝の通勤ラッシュに大きな影響が出てしまいますよね。

そこで、SONYが開発したのが通信速度が早い「FeliCa(フェリカ)」なんですが、国際規格「NFC(TypeA/B)」を元に開発していても100%互換性があるわけではありません。

Visaブランドは、国際規格「NFC(TypeA/B)」に対応しているため、日本規格「FeliCa(フェリカ)」には対応していないんです。

Apple PayのカードがVisaでも使えるケース

くまブロガー

もちろん、日本でApple PayにVisaブランドのカードを登録して支払うことができますが、オンラインでの決済できません。

Apple PayにVisaブランドのカードを登録して使えるのは、店頭での支払いのみで、ネットやアプリのオンライン決済ができません。

店頭払いの場合、QUICPay(クイックペイ)などで後払い決済を使用するため、Visaに関係なく決済ができるようになっています。

なので、Apple PayにVisaブランドのカードを登録・利用する場合には注意が必要です。

まとめ(Uber Eats のApple Pay決済はVisaだと使えない)

Uber Eats(ウーバーイーツ)のApple Pay(アップルペイ)決済について解説してきました。

「Apple Payが使えない!」または「Apple Pay決済がエラーになる!」という原因で多いのが、Apple Payに登録しているカードがVisaという場合です。

くまブロガー

もちろん、Apple PayにはVisaブランドカードを登録して使用することができます。

ですが、Visaのカードが使えるのは、あくまで店頭での支払いで使用することしかできません。

オンライン決済やアプリ内決済で、Visaブランドカードを登録しているApple Payでは、決済ができないので注意しましょう。

Uber Eats を注文するのであれば、Apple PayにMastercardのカードも登録しておくと安心ですね‼︎

よかったらシェアしてね!
目次