Uber Eats 配達パートナー

Uber Eats 配達パートナーのベネフィットプランとは!加入したらどんな補償が受けられるのか解説!

Uber(ウーバー)は、個人事業主(フリーランス)で活躍するUber Eats 配達パートナー向けに、福利厚生やキャリア支援などのサービスが受けられる「ベネフィットプラン」というサービスを提供しています。

年会費1万円で様々な補償やサービスを受けられるので、個人事業主として稼働するUber Eats 配達パートナーにとってメリットがたくさんあるサービスです。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働されている方も、これから稼働予定の方もベネフィットプランに加入してより快適なライフスタイルをスタートさせましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーのベネフィットプラン

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー向けの「ベネフィットプランとは、どういうものなのか?」詳しく解説していきましょう。

 

ベネフィットプランの概要

Uber(ウーバー)は、Uber Eats 配達パートナーが日頃から安心して稼働できるよう、フリーランスワーカーの「福利厚生サポート」や「キャリア支援」などを手がけている「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」に賛助会員として加盟しています。

ベネフィットプランとは、Uber Eats 配達パートナーとして稼働している時だけでなく、24時間365日対象となる傷害補償や健康診断・人間ドッグの優待、就業不能を補償する所得補償制度などが受けられるものです。

Uber Eats 配達パートナーは、ベネフィットプランに加入することで、自由な働き方とより良い快適なライフスタイルを手に入れることができます。

 

ベネフィットプランの会費

ペネフィットプランへ加入するには、年会費として10,000円が必要になります。

ですが、ベネフィットプランは、月額に換算すると「約834円」ですし、福利厚生サポートなど様々な優待を提供してもらえるので、費用としては安いと思います。

Uber Eats 配達パートナーとしては、日頃安心して稼働するためにベネフィットプランに加入しておくと安心ですね!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーベネフィットプラン補償内容

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー向けベネフィットプランの補償内容について詳しく解説していきましょう。

 

ケガによる入院などの傷害補償

Uber Eats 配達パートナーは、配達リクエストを受けてから配達完了するまでの間であれば、事故によるケガで入院したとしても補償されています。

1日7,500円(60 日を限度とする)となっています。

ですが、Uber Eats 配達パートナーとして稼働していない時に、事故でケガをして入院したとしても補償されません。

ベネフィットプランに加入していれば、Uber Eats 配達パートナーとして稼働している時だけでなく、プライベートの時間帯も24時間365日すべて補償が適用されるんです。

補償額は、入院中の補償が「日額1,100円」、通院中の補償が「日額500円」と金額的には少ないかもしれませんが、補償があるだけでも十分助かりますよね。

 

WELBOX

WELBOXは、健康診断や人間ドックといった定期検診だけでなく、映画やレジャーなど日々の暮らしにおいて幅広い優待が受けられるものです。

ベネフィットプランは、Uber Eats 配達パートナーに対して、このような非金銭的な福利厚生も提供してくれているので、稼働するのにモチベーションも上がりますよね!

ベネフィットプランに加入すると、自動付帯される補償は「ケガによる入院などの補償」と「WELBOX」です。

 

所得補償制度

所得保障制度は、ケガによる入院によって働けなくなった期間が7日を超えた場合、保険料に応じて所得を補償してくれる制度です。

ただ、所得保障制度は、ベネフィットプランに加入すると自動的に付帯されるわけではないので、別途保険料を支払って契約しなければいけません。

万が一、Uber Eats 配達パートナーとして稼働中に事故にあった場合、ケガにより長期間入院しなければいけないという場合でも安心なので、所得保障制度に加入しておくと安心ですね。

 

ビジネスサービス優待

個人事業主として稼働するUber Eats 配達パートナーの会計・税務、法務など専門家に相談することもできます。

また、モバイルWi-Fiを格安で利用できたり、コワーキングスペースの利用料を割引されるなど、ビジネスサービスも優待されています。

 

フリーガル

フリーガールは、年間費用5,000円〜加入できる「報酬トラブルによる弁護士費用保険」です。

もらえるはずの報酬を支払ってもらえなかったりした場合のトラブルなどを相談でき、円満な解決に向けてコンシェルジュがサポートしてくれます。

 

ライフサービス優待

「ベビーシッター」や1時間1500円から利用できる家事代行マッチングサービス「タスカジ」の利用料が割引されるライフサービスの優待も用意されています。

個人事業主として稼働する場合、小さなお子さんがいたり、家事をする時間がない方にとってはありがたいサービスですよね。

ベネフィットプラン補償内容は、こちらから詳細を確認できます。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーベネフィットプラン入会方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー向けベネフィットプランの入会方法について解説していきましょう。

 

ベネフィットプラン入会の流れ

Uber Eats 配達パートナーがベネフィットプランに入会するには、

簡単な流れ

  • 入会申込み
  • 入会審査・承認
  • 決済後即時
  • サービス利用・利用申込可能

 

というような流れになっています。

サービスによって利用・利用申込できる時期に違いがあります。

傷害補償は「入会日の翌々月1日〜」、WELBOXは「入会日の翌月15日〜」から利用がスタートします。

 

ベネフィットプラン入会方法

フリーランス協会のベネフィットプランへ入会する方法について解説していきましょう。

 

入会申込み

こちらから「ベネフィットプラン申込ページ」を開き、入会手続きを行なっていきます。

 

アカウントの作成

ベネフィットプランに加入するには、アカウントを登録する必要があります。

「Googleアカウント」や「Facebookアカウント」をお持ちであれば、それぞれのアカウントを利用してログインすることが可能です。

 

基本情報の入力

アカウントの登録は、

登録フォーム入力項目

  • 名前
  • ビジネスネーム
  • 年齢
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号

というような項目を入力していきます。

就業・事業形態の入力

就業形態や事業形態、職種など、現在稼働している業務の内容を入力していきます。

Uber Eats 配達パートナーであれば、就業形態は「業務委託」、事業形態は「個人事業主」、職種は「飲食・フード(フードデリバリー)」というような感じですね。

 

本人確認書類の提出

本人確認書類は、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードといった公的機関が発行しているものを提出するようにしましょう。

 

入会審査・承認

フリーランス協会によって入会審査と承認の手続きが行われます。

 

年会費の支払い

審査に通ったら、年会費を支払ってベネフィットプランへの加入が完了します。

支払い方法は、クレジットカード(デビットカード)、銀行振込のいずれかを選択することができます。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナーベネフィットプラン)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー向けベネフィットプランについて解説してきました。

ベネフィットプランは、年会費10,000円で加入できる補償・福利厚生・キャリア支援サービスです。

ベネフィットプランに加入すると、傷害補償、WELBOX(福利厚生)、所得補償制度、ビジネスサービス優待、フリーガル、ライフサービス優待など、たくさんの補償やサービスを利用することができます。

Uber Eats 配達パートナーとして、よりか安全・快適に稼働するためにも、ベネフィットプランはとてもおすすめですね!

また、これからUber Eats 配達パートナーに登録・稼働される方も、こういった補償・福利厚生・キャリア支援が受けられるので、安心して新しいライフスタイルを手に入れましょう‼︎

-Uber Eats 配達パートナー

© 2021 スマホで繋がる人と未来