Uber Eats 配達パートナー

Uber Eats 配達パートナー車両(自転車・バイク)はレンタルOK!専用プランなら初期費用をかけずに最短で稼働!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録するには、配達手段として「自転車」や「原付バイク」などの配達車両が必要です。

配達手段となる車両を持っていなくても、Uber Eats で配達する時に「自転車や原付バイクをレンタル」しても、まったく問題ありません

なので、18歳以上であれば、Uber Eats 配達パートナーに登録することができます。

自転車なら、Uber Eats 配達パートナーに登録する車両の提出書類が必要ないので、登録や審査がスムーズに行えますから、最短でスタートすることが出来ちゃいます!

まずは、Uber Eats 配達パートナーの第一歩として、オンライン登録を済ませておきましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナー専用レンタルプランの利用方法

Uber Eats 配達パートナー専用のレンタルプランを利用するには、まず「Uber Eats 配達パートナーとして登録を済ませてから申し込む」のがおすすめです。

後からでもレンタルプランを変更することはできますが、変更手続きなど面倒な作業が増えてしまいますよね。

なので、まずは、Uber Eats 配達パートナーに登録することからスタートしましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats の配達専用プランがある自転車レンタルサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)が提携している自転車レンタルサービスを利用すれば、通常よりも安く自転車を借りることができます。

 

Uber Eats 専用レンタル料金

ドコモ・
バイクシェア
COGICOGI
リース
帝都産業Cycle Trip
(サイクルトリップ)
ヤマハYPJ
プランシェアサイクルレンタルレンタルレンタルレンタル
料金月額(税込)
4,400円
最初30分無料
(110円/30分)
月額(税込)
6,600円
月額(税込)
11,000円
自転車の
タイプで
異なる
月額(税込)
11,000円

※Uber Eats 配達パートナー専用プランは「2020年12月」で終了。

専用プランはありませんが、通常プランで利用することは可能です。



 

エリア別レンタルサービス

Uber Eats 配達パートナー専用の自転車レンタルサービスは、全国どこでも提供されているわけではありません。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして稼働するエリアによって、利用できるサービスが違ってきます。

ドコモ・
バイクシェア
COGICOGI帝都産業Cycle Trip
(サイクルトリップ)
ヤマハYPJ
公式
ホームページ
ドコモ・バイクシェアCOGICOGI帝都産業Cycle TripヤマハYPJ
北海道
宮城県
福島県
東京都
(来店または宅配)
神奈川県
(来店または宅配)
埼玉県
(来店または宅配)
千葉県
(要相談)

(来店または宅配)

(要相談)
栃木県
群馬県
山梨県
愛知県
石川県
福井県
岐阜県
広島県
大阪府
京都府
兵庫県
奈良県
山口県
佐賀県
福岡県
大分県
沖縄県

各都道府県すべてのエリアで利用できるわけではなく、サービス対象外のエリアもあります。

詳しくは、上記表に記載してある各公式ホームページを参照して下さい。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

ドコモ・バイクシェア

ドコモ・バイクシェアは、自分が乗りたい場所で借りて、行きたい場所(行先)で返却できる、シェアサイクルサービスです。

※Uber専用のドコモ・バイクシェアプランは「2020年12月」で終了。

シェアサイクルの中では、最もサービス提供エリアが広くて利用される方も多くなっています。

また、対人・対物・ご自身の怪我といった「保障制度」もあるので、事故にあった場合のサポートもされているので安心です。

ですが、Uber Eats 配達パートナーが利用することが多いので、使えないことも多くなっているので、他社のシェアサイクルやレンタル自転車を利用するのがおすすめですね。

ドコモ・バイクシェア公式HP

COGICOGIリース

COGICOGIリースは、ひとり1台電動アシスト自転車をレンタル・所有できるので、シェアサイクルのように自転車が借りられないといった心配がありません。

Uber Eats 配達パートナーとして、稼働する時間が多い場合には、このCOGICOGIリースのレンタルサービスがおすすめです。

ただ、COGICOGIリースのサービス提供エリアは、2020年1月現在、都内のごく一部となっていますので、今後サービスエリアの拡大に期待したいですね!

COGICOGI公式HP

帝都産業

帝都産業は、自転車だけでなく原付バイク(125cc以下)などをレンタルすることもできます。

帝都産業は、Uber Eats 配達パートナー専用で利用できるエリアが都内だけでなく、他の地域でも利用できるのが嬉しいですよね。

しかも、自宅まで電動アシスト自転車を届けてくれるので、受け取りに行く手間も省けます。

また、対人・対物保障制度(免責金額あり)もあるので、事故などのトラブルにも安心です!

帝都産業公式HP

Cycle Trip(サイクルトリップ)

本格的な高級スポーツバイクをレンタルできるのが「Cycle Trip(サイクルトリップ)」です。

店舗に来店してレンタルするだけでなく、自転車を宅配サービスも行っています。

Cycle Tripは、東京都台東区にある店舗しかないので、お近くにお住まいの方でなければ宅配サービスを利用してレンタルすることができます。

ただ、2021年3月現在、宅配できるエリアは、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の一部エリアとなっているので、Uber Eats 配達パートナーとして関東エリアで稼働を検討している方にはおすすめですね。

Cycle Trip公式HP

 

ヤマハYPJ

ヤマハYPJは、電動アシストスポーツバイクをレンタルできるサービスです。

このヤマハYPJは「帝都産業が運営」しているので、サービス提供エリアは、帝都産業を参考にして下さい。

ヤマハYPJの特徴は、

登録可能エリア

  • 通常の電動アシストより、効率的かつスピーディに移動できる。
  • 力が必要な場合にだけアシストしてくれる機能性の良さ。
  • 自転車のレンタル期間中に起きた事故や車両トラブルも安心。

というように、配達しやすい自転車をレンタルできるので、Uber Eats の配達を効率的にこなしたい人にはおすすめです!

ヤマハYPJ公式HP

Uber Eats の配達頻度によってレンタルより購入の方がお得

引用元:HoldOn公式HP

引用元:HoldOn公式HP

Uber Eats 配達パートナーに登録したいけど、配達手段(自転車、原付バイクなど)がない場合、レンタル車両でも問題ありません。

ですが、ガッツリUber Eats 配達パートナーとして稼働するなら、自転車を購入するのもありですね。

電動アシスト自転車だと「値段が15〜20万円くらい」しますが、HoldOnの電動自転車なら「10万円以下」で買えますし、コンパクトに折りたためるので、電車で持ち運ぶこともできちゃいます‼︎

電動自転車といっても自転車で配達するわけなので、ちょっとした運動にもなりますし、ダイエットにも効果的だと思います。

Uber Eats 配達パートナーとして、稼ぐことも、運動することも出来るので、長期的に続けて行くならレンタルではなく購入も検討されるのがおすすめですね!

▶︎[公式]電動自転車HoldOnはこちら

 

まとめ(Uber Eats 配達手段のレンタル)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが配達する手段(車両)のレンタルについて解説してきました。

Uber Eats 配達パートナーに登録したいけど、配達手段(自転車や原付バイクなど)がないといった場合でも、レンタルサービスを利用すれば、登録することができます。

また、Uber Eats が提携しているレンタルサービスを利用すれば、通常よりも安く借りられますから、安心してUber Eats 配達パートナーに登録しちゃいましょう!!

ガッツリUber Eats 配達パートナーで稼ぎたいなら、安めの自転車を買って稼働するのもおすすめです!

-Uber Eats 配達パートナー

© 2021 スマホで繋がる人と未来