スマホで繋がる人と未来へようこそ

Uber Eats 配達パートナーは現金払い対応が必須?Uber Driverアプリで支払い方法を制限できるのか!

Uber eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに興味はあるんだけど、注文者(ユーザー)と「現金のやりとりするのが面倒くさい!」っていう人も多いですよね。

現金払い対応するということは、常に「お釣りを用意して持っておく」必要がありますし、お釣りを間違えたらクレームになってしまいます。

ですが、Uber Eats 配達パートナーは「現金払いに対応するかどうかは任意」ですので、キャッスレス決済だけ対応することが出来るんです。

くまブロガー
Uber Driverアプリの現金払い設定を「OFF(オフ)」にしておけば、現金払いの配達依頼がくることはありません!

なので、Uber Eats 配達パートナーとして慣れないうちは、まず「キャッシュレス決済の配達リクエスト」だけを受けて、業務に慣れるのがおすすめです!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 注文時に使える支払い方法の種類

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法は、新たに「Apple Pay、現金払い、LINE Pay、PayPay」に対応しました。

支払い方法の種類
  • クレジットカード払い
  • デビットカード払い
  • Apple Pay(アップルペイ)払い
  • 現金払い
  • LINE Pay(ラインペイ)
  • PayPay(ペイペイ)

今までは、クレジットカード(デビットカード)払いしか出来なかったのですが、支払い方法の種類が追加されたことによって、配達リクエスト(配達依頼)も増加傾向です。

最近は、キャッシュレス決済も増えているので、現金払いに対応しなくても配達依頼は全然ありますから、十分に稼ぐことができます。

なので、面倒な現金管理をしたくなければ、Uber Driverアプリの「現金払い設定をオフ」にしておきましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 注文による現金払いの配達依頼は増加傾向

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、配達可能エリアであれば、自宅でも職場でも注文することが出来ます。

家族で料理を注文するなら「クレジットカード決済などで一括決済」すれば良いですが、職場で注文する場合は、割り勘で支払うことが多いと思います。

現金払いのニーズ
  • 残業で職場に料理を注文したい。
  • 花見をするから公園に配達して欲しい。

「職場の人」や「友人」などでUber Eats を注文するなら、現金支払いできた方が注文者(ユーザー)にとってはありがたいですよね。

実際、Uber Eats の支払い方法に「現金払いが導入」されたことで、色んなシチュエーションで注文が出来ますし、現金で支払う注文者が増えているのも事実です。

Uber Eats 配達パートナーとして考えると、料理を受け渡しするだけでなく、現金支払いのためにお釣りを用意しておく必要があるので、業務上どうしても負担が増えます。

くまブロガー
現金払いに対応すると「お釣りを間違えたり」、「受け取った現金管理」などでトラブルになるリスクがあります。

Uber Eats で稼ぎたいなら、現金対応した方が良いと思いますが、トラブルを避けたいのであれば、慣れるまでは「現金払い不可」にして始めるのがおすすめです。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 注文時の決済方法で現金払いを使う時のルール

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが、現金払いに対応するには、いくつかの条件があります。

現金払いの上限は10,000円以下

Uber Eats(ウーバーイーツ)を現金払いで注文する場合、配送手数料を含め、10,000円(税込)以下と決まっています。

注文者(ユーザー)は、「10,000円札」や「5,000円札」で支払う可能性があるので、色々なパターンを想定してお釣りを用意しておくようにしましょう。

もし、注文者(ユーザー)が料理を受け取る際、現金を持ち合わせていない場合は、

現金対応トラブル
  • 注文者が料金を支払わなかった。
  • 料金の一部しか支払わなかった。

のいずれかを選択し、画面に表示された指示に従って対応すれば問題ありません。

また、Uber Eats 配達パートナーが渡すお釣りが足りない場合は、必ず注文者に料理を先に渡してから、お釣りを用意し行けば大丈夫です。

現金払い対応にはクレジットカード(デビットカード)が必要

Uber Eats 配達パートナーが現金払いに対応するには、クレジットカード(デビットカード)が必要になります。

注文者(ユーザー)から受け取った現金は、Uberの口座などに振り込む必要はなく、すべてUber Eats 配達パートナーのものとなりますが、後から配達によって得られる報酬から手数料が差し引かれます。

現金払いの配達リクエストばかりだと、Uber Eats 配達パートナーの口座に振り込まれる報酬が少ない場合もあります。

そういったケースの場合は、あらかじめ登録してあるクレジットカード(デビットカード)から控除(引き落とし)されます。

現金払いは任意で選択が自由

現金払いの配達リクエストを受けたくなければ、事前に支払いが済んでいる配達リクエストのみ受けることが出来ます。

Uber Driverアプリに、クレジットカード(デビットカード)を登録しなければ、現金対応になることはありません。

また、クレジットカード(デビットカード)を登録したら、現金払いの設定は「自動的にオン」の状態になるので、配達リクエストを受ける前に確認しておきましょう。

現金払いの配達リクエストは多いですが、受け取った現金やお釣りの管理など面倒な作業が増えるので、慣れないうちは「現金払い対応の設定をオフ」にしておくのがおすすめです。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーの現金払い対応による設定方法

Uber Eats 配達パートナーとして稼働し始めただけでは、支払い方法に現金払いが対応されていません。

現金払い対応にしたい場合は、Uber Driverアプリより手続きする必要があります。

支払い方法の種類
  • Uber Driverアプリを起動します。
  • メニューのアカウントをタップします。
  • お支払いをタップします。
  • お支払い方法の追加をタップします。
  • クレジットカード(デビットカード)情報を入力します。
  • 2営業日以内に、登録したカード情報が確認されます。

登録したカードに問題がなければ、現金払いの設定ができるようになります。

Uber Eats 配達パートナーが現金払い配達依頼を受ける方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが現金払いの配達をする方法は、

現金払いの流れ
  1. Uber Driverアプリ現金払い設定を「オン」にします。
  2. お釣りを用意します。
  3. 配達リクエストを受けます。
  4. 料理を配達して現金を受け取ります。
  5. Uber Driverアプリで売り上げ詳細を確認します。
  6. 加盟店・レストランとUberへの差額分が精算されます。

というような流れになっています。

注文者(ユーザー)から受け取った現金は、そのまま自分のものになるんですけど、後から「加盟店・レストラン」や「Uber(ウーバー)」への手数料が、「報酬」もしくは「クレジットカード(デビットカード)」から差し引かれます。

現金がすぐに手に入るのは良いんですけど、その現金すべてが自分のものではないので、後から差し引かれることを考えると、計算して使わないといけませんね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

まとめ(Uber Eats の現金払いについて)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが対応する「支払い方法」について解説してきました。

クレジットカード(デビットカード)やApple Payなど、先に支払いが済んでいる場合は、Uber Eats 配達パートナーに何の問題もありません。

唯一、現金払いに対応した場合のみ、お釣りの用意など「現金管理」が必要になってきます。

現金払いに対応しないと、配達リクエストがないんじゃないかと不安になるかもしれませんが、そういった心配はありません。

実際、「クレジットカード払い」や「Apple Pay払い」など、キャッシュレス決済での利用も多いのが現状です。

なので、キャッシュレス決済の配達依頼(配達リクエスト)だけでも十分稼げますから、安心してUber Eats 配達パートナーに登録しましょう‼︎