Uber Eats 配達パートナー スマホで稼ぐ

Uber Eats 配達パートナーの服装に決まりはある?どういった格好で配達業務を行えば良いのか解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、いつでも自分の好きなタイミングで稼働できることもあってとても人気があります。

街中でも、Uber Eats 配達パートナーが稼働しているのを見る機会も多くなりましたよね。

そんなUber Eats 配達パートナーとして稼働したいけど「どんな服装で配達すれば良いのか?」、「特別に決められた服装はあるのか?」気になるところでしょう。

この記事でわかること

  • 服装に関する決まりやルールはない。
  • 食品の配達なので清潔感のある服装がベスト。
  • 配達パートナーにおすすめの服装とは。
くまブロガー
 ですが、Uber Eats 配達パートナーの服装に決まりはありません

とはいえ、Uber Eats 配達パートナーとして、どんな服装や格好をして稼働しても良いという訳ではありません。

ピックアップするレストランやお届け先の注文者が、Uber Eats 配達パートナーをみて不快に感じないような服装を心がけることが大切ですね。

なので、ごく普通のポロシャツやチノパンといった清潔感ある服装をすれば大丈夫なので、安心してUber Eats 配達パートナーとして稼働してみましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーの服装や格好に関する決まり

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼働する際、気になるのが服装・格好ですよね。

 

稼働時の服装に関する決まりはない

Uber Eats 配達パートナーは、必ずこの服装・格好をしなければいけないというようなルールはありません

決まりごとやルールがないからといって、Uber Eats 配達パートナーが、どんな服装をしても良いというわけでもありません。

Uber Eats 配達パートナーとしてピックアップに行くレストラン、商品をお届けする注文者に対して失礼のないような服装を心がける必要があります。

 

配達パートナーガイドの服装に関する注意点

Uber Eats 配達パートナーは、実際に稼働する前に配達業務の流れなど把握するために、配達パートナーガイドをひと通り読んでおくことが大切です。

Uber Eats 配達パートナーガイドには、

配達パートナーが入るエリアは、レストラン店舗(レストランの店舗のお客様がいらっしゃるエリア)やオフィスエリア(注文者が仕事を行うエリア)等が含まれる可能性があります。

また、厨房などの食品を扱っているエリアに直接入る可能性もございますので、レストランや注文者の期待に応えられるような綺麗で清潔な服装を心がけましょう。

引用元:Uber Eats 配達パートナーガイド

というように「綺麗で清潔な服装を心がけるように」という記載がありますが、明確な服装や格好が指定されているわけではありません。

くまブロガー
レストランの方やお届けする注文者が不快に感じるような服装は避けるべきということですね。

なので、Uber Eats レストランパートナーや注文者からみて、黄ばんでいたり汚れているような「清潔感がない」服装を避けるようにしましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナー稼働時の清潔感のある服装とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼働する際、清潔感のある服装であれば問題ありません。

ただ、清潔感のある服装がどんな感じなのかイメージしにくいと思うので、具体的な服装を例にあげて解説していきましょう。

 

清潔感のある服装はどんな感じ?

Uber Eats 配達パートナーは、食品を配達する業務なので、注文者が不快な気分にならないような服装でお届けするのが重要です。

くまブロガー
ただ、清潔感のある服装がどんな感じなのか、想像するのって意外と難しいですよね。

清潔感のある服装なので、基本的に「汚れていない服装」が前提となりますが、それを踏まえた上で「どんな服装をすれば良いのか?」ということです。

 

シンプルな服装

清潔感のある服装は、あまり難しく考える必要はなく、いたってシンプルなものを選ぶのがおすすめです。

絵柄や文字などがない「無地のシャツ」などであれば、注文者に不快なイメージを与えることはありません。

シンプルな「カジュアルシャツ」や「ポロシャツ」であれば清潔感を出しやすく、レストランの方や注文者に良い印象を与えることができるでしょう。

 

さわやかな色の服装

Uber Eats 配達パートナーとしてシンプルな服装を選ぶのはもちろんですが、より清潔感を出すには服の色も重要なポイントです。

色鮮やかな強いビビットカラーよりも、蛍光色と白色と中間くらいの薄いパステルカラーを選ぶと、シンプルな服装に加えてより清潔感を与えることができるでしょう。

服の色で悩むようであれば、無難に白(ホワイト)を選んでおけば間違いありませんね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

清潔感のあるおすすめの服装

Uber Eats 配達パートナーとして「おすすめな服装」を具体的に紹介していきましょう。

 

カジュアルシャツとチノパン

清潔感のある服装として一般的なのは、カジュアルシャツとチノパンの組み合わせです。

カジュアルシャツとチノパンであれば、Uber Eats 配達パートナーとして清潔感のある印象を持たれます。

また、Uber Eats 配達パートナーとして稼働するので、ジーンズなどか硬めのデニム生地のように、あまり動きにくい格好は避けた方がいいですね。

 

カジュアルサイクルウェア

Uber Eats 配達パートナーは、自転車で稼働する人も多いですよね。

自転車で稼働される方であれば、服装はカジュアルなサイクルウェアでも問題ありません。

くまブロガー
サイクルウェアなら動きやすいですし、Uber Eats 配達パートナーとして服装に悩むこともありませんよね。

サイクルウェアは、自転車で走行するのに適した服装ですし、スポーティーな格好なので、清潔感があり効率的な服装といえるでしょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーが選ばない方がいい服装・格好

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして選ばない方がいい服装や格好について解説していきましょう。

 

ダメージファッション

ダメージファッションとは、穴があいていたり、擦り切れているような加工がされた服装です。

わざと穴をあけるような加工をされたジーンズは、おしゃれで人気がある服装ですが、Uber Eats 配達パートナーとしての服装としては良くありません。

くまブロガー
Uber Eats 配達パートナーには、おしゃれな服装や格好は求められていません。

Uber Eats を利用される方は、様々な年代の人が注文されますから、穴があいていたり、擦り切れた服装をしていると、不快な気持ちにさせてしまう可能性があります。

もちろん、ファッションとしてはおしゃれで良いんですが、配達業務を行う上では避けるべき格好ですね。

 

ヨレヨレでシワのある服装

Uber Eats 配達パートナーとして清潔感のある服装をしたとしても、着ている服がヨレヨレだったり、着ている服にシワがたくさんあるようだと、いい印象を与えることができません。

着慣れている服装の方が動きやすくて良いかもしれませんが、あくまでUber Eats 配達パートナーとして業務を行うことを忘れてはいけません。

レストランで商品を受け取る、または注文者へ商品をお届けすることをイメージして、それぞれ相手に対して失礼がないような服装や格好をする必要があります。

 

あまりにラフすぎる格好

Uber Eats 配達パートナーは、季節に関係なく稼働することができるため、特に夏場はラフな服装になりがちです。

ただ、あまりにもラフな格好すぎると、レストランの方や注文者に対して失礼になってしまう可能性があります。

例えば、半袖シャツ、短パン、サンダルというような格好は、真夏だと当たり前かもしれませんが、Uber Eats 配達パートナーとして配達業務を行う上ではNGです。

半袖のシャツは特に問題ないですが、短パンやサンダルという格好は避けるべきです。

清潔感を与えることはできませんし、配達業務中に転んだりした場合、肌が露出しすぎていると怪我をしやすくなってしまいます。

なので、夏場で暑い日だとしても、しっかりとズボンと靴をはいて稼働するのがおすすめですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナー服装に関する決まり)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの服装に関する決まりごとについて解説してきました。

Uber Eats 配達パートナーの服装や格好に関する決まりは特にありません。

ですが、Uber Eats 配達パートナーは、基本的に食品を配達する業務ですから、清潔感のある服装で稼働するのが礼儀です。

もし、自分がUber Eats を注文した時、届けに来てくれたUber Eats 配達パートナーの服装が汚れていたりしたら、不快な気持ちになってしまいますよね。

Uber Eats 配達パートナーは、レストランで商品を受け取ってお届けする業務をただこなせば良いという訳ではなく、あいさつや身だしなみなども気を配らなければいけません。

とはいえ、普段生活する上でやっていることができれば問題ないので、あまり深く考えすぎず、いつも通りの自分でUber Eats 配達パートナーとして稼働すれば大丈夫です。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働すれば、人間関係に悩まさせる心配もなく、自分の好きなように稼ぐことができるので、これからの新しい生活の第一歩を踏み出してみましょう!

-Uber Eats 配達パートナー, スマホで稼ぐ