MENU
カテゴリー

Uber Eats の注文時にかかる手数料の仕組み!配送手数料やサービス料などいくらかかるか解説!

本ページはプロモーションが含まれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、アプリの操作だけで簡単に商品が注文できます。

そこで、Uber Eats で注文するのに「品代以外にどんな手数料がかかるのか?」、「手数料をなるべく安くする方法はあるのか?」など、気になるところですよね。

この記事でわかること
  • Uber Eats の手数料は全部で4種類ある。
  • 配送手数料は注文するたびに変動する。
  • サービス料は品代の10%で上限が350円まで。
  • 少額注文手数料は品代が700円未満にかかる。
  • 配達のオプションはスタンダードなら無料。
くまブロガー

Uber Eats 注文時にかかる可能性がある手数料は、配送手数料・サービス料・少額注文手数料・配達のオプションの4つです。

少額注文手数料は、注文する商品代金が700円以上ならかかりませんし、配達のオプションは優先を利用しなければかかりません。

なので、Uber Eats で注文する際、配送手数料・サービス料の2つは、基本的に注文するたびにかかる手数料ということです。

また、Uber One を利用すれば、条件にあうお店の配送手数料が無料になるので、手数料を安く注文すできますね!

Uber Eats 初回割引クーポン

\ クーポンコード /
affjpeats0324

※クーポンは必ず下記リンクからご利用して下さい。

▶︎[公式]Uber Eats 注文はこちら↗︎
〈PR〉

<注意事項>

使用期限 2024年3月31日まで

  1. 初回と2回目の注文が1700円割引。
  2. 割引適用にはプロモーションコード登録が必要。
  3. 最低注文金額は1800円以上(初回・2回目どちらも)。
  4. プロモーション内容は予告なく変更される可能性あり。
目次

Uber Eats を注文する時にかかる手数料の種類

Uber Eats(ウーバーイーツ)を注文する際にかかる手数料の種類について解説していきましょう。

配送手数料

配送手数料は、Uber Eats で注文した商品をお店から届けてもらうための手数料です。

Uber Eats は、配達パートナーがお店に行って商品を受け取り、お届け先まで届けてくれる仕組みとなっています。

くまブロガー

なので、Uber Eats で注文して配達してもらう場合は、必ず配送手数料がかかることになります。

ただ、Uber Eats に出店しているお店の中には、配達パートナーではなくお店の人が配達するケースもあるんです。

その場合、配送手数料が無料になることもありますが、基本的に配送手数料はかかると考えておく方がいいですね。

サービス料

Uber Eats で注文する商品代金の10%がサービス料です。

具体的にサービス料が何なのか明確ではありませんが、Uber Eats で配達してもらうための手数料と考えるといいでしょう。

少額注文手数料

少額注文手数料は、Uber Eats の注文で商品代金が700円未満の時にかかる手数料です。

商品代金が700円未満だと、少額注文手数料として150円がかかります。

くまブロガー

逆に考えると、少額注文手数料はかかるけど、注文金額に関係なくUber Eats で注文できるということです!

なので、飲み物1杯だけ注文したい場合、少額注文手数料を支払うことで、気兼ねなくUber Eats を利用できるということですね。

配達のオプション料

配達のオプション料は、Uber Eats で注文した商品を優先して届けてもらうかどうかのオプション料です。

特に急いでいなければ、配達のオプションは利用する必要はなく、通常配達で無料になります。

例えば、朝にUber Eats を注文して、10時までに家を出なければいけないなど、限られた時間内で食事を済ませたい場合に利用する感じですね。

Uber Eats 注文時にかかる各手数料を算出する方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文時にかかる各手数料を算出する方法について解説していきましょう。

配送手数料は注文ごとに変動する

Uber Eats の配送手数料は注文ごとに変動する仕組みとなっています。

また、Uber Eats で注文するお店やタイミングなどで、配送手数料は変動してきます。

配送手数料が算出されるのは、

配送手数料算出の要因
  • お店からお届け先までの距離。
  • 注文するお店やレストランの違い。
  • 注文する地域やエリアの違い。

といった要因があげられます。

くまブロガー

配送手数料なので、最も優先される要因はお届け先までの距離が遠いか近いかです。

また、注文するお店やレストラン、注文する地域やエリアによっても、多少違いがあるようですね。

サービス料は品代の10%がかかる

Uber Eats では、注文するごとにサービス料がかかります。

サービス料は商品代金の10%で算出できる

サービス料は、Uber Eats で注文する商品の代金に対して10%が加算される仕組みです。

くまブロガー

例えば、注文した商品の合計金額が2,100円だった場合、サービス料は210円(2,100円の10%)です。

Uber Eats で商品を届けてもらうサービスを利用するための手数料と考えましょう。

サービス料は350円以上かかることはない

サービス料には、350円以上はかからないという上限が設定されています。

もし、商品代金が3,500円だったらサービス料は350円ですが、商品代金が5,000円だったとしてもサービス料は350円ということです。

なので、Uber Eats で3,500円以上注文すると、サービス料としてはお得に注文ができるということになりますね。

少額注文手数料は品代700円未満で発生

少額注文手数料は、Uber Eats で注文する商品代金の合計が700円未満のときに発生する手数料です。

くまブロガー

商品代金が700円未満だった場合、少額注文手数料として150円が加算される仕組みです。

ひとりでUber Eats を利用する場合は、少額注文することもあると思いますが、家族で利用する場合は、まずかからない手数料といえます。

また、少額注文手数料を支払うことで、飲み物1杯だけ注文したり、料理で使う調味料だけ注文したりできるということですね。

配達のオプションは配達の優先度により発生

Uber Eats で注文する際、お店やレストランによっては「配達の優先度」を指定することができます。

Uber Eats 配達オプションの選択画面

スタンダードを選択しておけば、手数料はかからず無料となります。

配達の優先度は「スタンダード」、「優先」どちらか選ぶことができ、以前は「急がない」という選択もありました。

くまブロガー

例えば、急いでいる場合に、優先を選択して手数料を支払うことで、他の配達よりも早く届けてくれます。

優先を指定した時の手数料は固定されていませんが、大体120円〜170円くらいを目安に考えておくといいでしょう。

Uber Eats 注文時にかかる手数料を安くする方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文時にかかる手数料を、なるべく安くする方法について解説していきましょう。

配送手数料をできるだけ安くする方法

配送手数料をできるだけ安くする方法は「Uber One(ウーバーワン)」やフィルター機能を使うのがおすすめです。

Uber One(ウーバーワン)を利用する

Uber One(ウーバーワン)は、対象となる店舗で商品を注文すると、注文するたびに配送手数料が無料になるサービスです。

くまブロガー

対象店舗での商品代金の合計が、1,200円以上(レストラン以外だと1,400円以上)で適用されます。

はじめてUber One を利用される方は、1ヶ月無料でお試しできますし、いつでも解約ができます。

Uber One はサブスクリプションサービスで、月額498円(年間プラン3,998円)(税込)で利用できます。

配送手数料は、安いと50円〜注文ができますが、距離が遠いお店になると500円かかる場合もあるので、毎回配送手数料が無料になるのはかなりお得ですね!

フィルター機能を使って配送手数料の安いお店を選ぶ

Uber Eats にはフィルター機能があり、配送手数料が安いお店だけを表示することができます。

フィルター機能を使うことで、配送手数料が高いお店は表示されないので、お得に注文できるお店を検索することができますね。

友達紹介による割引クーポンを使う

Uber Eats では、友達を紹介することで、紹介する人される人どちらも利用できるクーポンをもらうことができます。

くまブロガー

友達紹介によるクーポンは、800円〜1,000円くらいのクーポンがもらえます。

友達紹介クーポンには、最低注文金額など条件がありますが、それでも十分お得に注文ができるので、手数料分無料にすることができますね。

テイクアウト注文して配送手数料無料にする

Uber Eats の手数料がかかるのは、基本的にデリバリー注文の時です。

くまブロガー

テイクアウトであれば、Uber Eats での手数料をかけずに注文することができます。

もちろん、テイクアウトなので自分でお店まで行って受け取りが必要ですが、お買い物のついでなどに利用すれば手数料をかけずに利用できますよね。

まとめ(Uber Eats の手数料は品代や距離で変動する)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文時にかかる手数料について解説してきました。

Uber Eats では、注文するたびに「配送手数料」・「サービス料」・「少額注文手数料」・「配達のオプション料」がかかる場合があります。

この記事のまとめ
  • 配送手数料はお店や距離によって変動する。
  • サービス料は品代の10%で350円が上限。
  • 少額注文手数料は品代700円未満で150円かかる。
  • 配達オプションは優先だと150円くらいかかる。
くまブロガー

Uber Eats の手数料は、デリバリーに対してかかるので、テイクアウトであれば手数料をかけずに注文できます。

また、デリバリーだとしても、配送手数料が安いお店を選ぶこともできますし、サービス料も最大350円までしかかかりません。

なので、Uber Eats を注文する際、そこまで手数料を気にせず注文することができますね!

この機会に、スマホでいつでも簡単に注文できるUber Eats のある生活を始めてみましょう‼︎

よかったらシェアしてね!
目次