Uber Eats 配達パートナー スマホで稼ぐ

Uber Eats 配達パートナーのミスでペナルティある?料理の誤配や破損させたら弁償になるか検証!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、自分の好きなタイミングで稼働できるということもあって、稼働する人が増えています。

そんなUber Eats 配達パートナーに興味はあるけど「配達業務でミスをしたらペナルティがあるのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • ミスが多いとペナルティの可能性あり。
  • 1〜2回のミスでペナルティや弁償はない。
  • ミスを起こさないためにできる対策。
くまブロガー
Uber Eats 配達パートナーがごく稀にやってしまうミスでペナルティを受けることはありません

ですが、Uber Eats 配達パートナーとして何回もミスを繰り返してしまうと、ペナルティとしてアカウントが停止されてしまう可能性があります。

誰しもミスをすることはあるので、同じミスを繰り返さないよう注意して稼働すれば問題ないので、あまり不安になる必要はありません。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働すれば、自分で稼ぐ力も身につくので、間違いやミスを恐れず新しい第一歩を踏み出してみましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーが直面しそうなミスの種類

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼働中に直面しそうなミスについて解説していきましょう。

 

誤配(お届け先の間違い)

Uber Eats 配達パートナーは、料理や商品を注文者へお届けするのが基本的な業務です。

お届けする場所は配達リクエストによって違いますので、Uber Eats 配達パートナーが同じお届け先に何度も配達に行くことはほとんどありません。

くまブロガー
Uber Eats 配達パートナーとして誤配をしてしまう可能性があるということですね。

配達リクエストによって毎回お届け先が違うので、Uber Eats 配達パートナーとしては間違えて配達してしまうことがあるということです。

もちろん、Uber Eats の注文者に直接手渡しすれば間違えないですが、最近では人との接触を避けるために置き配を希望される方もいます。

なので、Uber Eats 配達パートナーが届けたのが、まったく違うお届け先だったというケースがあるということですね。

 

商品の破損(こぼしてしまう)

Uber Eats 配達パートナーが配達する商品は、レストランで注文された料理がほとんどがです。

料理によっては汁系のもの(スープやドリンク)もあるので、Uber Eats 配達パートナーが配達中にこぼれてしまうことがあります。

注文者へお渡しする際に「商品が破損していた」、または「スープや飲み物がこぼれていた」というようなケースがあります。

Uber Eats 配達パートナーとしては、こういったトラブルがないよう気をつけていても、ごく稀に起きてしまうミスのひとつですね。

 

注文した料理内容に間違いがある

Uber Eats 配達パートナーは、レストランで料理を受け取る際、注文番号で自分の配達依頼の商品を確認します。

くまブロガー
レストランによっては中身を確認できることもありますが、配達できるようにまとめて袋に入っていることが多いんです。

料理を用意するレストランの人もミスをしてしまう可能性があるので、注文された料理の内容が違っていたり、品数が少なかったりすることがあります。

Uber Eats 配達パートナーとしてのミスではありませんが、注文者としては注文したものと違うという事実しかありません。

たとえレストランによるミスでも、Uber Eats 配達パートナーのミスになってしまう可能性があるということですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【Uber Eats】配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナーのミスによるペナルティとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがミスをすることで、どういうペナルティがあるのか解説していきましょう。

 

アカウント停止の可能性

Uber Eats 配達パートナーがミスをすると、警告として電話やメールで注意を受けることになります。

ただ、警告されたにも関わらずミスを多発させてしまうと、Uber Eats 配達パートナーのアカウントが停止されてしまう可能性があります。

アカウントが停止されると、Uber Eats 配達パートナーとして稼働できなくなってしまうんですよね。

なので、Uber Eats 配達パートナーは、ミスをしてしまった原因を考え、同じミスを繰り返さないために注意して稼働しなければいけません。

 

アカウントに対する低評価

Uber Eats を注文された方が、届けてもらった料理を食べようとしたら「汁がこぼれていた」なんてこともあります。

くまブロガー
Uber Eats 配達パートナーが注文者へ料理をお渡しする際、何も気づかなかったというケースですね。

こういった場合、ミスが後から発覚するので、Uber Eats 配達パートナーは注文者からは「低評価(バット)」を受けてしまう可能性があります。

Uber Eats 配達パートナーは、1件配達するたびにレストランと注文者から評価を受ける仕組みになっていて、満足度としてパーセント表示されます。

この満足度が低くなると、Uber Eats 配達パートナーのアカウントが停止される可能性があるので、料理を配達する際は注意が必要ですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーのミスをしてしまった時の対処法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがミスをしてしまった時の対処法について解説していきましょう。

 

パートナーセンターに連絡して対処する

Uber Eats 配達パートナーがミスをした時、どうしたらいいか判断できない時はパートナーセンターへ問い合わせましょう。

地域(エリア) 電話番号(フリーダイヤル)
東京 0800-080-4117
埼玉
千葉
神奈川(川崎・横浜) 0800-080-4255
愛知(名古屋) 0800-123-6931
大阪 0800-080-4270
兵庫(神戸) 0800-080-4288
京都 080-0170-0024
福岡 0800-080-4153
くまブロガー
Uber Eats 配達パートナーとして稼働中、緊急性を要するミスやトラブルが起きた場合には、上記の電話番号へ問い合わせます。

ミスやトラブルに応じて、パートナーセンターの方がどう対応すればいいか教えてくれるので、まずはパートナーセンターに問い合わせると安心ですね。

あまり緊急性はないけど問い合わせが必要という場合はUber Driver アプリのヘルプからメッセージで問い合わせましょう。

 

パートナーセンターにつながらない時の対処法

パートナーセンターに問い合わせたけど、電話がつながらないという場合もありえます。

そういった場合は、Uber Eats 配達パートナーの裁量(自分で判断して対応すること)となってしまいます。

もし、Uber Eats 配達パートナーが配達中に転んでしまって、お届けするはずの商品を破損させてしまった場合、どうして対処すればいいか判断できないですよね。

パートナーセンターに問い合わせてもつながらない場合、まずUber Eats 注文者へ連絡して謝罪し、可能であればレストランへ戻って謝罪して料理を作り直してもらうのが良いでしょう。

その間に、パートナーセンターに連絡がつく可能性があるので、これまでの経緯を説明して料理の作り直しに対する対応をしてもらうと良いですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーができるだけミスしないための対策

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが、できるだけミスをしないための対策について解説していきましょう。

 

誤配しないための対策

Uber Eats 配達パートナーが誤配をしないための対策を解説していきます。

 

住所や地図をよく確認する

Uber Driver アプリには、注文者のお届け先住所が表示されていますが、稀にピンずれすることがあります。

お届け先とは違う場所にピンがたってしまうことがあるので、表示されている情報に間違いがないか確認しておくと安心です。

表示されている住所と位置情報が正しいか確認するには、住所をGoogleマップで検索してみると良いでしょう。

 

お届け先に不安がある場合は連絡する

最近では、Uber Eats でも料理を置き配で注文される方が多くなっているので、お届け先住所が正しいかどうか不安になることもあるはずです。

また、お届け先住所に到着したけど、注文者の表札がなくて正しいかどうか分からないということもありますよね。

くまブロガー
そういった場合、玄関先でチャイムを鳴らして、Uber Eats のお届けで置き配していくことを伝えておくと安心です。

注文者の中には、チャイムを鳴らさないで置き配してほしいという人もいるかもしれませんが、お届け先を間違えてしまうより全然良いですよね。

Uber Eats 配達パートナーとしてミスをしないよう最善を尽くしている結果なので、ミスを起こさないために丁寧な対応を心がけましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

商品を破損させたりこぼさないための対策

レストランで受け取った商品を破損させたりしないための対策を解説していきます。

 

配達バッグの入れ方を工夫する

Uber Eats 配達バッグは、たくさん入れられるように大きく設計されています。

ただ、Uber Eats の注文によっては、ドリンクだけの注文というケースもあるので、配達バッグにただ入れるだけだとこぼれてしまいますよね。

もちろん、レストランでドリンクが倒れないよう対策をしてくれている場合がありますが、Uber Eats 配達パートナーもバッグに入れる際は、何かしらの対策をする必要があります。

Uber Eats の配達バッグは、マジックテープで仕切りを作れるようになっているので、衝撃で商品が動かないよう大きさに合わせて仕切りをつけると良いですね。

 

焦らず丁寧な走行を心がける

Uber Eats 配達パートナーは、配達件数が多くなれば多くなるほど稼げるので、お届け先まで必要以上に急いでしまいがちですよね。

もちろん、Uber Eats 配達パートナーとして稼働している以上、稼ぎたいという気持ちが強いのはわかりますが、配達リクエスト1件ずつ丁寧に対応することも重要です。

くまブロガー
いくら配達件数を多くこなしても、ミスやトラブルが多ければ全く意味がありません。

なので、Uber Eats 配達パートナーは、ミスをしないためにもひとつひとつ丁寧な配達を心がけて稼働するようにしましょう。

 

注文品の数量や内容に間違いないか確認する

Uber Eats 配達パートナーは、レストランで注文品を受け取る際「注文番号」で、自分が配達する商品を確認します。

Uber Driver アプリでは、注文番号に対する注文内容を確認できるようになっています。

Uber Driver アプリで注文番号の記載がある欄の右側に、縦に並ぶ三つのドットがある丸いアイコンをタッチすると、注文内容を確認することができます。

商品を開けて確認できないまでも、レストランの方に注文品の数量や内容に間違いがないか、ひとつずつ確認してから受け取るようにしましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【Uber Eats】配達パートナー募集

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナーのミスによるペナルティ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「ミスでペナルティはあるのか?」という内容について解説してきました。

Uber Eats 配達パートナーも人ですから、ミスをしてしまうこともあるのは事実です。

万が一、Uber Eats 配達パートナーがミスをしてしまっても、ペナルティはありませんし、商品代金を弁償させられることもありません。

ですが、同じようなミスを繰り返したりすると、Uber Eats 配達パートナーのアカウントが停止されてしまう可能性もあります。

Uber Eats 配達パートナーとしてミスをしないのが1番ですが、万が一ミスをしてしまった場合、今後同じようなミスをしないための対策をすれば問題ありません。

なので、これからUber Eats 配達パートナーとしての稼働を検討されている方は、そういったミスやトラブルを心配しすぎなくて大丈夫です!

Uber Eats 配達パートナーは、今の時代にあった働き方ですし、自分で稼ぐ力が身につくので新しいライフスタイルの第一歩を踏み出してみましょう‼︎

-Uber Eats 配達パートナー, スマホで稼ぐ