Uber Eats 配達パートナー

Uber Eats 配達リクエストはどういう仕組み?早押し?配達パートナーが依頼を受けるシステム検証!

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、稼働中の配達パートナーすべてに対して、配達リクエスト(配達依頼)を通知しているわけではありません

料理の受け取り(ピックアップ)や受け渡し(ドロップ)の位置情報をもとに、最も適しているUber Eats 配達パートナーへ配達リクエストを通知しています。

配達リクエストを受信した配達パートナーだけが、その依頼を受けることができる仕組みなので、配達パートナーどうしで配達リクエストを取り合うことはないんです。

なので、Uber Eats 配達パートナー初心者でも、配達リクエストを受けることができますので、安心して稼働することができます!

Uber Eats 配達パートナーは、いつでも好きなタイミングで稼働することができますから、休日やスキマ時間を利用して効率的に稼ぎましょう‼︎

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達リクエストの仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに通知される「配達リクエスト」が、どういう仕組みになっているのか解説していきます。

 

配達リクエストとは

配達リクエストとは、注文があったレストランで料理を受け取って、注文者(ユーザー)へ届けして欲しいという「配達依頼」のことです。

Uber Eats 配達パートナーに配達リクエスト通知がくるということは、現在地付近のレストランにUber Eats の注文があったことになりますね。

 

配達リクエストは早押しではない

Uber Eats 配達リクエストは、稼働しているUber Eats 配達パートナーすべてに通知されないので、早押しシステムではありません。

通知された配達リクエストは、受けたUber Eats 配達パートナーが優先して受けることができる依頼です。

落ち着いて配達リクエストを受けられるのは良いですよね!

Uber Eats のシステムは、Uber Driver アプリをオンラインにしている場所やタイミングによって、最も最適とされるUber Eats 配達パートナーに配達リクエストを通知しています。

早押しシステムだと、なかなか依頼を受けられないUber Eats 配達パートナーも出てくるかもしれません。

ですが、Uber Eats のシステムなら、配達パートナー初心者でも、稼働している場所やタイミングがあえば配達リクエストを受けられるので、安心して稼働することができますよね。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

配達リクエストによる情報

まず、Uber Driver アプリに通知される配達リクエストは、どんな情報が分かるのかみていきましょう。

 

配達リクエストでの報酬額

2021年5月よりUber Eats は新料金体系に変更されました。

配達リクエストの通知には、その配達リクエストを受けたら「いくらくらい報酬が得られるのか?」おおよその報酬額が表示されるような仕組みに変更されています。

もちろん、あくまで予想される報酬額なので、実際に配達業務が終わらないとはっきりとした報酬額は分かりません。

ただ、配達リクエストの時点でおおよその報酬額がわかるのはありがたいですよね。

 

受け取り(ピックアップ)情報

Uber Eats 配達パートナーが、Uber Driver アプリをオンラインにすると、配達リクエストを受ける状態になります。

引用元:Uber Eats 公式HP

以前は、配達リクエストが通知されると、Uber Driver アプリには「受け取り(ピックアップ)」するレストランまでの時間と住所が表示されていました。

その配達リクエストを受けた後に、ピックアップするレストランの「名前」と「住所」が表示されるような仕組みになっていたんです。

2021年5月より、新料金体系への変更によって、配達リクエストが通知された時点で受け取りに行くレストラン名も住所も分かるように変更されています。

なので、配達リクエストを受ける前に、Uber Eats 配達パートナーのいる地点からどこまで料理を受け取りに行くのか分かるようになったということです。

 

受け渡し(ドロップ)情報

以前までは、配達リクエストの通知を受けた時点では、注文者(ユーザー)のお届け先や住所は分かりませんでした。

お届け先情報は、Uber Eats 配達パートナーが配達リクエストを受け、レストランで料理を受け取り(ピックアップ)した後に表示されていたんです。

2021年5月より、新料金体系への変更によって、配達リクエストが通知された時点でお届け先の住所が分かるように変更されています。

Uber Eats 配達パートナーの現在地から何キロ離れた場所まで配達するのか、配達リクエストを受ける前に分かるようになったということです。

例えば、お届け先が現在地から4km離れた場所だったら、配達リクエストを受けないという選択肢もあるということになります。

ですが、配達リクエストを選びすぎると、Uber Eats 配達パートナーの評価となる応答率に影響してくるので注意が必要ですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達リクエスト割り振り方の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達リクエストが、システム上どのように配達パートナーへ割り振られているのか気になるところですよね。

 

配達リクエスト割り振り方は不明

Uber Eats による配達リクエストの割り振り方は、システムに関することですから明確になっていません。

仮に、Uber Eats 配達パートナーが同じ場所で待機していたとしても、どちらか一方の配達パートナーにしか配達リクエストが通知されないことになります。

どちらの配達パートナーも自転車なら同じ条件なので、その場合に何を優先しているかは分からないということです。

ですが、配達リクエストの割り振り方法が分かってしまったら、Uber Eats としても配達パートナーとしても稼働しにくくなるはずですよね。

割り振り方法が不明確だからこそ、Uber Eats 配達リクエストのシステムが、とてもスムーズに稼働している要因のひとつだと感じています。

 

配達リクエストは車両で違う可能性も

Uber Eats 配達リクエストは、Uber Eats 配達パートナーが稼働する車両によって違ってくる可能性も考えられます。

例えば、「自転車の配達パートナー」と「原付バイク(125cc以下)の配達パートナー」が、ほぼ同じエリアで稼働していることを想定しましょう。

仮に、自転車だと距離が遠くて時間がかかる配達リクエストなら、原付バイク(125cc以下)の配達パートナーへ優先的に通知される可能性があるということです。

あくまで可能性ですが、このように配達リクエストを割り振る方が効率的ですし、注文者(ユーザー)を待たせることなく料理のお届けができますよね!

 

配達パートナーの満足度・応答率の影響

Uber Eats 配達パートナーに対して、配達リクエストを割り振る要因だと噂されているのが、配達パートナーの「満足度(評価)」や「応答率」です。

 

配達パートナーの評価

Uber Eats 配達パートナーは、料理を受け取るレストランと注文者から、それぞれ評価(サムズアップ・サムズダウン)を受けます。

サムズアップとサムズサウンの数によって、満足度がUber Driver アプリに表示されるようになっています。

引用元:Uber Eats 公式HP

評価となる満足度はパーセンテージで表示されていて、この数値があまりにも低いと、アカウント停止になる可能性もあるくらい重要な指標となっています。

Uber Eats 配達パートナーの満足度が、配達リクエストの割り振りに関係しているかどうかは定かではありません。

ですが、Uber Eats 配達パートナーとしての重要な指標なので、配達リクエストの割り振りに関係している可能性はあるかもしれません。

 

配達パートナーの応答率

Uber Eats 配達パートナーの評価と同様に、重要な指標となっているのが「応答率」です。

応答率とは、通知された配達リクエストに対して、拒否やキャンセルしないでどのくらい受けているかをあらわしています。

配達リクエストを拒否したり、スルーし続けると応答率が下がっていきます。

Uber Eats 配達リクエストの割り振りに、応答率が関係しているかは定かではありませんが、応答率が低いと割り振りが少なくなる可能性も考えられるでしょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達リクエスト通知を受ける方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーによる、配達リクエストの受け方について解説していきましょう。

 

基本となる配達リクエストの受け方

Uber Eats 配達パートナーが、Uber Driver アプリをオンラインにした時点から、配達リクエストを受ける準備が整ったことを意味しています。

現在地付近のレストランにUber Eats の注文があれば、すぐにでもUber Driver アプリに配達リクエストが通知されてくる仕組みです。

実際に、Uber Eats 配達パートナーに配達リクエスト通知がきたら、Uber Driver アプリの下でタイマーが作動し始めます。

配達リクエスト通知がきた状態

配達リクエスト通知がきた状態

タイマーが終了する前に真ん中のアイコンをタップすると、配達リクエストを受けたことになるので、ピックアップ先となるレストランに向かいましょう。

 

同時配達リクエストの受け方

Uber Eats 配達パートナーの人数が少なかったり、より効率的に稼働してもらうために、同時配達を受けることができます。

 

同時配達リクエストの仕組み

通常の配達リクエストは、報酬として「受け取り」と「受け渡し」が、それぞれ1回の受取料金と受渡料金の合計となります。

ですが、同時配達リクエストの場合、配達リクエストが2回あることになりますが、受け取るレストランが同じなので、受取料金1回と受渡料金2回の合計となります。

配達リクエスト2回受けるよりも、同時配達リクエストの方が、受取料金が1回分少ないことになりますが、効率よく稼働するための仕組みとなっていることを理解しましょう。

 

同時配達依頼はまとめて来ない

Uber Eats 配達パートナーは、同時配達リクエストが通知されたかどうか判断することはできません。

最初に受けた配達リクエストは、あくまで通常の配達リクエストと同じように通知されるので、その配達リクエストを受けてからじゃないと分からないようになっています。

 

2件目はピックアップまでに通知

同時配達リクエストは、最初に受けた配達リクエストの料理をレストランにピックアップしに行く途中で通知されます。

同時配達リクエストとなる2件目も、通常の配達リクエストを受ける時と同じように、タイマーの真ん中にあるアイコンをタップするだけでOKです。

レストランに到着して、Uber Driver アプリをみると、2件分の注文番号が表示されているので、受け取りの際は間違えないように注意しましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

まとめ(Uber Eats 配達リクエストの仕組み)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達リクエストの仕組みについて解説してきました。

Uber Eats の配達リクエストは、稼働しているすべての配達パートナーへ通知されるのではなく、最も最適な配達パートナーに対して通知がされる仕組みとなっています。

早押しシステムではないので、配達リクエストが通知されたUber Eats 配達パートナーが、その配達リクエストを優先的に受けることができます。

Uber Eats 配達パートナー初心者だとしても、Uber Eats 配達リクエストの仕組みなら、安心して稼働することができますよね!

2021年5月現在、パートナーセンター休業中のため、すべてオンラインで登録できますので、この機会にUber Eats 配達パートナーとして稼働してみましょう‼︎

-Uber Eats 配達パートナー

© 2021 スマホで繋がる人と未来