スマホで繋がる人と未来へようこそ

Uber Eats 配達パートナーは配達依頼拒否できる?応答率が低いとペナルティを受けるのか検証!

Uber Driverアプリに配達依頼がきたら、基本的にその配達依頼を受けることになりますが、どうしても受けられないことがあるので「配達依頼(配達リクエスト)を拒否」することできるようになっています。

ですが、Uber Driverアプリがオンラインだと、Uber Eats 配達パートナーとして稼働できる状態であることを意味しているので、なるべく配達依頼を受けるのがいいでしょう。

この記事でわかること

  • Uber Eats の配達依頼拒否とは。
  • 配達依頼拒否をしてしまう理由
  • 配達依頼拒否によるペナルティ。
  • 配達依頼拒否ではなくスルーもできる。

最近では、配達依頼の時点でドロップ先(お届け場所)まで分かるので、時間や距離的に難しい場合には拒否しても問題ありません。

ただ、何度も連続して配達依頼拒否すると、一時的に配達依頼が来なくなることもあるので、受けられない時はオフラインにしておくと安心です。

配達依頼は状況によって拒否できるので、安心してUber Eats 配達パートナー登録しましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーの配達依頼拒否とは

Uber Eats 配達パートナーは、やむを得ず配達依頼を受けることが出来ない場合、配達依頼(配達リクエスト)を拒否することができます。

ただ、配達依頼拒否と聞くと、配達をキャンセルすることのように感じますが、Uber Eats の場合「配達依頼拒否」と「キャンセル」は意味が違います。

配達依頼拒否とキャンセルの違い

配達依頼の「拒否」と「キャンセル」という言葉だけだと同じ意味に受け取られがちですが、Uber Eats の場合は意味が違います。

Uber Eats は、

拒否とキャンセルの違い
  • 配達依頼拒否は、配達依頼を受ける前に拒否すること。
  • 配達キャンセルは、配達依頼を受けた後にキャンセルすること。

というように、それぞれ違う意味を持っていることを理解しておきましょう。

配達依頼拒否しないための対処法

Uber Eats 配達パートナーは、配達依頼(配達リクエストを拒否することができますが、Uber Eats の「注文者」や「レストラン」に対して遅延の原因になってしまう可能性があります。

どうしても、配達依頼を受けることが出来ない状況になった場合は、速やかにUber Driverアプリをオフラインにして、配達依頼を受けないようにすることが大切です。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーが配達依頼拒否してしまう理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが、Uber Driverアプリをオンラインにしているにも関わらず、配達依頼を拒否するのにはいくつか理由があります。

ダブルピック(同時配達)になる

Uber Eats 配達パートナーが配達依頼を受けた後、さらにもう1件追加で配達依頼がくる場合があります。

ダブルピックとは

レストランに2件注文が来ている場合、Uber Eats 配達パートナーが料理を2件分同時に受け取り、2箇所に配達することをダブルピック(同時配達)と言います。

レストランとしては、2件同時に配達してもらえる方が効率的で良いかもしれませんが、Uber Eats 配達パートナーとしてはそれぞれ別の場所に配達しなければいけません。

当然、Uber Eats 配達パートナーは、2件の配達依頼を同時に配達することになるので、配達する場所によって2件目の配達がかなり遅れてしまう可能性があります。

Uber Eats 配達パートナーとしての経験が豊富であれば、ダブルピックでも問題なくこなせると思いますが、初心者の場合は1件ずつ対応していくのが安心ですね。

配達中でまだ時間がかかる

Uber Eats 配達パートナーは、配達中だとしてもUber Driverアプリをオンライン状態にしておくことができます。

なので、配達中だとしてもUber Driverアプリがオンラインなら配達依頼がくるので、まだ時間がかかりそうなら配達依頼拒否しないといけません。

配達が完了しそうなタイミングなら問題ないかもしれませんが、ダブルピックと同じように配達の遅延が起きそうだと判断した場合には、配達依頼拒否する方が良い場合もあります。

距離的にロングピックになる

Uber Eats Driverアプリに配達依頼が来ると、現在地からドロップ先(お届け先)までの情報に加えて「およその時間と距離」が表示されるようになっています。

Uber Driver アプリ表示例

Uber Driver アプリには「合計19分・距離2.6km」が表示されます。

なので、もしUber Eats Driverアプリに「合計30分・4.8km」という感じに表示されたら自転車だとかなりロングになってしまいます。

しかも、レストランからUber Eats 注文者のお宅まで、どのくらいの距離があるのか料理を受け取るまで分かりませんから、Uber Eats 配達パートナーとしては遅延によるクレームなどリスクが多くなります。

なので、ロングピックが配達依頼拒否につながる要因になっているんですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats の配達依頼を拒否した時のペナルティ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが、配達依頼を拒否したら何かしらの「ペナルティ」があるのか気になりますよね。

配達依頼拒否をしても明確になっているペナルティはありませんが、あまりにも回数が多いとペナルティの対象となることがあるようです。

配達依頼(配達リクエスト)が入りにくい

配達依頼(配達リクエスト)を何度も拒否していると、Uber Eats としては「また拒否される可能性がある」と判断し、配達依頼をあまりしなくなる可能性があります。

配達依頼拒否を何回したらというような明確な数字は開示されていませんが、Uber Eats 配達パートナーがUber Driverアプリでオンラインにしている限り「配達できる状態」ということなので、なるべく配達依頼を受けることが望ましいですね。

応答率が低いとアカウント停止になる?

Uber Eats 配達パートナーが配達依頼拒否をすると、Uber Driverアプリの「応答率(%)」が低くなります

配達依頼拒否によって、アカウントが停止されるまでになることはなさそうですが、応答率があまりにも低すぎると、Uber Eats としてはアカウント停止も検討することになるようです。

なので、どうしても配達依頼を受けられない場合にだけ、配達依頼拒否をすることが望ましいでしょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats の配達依頼拒否ではなくスルーもできる

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが、どうしても配達依頼を受けられそうにない場合は、配達依頼を「スルーする」こともできます

配達依頼をスルーすると、その依頼は他の配達パートナーに、再度配送依頼がされるようになるんです。

なので、配達依頼を拒否するわけではないので、応答率に影響しませんが、配達依頼拒否のように数多くスルーしてしまうと、配達依頼があまりこなくなってしまいます。

あくまでも、Uber Eats 配達パートナーとして配達中だったり、「どうしても配達依頼を受けることが出来ない時にだけ」スルーを活用するようにしましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

まとめ(Uber Eats の配達依頼拒否について)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「配達依頼拒否」について解説してきました。

配達依頼拒否とは、Uber Driverアプリがオンラインにも関わらず、配達依頼(配達リクエスト)を受けないことを意味しています。

Uber Driverアプリがオンラインなら、配達依頼を受けることが基本ですが、すでに配達中だったりした場合には「配達依頼拒否」をする必要があります。

配達依頼拒否を繰り返すと、Uber Eats から配達依頼があまり来なくなったりするので、なるべく配達依頼を受けるのが良いでしょう。

どうしても配達依頼を受けられない場合は、配達拒否するのではなく「配達依頼をスルー」するのがおすすめです。

配達依頼のスルーは、配達依頼拒否と同じ扱いで「応答率が低くならない」だけですから、あまり繰り返さないようにしましょう。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働し始めだと、慣れないことも多く出てくるので、配達依頼を受けられそうにない状況の場合は「Uber Driverアプリをオフライン」にしておくと安心ですね!