スマホで繋がる人と未来へようこそ

Uber Eats など配達パートナーに補償制度はある?各フードデリバリーの補償内容や適用条件を比較!

Uber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、DiDi Food、menuの配達パートナーは、自転車・スマホ・配達バッグを用意するだけで、気軽に始められるのが良いですよね。

ただ、自転車といっても車両ですから、事故にあった時の補償や保険のことは、稼働する前にしっかりと認識しておく必要がありますよね。

この記事でわかること

  • Uber Eats ・DiDi Food・menuは補償制度あり。
  • 出前館は補償制度がなく自分で加入の必要がある。
  • 配達パートナー業務におすすめの保険。

出前館以外のフードデリバリーサービスは、それぞれ独自の補償制度があります。

フードデリバリーサービスによって、自転車で稼働する配達パートナーへの事故補償は、それぞれ補償内容、補償金額、補償適用条件など違います。

この記事では、Uber Eats 、出前館、DiDi Food、menuの配達パートナーとして登録・稼働するのに、事故による補償制度がどうなっているのか詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

Uber Eats 、出前館、DiDi、menu配達による事故補償制度

Uber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、DiDi Food、menu配達パートナーが自転車で稼働中に起きた事故補償があるのか、わかりやすく表にまとめてみました。

車両 対人補償 対物補償 配達パートナー
自身の補償
Uber Eats 全ての
車両
出前館
DiDi Food 全ての
車両
menu 自転車
のみ

Uber Eats 、DiDi Food、menuは、それぞれ補償内容に違いはありますが、対人・対物だけでなく配達パートナー自身にも補償が用意されています。

スマじろう
出前館は、出前館配達パートナーに対する補償がないため、自分自身で保険に加入しなければいけません。

Uber Eats 、出前館、DiDi Food、menu配達パートナーは、すべて個人事業主として登録するので、基本的には補償がなく自分自身で保険に加入して稼働するのが一般的でしょう。

なので、出前館のスタイルが一般的ということなりますが、Uber Eats 、DiDi Food、menuは、それぞれ事故に対する補償があるので、配達パートナーとしては安心して稼働することができますね。

Uber Eats 、出前館、DiDi、menu配達による事故補償内容

Uber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、DiDi Food、menuそれぞれの自転車による事故補償内容について解説していきましょう。

事故による補償が適用される条件

まず、自転車で稼働中の事故による補償が適用される条件について、正しく理解しておく必要があります。

基本的に、どのフードデリバリーサービスも配達パートナーに過失がある場合は、補償が適用されない可能性があるので、交通ルールやマナーをしっかり守って稼働するようにしましょう。

Uber Eats 配達パートナー適用条件

Uber Eats 配達パートナーの事故補償は、自転車・原付バイク・バイク・軽自動車といった車両すべてに適用されます。

注意

Uber Eats 配達パートナーとして稼働中の時にだけ補償が適用されます。

稼働中とは、配達依頼を受けた時点から、配達が完了またはキャンセルされるまでのことです。

なので、配達依頼を受ける前の移動や待機中に起きた事故、または、注文者への配達完了後に帰る時に起きた事故は適用されません。

事故が発生したタイミングによっては、補償が適用されないことになるので、自分自身でも保険に加入しておくと安心ですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

出前館配達パートナー適用条件

出前館業務委託配達パートナーは事故による補償がないため、配達パートナー自身で保険に加入しなければいけません。

また、出前館業務委託配達パートナー登録時に、保険に加入している書類の提出を求められるので、自転車で稼働するとしても必ず保険への加入が必要です。

▶︎[公式]出前館配達パートナー募集こちら↗︎

DiDi Food配達パートナー適用条件

DiDi Food配達パートナーの事故補償は、自転車・原付バイク・バイク・軽自動車といった車両すべてに適用されます。

注意

DiDi Food配達パートナーとして稼働中に生じた事故に対してのみ適用されます。

DiDi Foodの配達中とは、配達リクエストを受けた時点から配達が完了、もしくは、キャンセルするまでの間に起きた事故が対象です。

▶︎[公式]DiDi Food配達パートナー登録↗︎

menu配達クルー適用条件

menu配達クルーの事故補償は、登録している車両が自転車のみ適用されるようになっています。

注意

menu配達クルーとして自転車で稼働中に生じた事故にのみ適用されます。

menuの配達中とは、配達依頼受付(配達リクエストを受けた地点)から配達完了(注文者へ料理をお届けした地点)までが対象ということです。

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

対人・対物に関する補償内容

対人 対物
Uber Eats 1億円 1億円
出前館
DiDi Food 3億円 3億円
menu 非公開 非公開

対人・対物に関して自転車の保険を調べてみると、補償額として1億円という保険が多いので、Uber Eats の補償額は一般的といえるでしょう。

その中でも、DiDi Foodは、配達パートナーの事故に対する補償額が「3億円」となっているので、かなり手厚いサポートになっていますね。

配達パートナー自身の補償内容

医療
見舞い金
入院
見舞い金
死亡
見舞金
葬式費用 後遺障害
見舞金
Uber Eats 25万円 最大22.5万円
(7,500円/日)
1,000万円 100万円 1,000万円
出前館
DiDi Food 通院:最大45万円
入院中の手術:75,000円
入院を伴わない手術:37,500円
最大135万円
(7,500円/日)
1,000万円 100万円 実際に
要した金額
menu 最大40万円 最大22.5万円
(7,500円/日)
1,000万円 最大100万円 最大1,000万円

対人・対物だけでなく、配達パートナー自身が事故によって怪我をした場合、怪我の状態によって入院、手術になったとしても補償されるようになっています。

配達パートナー自身の補償も、DiDi Foodは、他のフードデリバリーサービスに比べて手厚いサポートですので、DiDi Food配達パートナーは安心して稼働することができるでしょう。

Uber Eats 、出前館、DiDi、menu配達業務おすすめ保険

Uber Eats(ウーバーイーツ)、DiDi Food、menu配達パートナーは、自転車による事故の補償がされていますが、自分自身でも保険に加入しておくと安心です。

また、出前館配達パートナーは補償がないので、自分自身で保険に加入して、万が一の事故に備えなければいけません。

どのフードデリバリーで稼働するとしても、それぞれが提供している保険だけに頼らず、自分自身でも万が一の事故に備えることが大切です。

自転車で稼働する場合

配達パートナーとして自転車で稼働される方におすすめの保険について解説していきましょう。

TSマーク自転車保険

自転車で稼働する場合でも、各フードデリバリーサービスが提供している補償だけでなく「TSマークの自転車保険」への加入がおすすめです。

補償内容 TSマーク
(赤色)
TSマーク
(青色)
傷害補償 死亡、または、
重度後遺障害
(1~4級)
100万円 30万円
15日以上の入院 10万円 1万円
被害者見舞金 15日以上の入院 10万円
賠償責任補償 死亡、または、
1~7級重度後遺障害
1億円 1,000万円

TSマーク自転車保険は、事故に対する最低限の補償が付いています。

ただ、TSマーク自転車保険には対物補償が付いていないため、出前館配達パートナーの場合、TSマーク自転車保険意外の保険にも加入しないと登録ができないでしょう。

くまブロガー
出前館が推奨するのは対人・対物どちらも補償される保険です。

TSマーク自転車保険は業務中も対象

また、一般的な自転車保険の多くは、業務中の事故が適用されないことが多いんですが、TSマークの自転車保険は業務用として利用している場合でも適用されます。

TSマークの自転車保険は、人に対してかけられる保険ではなく、自転車安全整備士によって点検された自転車に対する保険なので、配達パートナーだけでなく、家族や友人がその自転車に乗ったとしても補償が適用されるんです。

TSマーク自転車保険の料金

TSマーク
(赤色)
TSマーク
(青色)
保険料 約2,000円 約1,500円
保証期間 取得より1年間

TSマーク自転車保険は、1年おきに自転車安全整備士による点検が必要となりますが、赤色でも「約2,000円前後(1年間)」で加入することができるので、料金的にも安くて加入しやすくなっています。

月額にすると約200円弱ですし、万が一業務以外での事故に備えて、TSマーク自転車保険に加入しておくのがおすすめですね。

TSマーク自転車保険の加入方法

TSマーク自転車保険は、自転車安全整備士による点検によって、TSマークのシールを自転車に貼ることで加入となります。

自転車を購入したお店が「自転車安全整備店」であれば、自転車を持っていって点検してもらうことでTSマーク自転車保険のシールを貼ることが可能です。

自転車安全整備店は、こちらのサイトから検索できるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

原付バイクなどで稼働する場合

原付バイクは、自賠責保険への加入が義務付けられていますが、事故によっては自賠責保険だけで補償できないケースがあります。

なので、配達パートナーを原付バイクなどの車両で稼働する場合、任意保険への加入をしておくと安心です。

オートバイ用品専門店の「2りんかん」は、東京海上日動の保険代理店となっていて、フードデリバリーサービスの配達パートナーが任意保険として加入できるようになっています。

2りんかんは全国的に店舗を展開しているので、配達パートナーとして任意保険に加入されたい方は、こちらの公式サイトから問い合わせてみると良いでしょう。

まとめ(Uber Eats 、出前館、DiDi、menuの補償制度)

Uber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、DiDi Food、menu配達パートナーの自転車による事故補償について解説してきました。

出前館以外のUber Eats 、DiDi Food、menuは、配達パートナーが自転車による「配達中の事故」が起きた場合、対人・対物だけでなく配達パートナー自身の補償もされるようになっています。

ただ、補償が適用されるのは、あくまで配達中(配達リクエストを受けてから配達完了またはキャンセルされるまで)ですので、限定的なものとなっています。

配達パートナーが、配達リクエストを受けるための移動や、配達完了地点から帰宅するまでの移動で事故が起きた場合には、補償は適用されません。

なので、配達パートナー自身でも、万が一の事故に備えて保険に加入しておくのがおすすめですね。