DiDi Food 配達パートナー menu(メニュー)配達クルー Uber Eats 配達パートナー スマホで稼ぐ 出前館配達員(個人業務委託)

Uber Eats 、出前館、menu、DiDi Foodの配達業務を比較!エリア、報酬、システムなど徹底検証!

フードデリバリーサービスといえばUber Eats(ウーバーイーツ)や出前館というイメージを持たれる方も多いでしょう。

ですが、最近ではmenu(メニュー)やDiDi Food(ディディフード)なども加わり、フードデリバリー業界全体が盛り上がっています。

また、どの企業も個人事業主として契約なので、自分の好きなタイミングで配達できますから、時間に縛られない働き方を選ぶ人も増えているということですね。

一方で、どのフードデリバリーサービスに登録して配達業務を行うか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

この記事でわかること

  • Uber Eats 、出前館、menu、DiDi Food対応エリア
  • Uber Eats 、出前館、menu、DiDi Food配達システム
  • Uber Eats 、出前館、menu、DiDi Food報酬の仕組み
  • Uber Eats 、出前館、menu、DiDi Foodの選び方
くまブロガー
配達業務が初めてなら、Uber Eats での配達がおすすめです。

その理由は、Uber Eats のシステムや配達時に使うUber Driver アプリが使いやすく、初心者でも安心して配達業務を行うことができるからです。

なので、これから配達業務を希望される方は、Uber Eats(ウーバーイーツ)でスタートしてみましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

▶︎[公式]出前館配達員の登録はこちら↗︎

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

この記事では、人気が高いUber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、DiDi Food(ディディフード)、menu(メニュー)4社を比較しています。

これから配達のお仕事を検討されている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

 

Uber Eats 、出前館、DiDi Food、menuの対応エリア

フードデリバリーサービスで配達業務をする場合、まず「配達したいエリアがサービス対応エリアかどうか?」知っておく必要があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ) 、出前館、DiDi Food(ディディフード)、menu(メニュー)どの企業と契約しても、対応エリアまで行ければ配達ができませんよね。

まず、配達したい地域やエリアが配達業務に対応しているかどうかを確認していきましょう。

DiDi Foodは2022年5月25日でサービス終了

対応
エリア
Uber Eats 出前館 DiDi Food
menu
北海道 北海道 北海道 北海道
東北 青森県
岩手県
秋田県
山形県
宮城県
福島県
青森県
岩手県
秋田県
宮城県
山形県
福島県
青森県
岩手県
秋田県
山形県
宮城県
福島県
関東 東京都
埼玉県
千葉県
栃木県
群馬県
神奈川県
東京都
埼玉県
千葉県
栃木県
群馬県
神奈川県
東京都
埼玉県
茨城県

千葉県
栃木県
群馬県
神奈川県
中部 新潟県
富山県
石川県
福井県

長野県
岐阜県
愛知県
静岡県
山梨県
新潟県
富山県
石川県
福井県

長野県
岐阜県
愛知県
静岡県
山梨県
愛知県(21年4月頃) 新潟県
富山県
石川県
福井県

長野県
岐阜県
愛知県
静岡県
山梨県
近畿 三重県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
滋賀県
三重県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
滋賀県
大阪府
京都府
兵庫県
三重県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
滋賀県
中国 広島県
島根県
岡山県
鳥取県
山口県
広島県
島根県
岡山県
鳥取県
山口県
広島県(21年3月下旬) 広島県
島根県
岡山県
鳥取県
山口県
四国 徳島県
香川県
愛媛県

高知県
徳島県
香川県
愛媛県

高知県
徳島県
香川県
愛媛県

高知県
九州
沖縄
福岡県
長崎県
佐賀県

宮崎県
大分県
熊本県
鹿児島県
沖縄県
福岡県
長崎県
佐賀県

宮崎県
大分県
熊本県
鹿児島県
沖縄県
福岡県 福岡県
長崎県
佐賀県

宮崎県
大分県
熊本県
鹿児島県
沖縄県

上の表を見ても分かるように、DiDi Foodをのぞく3社すべてが全国展開しているので、配達するエリアを気にすることなく選ぶことができますね。

くまブロガー
ただ、全国展開していても、地域やエリアによっては対応していないところもあり得ます。

各フードデリバリーサービスの注文アプリを使えば、ご自身が配達したいエリアが対応しているかどうか確認することができます。

まずは、配達したいエリアがサービスを提供しているエリアかどうか確認しておくと安心ですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

▶︎[公式]出前館配達員の登録はこちら↗︎

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

 

Uber Eats 、出前館、DiDi Food、menuの配達システム

Uber Eats(ウーバーイーツ) 、出前館、DiDi Food(ディディフード)、menu(メニュー)の配達システムについて解説していきましょう。

 

配達依頼(配達リクエスト)

配達依頼(配達リクエスト)とは、配達業務を依頼することです。

それぞれのフードデリバリーサービスによって、配達クエスト(配達依頼)をする方法が違います。

DiDi Foodは2022年5月25日でサービス終了

配達リクエスト
(配達依頼)
Uber Eats 出前館 DiDi Food menu
早押し
(一部早押し)
GPS
(位置情報)
自動注文受付

配達リクエストには、主に「早押し」と「GPS(位置情報)」といった2種類のシステムがあります。

早押しシステムは、文字どおり届いた配達依頼を最も早く受けた人が業務を行うことができる仕組みです。

一方、GPS(位置情報)は、注文があったレストランに近い人を選択して配達依頼をするので、配達依頼を待っている人の位置情報をもとにシステムが判断しています。

Uber Eats や出前館、DiDi Foodは、効率的に業務を行えるように、位置情報による配達リクエストのシステムを利用していますが、menuは早押しシステムを導入しています。

DiDi Foodは、自動注文という設定ができ、配達依頼を受ける作業を自動でおこなうシステムがあるので、配達中でも次の配達リクエストを取り逃がすことがありません。

menuは最近、GPS(位置情報)も取り入れている傾向があるため、「早押し」と「GPS(位置情報)」両方にマークが付いています。

自分がどのシステムの方がやりやすいか判断する必要がありますが、どちらでも配達リクエストを受けられないということはありません。

それだけ多くの注文がありますし、配達するタイミングや天候にもよるので、どちらでも稼ぐことができるようになっています。

 

ピックアップ・ドロップ先情報

配達業務は、注文があった料理をレストランにピックアップ(受け取り)に行って、注文者へドロップ(受け渡し)するまでが一連の業務となっています。

配達依頼を受ける際、気になるのが「レストランまでの距離(ピックアップ先)」「注文者へお届けするまでの距離(ドロップ先)」ですよね。

DiDi Foodは2022年5月25日でサービス終了

配達リクエスト
通知時点
Uber Eats 出前館 DiDi Food menu
ピックアップ先
(距離)
ピックアップ先
(レストラン名)
ドロップ先
(住所情報)

配達業務を行う場合、現在地から近い距離の配達リクエストを何件もこなせる方が効率的に稼げますので、ピックアップ先とドロップ先の情報が欲しくなります。

上の表をみても分かるように、ピックアップ・ドロップ先の情報は、それぞれのフードデリバリーサービスによって導入しているシステムが違います。

 

Uber Eats のピック・ドロップ情報

Uber Eats は新料金体系への変更と同時に配達依頼の仕組みも変更され、ピックアップとドロップ情報が分かるようになっています。

なので、配達リクエストを受ける時点で受け取り先もお届け先も分かるので、その情報をみて受けるかどうか判断することが可能になったということです。

ですが、Uber Eats には、評価を表す「応答率」がありますので、あまり拒否が多いと配達リクエストが制限される可能性もあるので注意しましょう。

 

出前館のピック・ドロップ情報

出前館配達員(個人業務委託)は、新システムが導入され、受取に行く店舗名やお届け先住所が表示されるようになっています。

また、出前館配達員(個人業務委託)は、基本報酬に加えて距離報酬が追加されたので、店舗からお届け先までの距離も表示されるようになっています。

なので、出前館配達員(個人業務委託)は、配達依頼を受けた時点で内容を確認して受けるかどうか判断ができます。

ですが、連続して配達依頼を受けないと、一時的に出前館Driverアプリが自動的にオフラインになるので気をつけましょう。

 

menuのピック・ドロップ情報

menuは、配達リクエストを受ける際、ピックアップ先までの距離だけしか表示されないので、レストラン名も表示されません。

menu配達クルーが配達依頼を受けると、ピックアップ先のレストラン名や住所が表示されるので、料理を受け取りに行きます。

配達リクエストの際、ピックアップ先とドロップ先のすべての情報が分かってしまうと、距離が遠い配達リクエストを受ける人がいなくなってしまいますよね。

なので、menu配達クルーの間で公平性を保つためにも、ピックアップ先とドロップ先情報は表示されていないということです。

 

 DiDi Foodのピック・ドロップ情報

DiDi Foodは2022年5月25日でサービス終了

一方、DiDi Foodは、配達リクエストを受ける前にピックアップ先とドロップ先が分かる仕組みになっているので、自分にあった配達リクエストを選ぶことができます。

ただ、配達業務に慣れてくると、配達依頼を待つ場所が同じエリアになってくる可能性はあるので、希望の配達リクエストを必ず受けらるわけではありません。

配達するエリアやタイミングによって、現在地から遠い配達リクエストしか受けられない場合もあるので、曜日や時間帯など工夫してうまく配達することが大切ですね。

ピックアップ先とドロップ先が「分かるシステム」と「分からないシステム」は、人によって好みがわかれるので、自分にあったシステムを選ぶようにしましょう。

 

注文アプリへの顔写真表示

フードデリバリーサービスの注文アプリには、顔写真(プロフィール写真)が表示されているのが一般的となっています。

顔写真を公開することで、注文者としてはどんな人が届けてくれるのか分かるので、安心して待つことができるという仕組みです。

とはいえ、配達業務を行う人からすると、できれば顔写真を公開したくないというのが本音ではないでしょうか?

DiDi Foodは2022年5月25日でサービス終了

顔写真
(プロフィール写真)
Uber Eats 出前館 DiDi Food menu
アプリ公開
有無
あり なし
あり あり

上の表をみても分かるように、Uber Eats 、DiDi Food、menuは、登録する時に顔写真をアップロードして提出する必要がありますし、ドライバーアプリや注文アプリに顔写真が表示されます。

ですが、出前館配達員(個人業務委託)は、登録の際に顔写真をアップロードして提出する必要もありませんし、アプリ上に顔写真が公開されることがありません。

くまブロガー
顔写真の公開がネックな方は出前館配達員(個人業務委託)として配達すると安心です。

新システム導入により、プロフィール写真の登録機能が追加されたので、今後公開される可能性があります。

出前館配達員(個人業務委託)は、顔写真だけでなく電話番号も表示されないので、注文者から直接連絡ができないようになっています。

もちろん、出前館配達員(個人業務委託)は、注文者に対して電話連絡できますが、基本的に問い合わせはサポートセンターが受ける仕組みになっています。

なので、現状では、出前館配達員(個人業務委託)の顔写真を公開しなくても問題ないということでしょう。

配達業務には興味はあるけど顔写真を公開するのはちょっと・・・と思っていた方は、出前館配達員(個人業務委託)がおすすめですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

▶︎[公式]出前館配達員の登録はこちら↗︎

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

 

Uber Eats 、出前館、DiDi Food、menuの報酬の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ) 、出前館、DiDi Food(ディディフード)、menu(メニュー)の配達業務を行って得られる報酬について解説していきます。

報酬を算出する例として、

配達条件

  • 配達エリア:大阪府
  • 配達車両:自転車
  • ピックアップ距離:2km
  • ドロップ距離:2km

ということを前提で解説していきましょう。

DiDi Foodは2022年5月25日でサービス終了

報酬 Uber Eats 出前館 DiDi Food menu
受取料金 新料金体系
による変動制
新料金体系
による変動制
(2022年8月〜)
自転車
(140円)
バイク・軽自動車
(150円)
受渡料金 自転車
(150円)
バイク・軽自動車
(150円)
距離料金 自転車
(45円/km)
バイク・軽自動車
(50円/km)
固定料金 1回配達
(260円)

距離(km)x距離(km)x20(円)
サービス
手数料
10% 無料
(キャンペーン中)
10%
インセンティブ
有無
あり なし あり あり
ブースト
有無
あり あり あり あり
1回の配達報酬
(ピック2km,
ドロップ2km)
変動制 670円 340円 580円

※インセンティブやブーストは曜日や時間帯で違うので、1回の配達報酬には含めていません。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬

Uber Eats の報酬は、

Uber Eats 報酬システム

【新料金体系】
基本金額(受取+受渡+距離+予定時間報酬) + 配達調整金 + インセンティブ

【旧料金体系】
報酬 =「基本料金(受取料金+受渡料金+距離料金) - 手数料」+「インセンティブ」

という計算式で算出されます。

Uber Eats の距離料金は、ピックアップ先からドロップ先までしかカウントされません。

くまブロガー
現在地からピックアップ先のレストランまで移動する距離は含まれないということです。

また、2021年5月より新料金体系に変更されているので、基本金額の算出方法も変更されています。

【基本金額】
基本金額は配達で獲得する配送料の基準となる金額です。

配達に費やす予定の時間、距離また、商品の受け取り場所や届け先が複数あるかどうかを基に算出されます。

【配達調整金】
以下のような特定の状況において、基本金額に加えて配達調整金が加算されることがあります。

  • 通常の目安よりも交通状況が混雑している場合
  • 通常の目安よりも商品の受け取り場所での待ち時間が長い場合
  • 配達する人の数が少なく通常より配達の需要が多い場合

Uber Eats 公式より引用

今までは、エリアによって受取料金や受渡料金など固定されていましたが、新料金体系では配達ごとに変動する仕組みとなっていて算出方法の詳細は定かではありません。

ひとによって意見は様々で、新料金体系になって稼げるという意見もあれば、稼げないという意見もあるようなので、詳しい情報がまとまり次第随時更新していく予定です。

 

出前館配達員(個人業務委託)の報酬

出前館配達員(個人業務委託)の報酬は、2022年8月より新料金体系へ変更となり、基本報酬と距離料金で算出されるようになっています。

 

エリアによる基本報酬

距離
(店舗からお届け先)
エリア
東京・千葉・神奈川・埼玉
(税込)
その他
(税込)
基本報酬 600円 550円

出前館配達員(個人業務委託)の基本報酬は、東京、千葉、神奈川、埼玉だと1件「600円」、その他のエリアだと「550円」となっています。

 

エリアによる距離報酬

 距離料金 エリア
東京・千葉・神奈川・埼玉
(税込)
その他
(税込)
1km未満 0円 0円
1km以上~2km未満 60円 50円
2km以上~3km未満 150円 120円
3km以上 270円 220円

出前館配達員(個人業務委託)の距離報酬は、料理を受け取った場所からお届け先までの距離で算出され、上の表のように走行距離の長さで料金が決められています。

大阪府で2kmの距離を配達する場合、出前館配達員(個人業務委託)の報酬は、基本料金550円に距離報酬である120円(2km)を加えた「670円」ということになりますね。

 

DiDi Food(ディディフード)の報酬

DiDi Foodは2022年5月25日でサービス終了

DiDi Foodは、Uber Eats と同じように、

報酬 =「基本料金 - 手数料」+「インセンティブ」

という計算式で算出されます。

くまブロガー
基本料金は、受取料金+受渡料金+距離料金で計算されます。

ただ、DiDi Foodの場合は、ピックアップ先に移動するまでの距離もカウントされるので、配達する側としては嬉しいシステムですね。

配達条件にあてはめてみると、

DiDi Foodの報酬

340円 =「140円 + 150円 + 180円(4km x 45円)

といった報酬が算出できます。

 

menu配達クルーの報酬

menu(メニュー)は、1回配達「固定260円」と配達した「距離(km)x距離(km)x20(円)」で算出されます。

距離は、ピックアップ先レストランまでの移動距離もカウントされる仕組みです。

配達条件にあてはめてみると、

menuの報酬

580円 =「260円 + 180円(4 x 4 x 20円)

といった報酬が算出されます。

こうして比較してみると、出前館の報酬が1番高くなりますが、インセンティブやブーストを含めていない基本報酬ですから、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

▶︎[公式]出前館配達員の登録はこちら↗︎

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

 

Uber Eats 、出前館、DiDi Food、menuの選び方

Uber Eats(ウーバーイーツ) 、出前館、DiDi Food(ディディフード)、menu(メニュー)の中で、自分にあうところを選択するために、それぞれの特徴をまとめてみました。

DiDi Foodは2022年5月25日でサービス終了

Uber Eats 出前館 DiDi Food menu
対応
エリア
配達
システム
配達
リクエスト
顔写真
有無
ピックアップ
ドロップ情報
報酬
おすすめ
ポイント
広いエリアで
配達できる
顔写真が
表示されない
これから成長
今がチャンス
ロング配達で
距離報酬増加
公式登録ページ
リンク

Uber Eats 公式

出前館公式

2022年5月25日
サービス終了

menu公式

まず、第一条件として、配達したいエリアが対応していないと、登録することはできても配達することができません。

くまブロガー
配達したいエリアが対応しているフードデリバリーサービスを絞りましょう。

Uber Eats と menuは、ほぼ全国展開していますが、エリアによってはサービス提供されていないところもあります。

次に選ぶポイントは、「配達システム」もしくは「報酬」ということになりますが、報酬は配達する曜日、時間帯、エリアなどで変わってくるので、実際に配達してみないと分かりません。

なので、次は配達システムを選択していきます。

第二条件として「配達リクエスト」、「顔写真有無」、「ピックアップドロップ情報」で重視したいポイントで選択してみましょう。

例えば、どうしてもアプリ上に顔写真を表示したくないというのであれば、出前館配達員(個人業務委託)がおすすめですし、配達リクエストは早押しじゃない方が良いという場合にはUber Eats やDiDi Foodがおすすめです。

どうしても決められない場合、気になっているところ全部登録して配達を経験してみるといいかもしれません。

必ずひとつに絞らないといけない決まりはありませんし、複数登録しておいて日によって変えている人も多くいますから、自分に合ったところを探す意味でも色々試してみるのもひとつの方法ですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

▶︎[公式]出前館配達員の登録はこちら↗︎

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

 

まとめ(Uber Eats 、出前館、DiDi Food、menu比較)

Uber Eats(ウーバーイーツ) 、出前館、DiDi Food(ディディフード)、menu(メニュー)それぞれの配達業務について比較してきました。

それぞれが持っている特徴がありますので、どのフードデリバリーサービスで配達しても問題ありません。

ここまで紹介してきた内容で決めるポイントとしては、

選ぶポイントの順序

1.対応エリア > 2.配達システム(報酬) > 3.報酬(配達システム)

というように、最低限自分が配達するエリアが対応しているか確認しておくことが大切です。

対応エリアさえ問題なければ、あとは自分が重視したいポイントを比較して選んでいけば安心して配達することができます。

自分にあうところを正確に見極めたいのであれば、対応しているエリア全てのフードデリバリーサービスで配達体験してみるのもひとつの方法です。

掛け持ちしている人も多いですし、配達してみて分かるポイントも人によって違いますから、まずは1番気になっているところから登録して配達してみましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

▶︎[公式]出前館配達員の登録はこちら↗︎

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

-DiDi Food 配達パートナー, menu(メニュー)配達クルー, Uber Eats 配達パートナー, スマホで稼ぐ, 出前館配達員(個人業務委託)