Uber Eats 配達パートナー スマホで稼ぐ

Uber Eats 配達パートナーとして稼働するデメリットは?始める前に知っておくべきポイントを解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、自分の好きなタイミングで稼働できることでも人気がありますよね。

一方で、Uber Eats 配達パートナーとして稼働すると「どんなデメリットがあるのか?」も気になるところでしょう。

この記事でわかること

  • Uber Eats 配達パートナーのデメリット
  • デメリットよりメリットの方が大きい
  • デメリットはそれぞれ捉え方次第
くまブロガー
デメリットに対して人それぞれ感じ方が違うので、ひとことで言うのは難しいです。

例えば、Uber Eats 配達パートナーは、天候によって稼働するかどうか左右されることがデメリットかもしれません。

ですが、雨が降っていたりすると、通常よりもインセンティブが発生して稼ぎやすくなるので、デメリットではない人もいます。

なので、Uber Eats 配達パートナーのデメリットより、メリットに目を向けて新しい稼ぎ方にチャレンジしてみましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーとして稼働するデメリットとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼働するのに、どんなデメリットがあるのか解説していきましょう。

 

稼げるかどうかが明確でない

Uber Eats 配達パートナーは個人事業主なので、稼げる報酬額が不安定ということです。

 

稼働しなければ報酬ゼロ

Uber Eats 配達パートナーは、自分の好きな時に稼働できて自由ですが、裏をかえせば稼働しないと報酬がゼロということです。

くまブロガー
稼げるかどうかは自分のやる気次第ということですね。

稼働した分だけ報酬を得ることができるのがUber Eats 配達パートナーなので、どれだけ稼ぎたいか明確に目標設定する必要がありますね。

 

配達依頼が少ないことがある

Uber Eats を注文する人が多いときもあれば、そうでない時もあります。

お昼のランチどきや夕食の時間帯に、Uber Eats を利用する人が多い傾向にあるので、他の時間帯だと配達依頼が少なくなることが多いんですよね。

また、Uber Eats 配達パートナーが稼働するエリアによっても差が出てくるので、 ある程度長い時間帯稼働している必要があります。

 

1件あたりの報酬が不安定

Uber Eats 配達パートナーの報酬は、配達依頼「1件あたりいくら」という仕組みとなっています。

1件あたりの報酬は、配達依頼によって異なるので「何件行えばいくら稼げる」ということがはっきりしません。

くまブロガー
報酬額は、配達する距離や対応できる配達パートナーの人数など、様々な要因で変動します。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして何時間稼働すれば、いくら稼げるのか予想できないのはデメリットかもしれませんね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

天候や季節で稼働を左右される

Uber Eats 配達パートナーは、ほとんど外で配達業務を行うことになるので、天候などの影響を受けやすいです。

 

雨、風、雪など天候に影響を受ける

雨が降っていたり風が強いと、Uber Eats 配達パートナーとして稼働しにくいですよね。

天気が悪いと稼働したくないという人も多いでしょうから、雨の多い梅雨の時期は大変かもしれません。

ただ、雨が降っていたりすると、Uber Eats 配達パートナーに対するインセンティブ(特別な報酬)が発生しやすいので、メリットと捉える方もいますね。

 

夏場や冬場による気温に影響を受ける

外で稼働するということは、季節による気温による影響を受けます。

夏の期間「6〜8月くらい」や冬の期間「12〜2月くらい」は熱中症、凍傷などに注意が必要です。

ただ、Uber Eats 配達パートナーとして稼働する人が少なければ、稼げるチャンスの時期とも言えるでしょう。

 

交通事故のリスクがつきまとう

Uber Eats 配達パートナーは、配達業務によって車道を走行することになるので、どうしても交通事故のリスクが伴います

自分自身が正しい交通ルールで稼働していても、相手によって交通事故に巻き込まれるケースがあるので、配達中は急ぎすぎず安全運転が重要となってきますね。

 

稼働エリアによって競争が激しい

稼働するエリアによっては競争が激しいので、配達依頼を受けるためのエリア選びなど工夫が必要ということですね。

Uber Eats 配達パートナーは、自由な新しい働き方ができることで人気があるので、エリアによっては多くの配達パートナーが稼働しています。

Uber Eats で注文できるお店やレストラン付近では、多くの配達パートナーが待機していることもあり、配達依頼を受けられる数が少ない可能性もあります。

 

確定申告をしなければいけない

Uber Eats 配達パートナーは「個人事業主」として稼働することになります。

個人事業主は、稼いだ金額によって毎年確定申告が必要になるので、デメリットと感じる人が多いでしょう。

確定申告が必要となる金額

  • 副業だと20万円以上
  • 本業だと48万円以上

確定申告が必要な金額は、ご自身がUber Eats 配達パートナーを「副業」としているか、「本業」としているかで違ってきます。

くまブロガー
確定申告が必要な金額は、利益となった金額のことで、必要な経費を差し引いた状態のことです。

Uber Eats 配達パートナーとして稼いだ報酬だけでなく、経費として使った領収書などはしっかりと保管しておくことが大切です。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【Uber Eats】配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナーデメリットよりメリットが大きい

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、デメリットよりもメリットの方が大きいです。

 

好きな時にいつでも稼働できる

Uber Eats 配達パートナーは、自分の好きなタイミングでいつでも稼働できます

「朝何時から始めないといけない」もしくは「夜何時まで稼働しないといけない」といった決まりはありません。

くまブロガー
すべて自分で決めて稼働できるのは、働く上でかなり大きなメリットと言えます。

なので、Uber Eats 配達パートナーは、自分で稼働する日や時間を決められるので、自由に稼働できるのは嬉しいですよね。

 

稼働によるノルマが全くない

Uber Eats 配達パートナーは、稼働する日数や時間はもちろん、配達する件数など一切ノルマがありません

1日1件だけでも良いですし、1時間だけ稼働しても問題ありませんし、1ヶ月全く稼働しない月があっても大丈夫です。

くまブロガー
Uber Eats 配達パートナーに登録していれば、気が向いた時だけでも稼働できるということですね。

また、たくさん稼ぎたい人は毎日稼働しても良いですし、1日8時間でも9時間でも稼働することができます。

 

報酬が毎週振り込まれる

Uber Eats 配達パートナーの報酬は、週単位で算出されて振り込まれます。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働した日の「翌週」には、登録している銀行口座に報酬が振り込まれるんです。

一般的には1ヶ月に1回の振り込みが多いですが、Uber Eats 配達パートナーの場合は毎週振り込まれるのは嬉しいですよね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

面倒な人間関係に悩まされない

Uber Eats 配達パートナーは、誰かと一緒に行うことはなく、全てひとりで配達業務を行います。

なので、面倒な人間関係に悩まされる心配がなく、ストレスを感じることなく稼働することができます

ひとりで黙々と作業するのが好きという方は、Uber Eats 配達パートナーは最適ですね。

 

稼ぐと運動不足解消が一緒にできる

Uber Eats 配達パートナーとして自転車で稼働すれば、日頃の運動不足を解消することができます

もちろん、日頃から運動している人にとってはメリットと言えないかもしれません。

ですが、運動しないとと思いつつも、なかなかできない人も多いので、Uber Eats 配達パートナーとして稼働すれば一石二鳥といえますね。

 

ゲーム感覚で楽しく稼働できる

Uber Eats 配達パートナーは、配達業務をこなすだけでなく、ゲーム感覚で楽しみながら稼働することもできます

 

クエストによる目標を達成する

Uber Eats 配達パートナーには「クエスト」というインセンティブがあります。

くまブロガー
インセンティブとは、1件あたりの報酬に加えてもらえる「特別報酬」のことです。

クエストは、ある一定期間内に指定された配達件数をこなすことでインセンティブを受け取ることができます。

Uber Eats 配達パートナーとして単純に配達業務を行うのではなく、クエストをクリアすることを考えて稼働すると楽しくできますね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

ランク上位(ダイヤモンド)を目指す

Uber Eats 配達パートナーは「満足度(評価率)」「獲得したポイント数」によってランクが決められます。

Uber Eats Pro
ランク
ポイント数
(pt)
グリーン 0〜99pt
ゴールド 100〜249pt
プラチナ 250〜449pt
ダイヤモンド 450pt以上

ダイヤモンドランクは、

ダイヤモンドランク

  • Lumosのヘルメット20%オフ
  • Hauteworksのライト30%オフ
  • Uber Eats 700円割引クーポン(2回分)
  • 配達用バッグ無償交換
  • Udemyオンライン学習
  • 優先的にサポートへアクセス

といった特別な特典を得られます。

ランクアップを目指すことで、報酬を稼ぐ以外で楽しみながら稼働できますよね。

 

稼働時に新しいものを発見できる

Uber Eats 配達パートナーとして稼働すると、いろいろなお店やレストランへ商品を受け取りに行きます。

例えば「こんなところにお店があったんだ」、「美味しそうなレストランを見つけた」というように、稼働することで新しい発見をすることもできます。

くまブロガー
家族や友達を連れて行ってあげるお店が見つかるかもしれませんよね。

ただ配達業務をこなすだけでなく、今度行ってみたいと感じるお店やレストランを見つける楽しみもありますね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【Uber Eats】配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナーのデメリットは捉え方次第

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのデメリットは、それぞれ捉え方次第でメリットにもなります。

雨が降ったりして稼働するのが大変という一方で、雨の日によるインセンティブが発生していつもより稼ぐことも可能です。

みんながやりたがらない時に稼働することで、より多くの報酬をゲットすることもできるので、考え方次第でマイナスをプラスに変えることもできますよね。

くまブロガー
個人的にデメリットと言えるのは、唯一「交通事故のリスク」でしょう。

交通事故は、自分だけでなく相手が存在する場合もあるので、いくら注意していても起きてしまう可能性があります。

ただ、交通事故は、Uber Eats 配達パートナーとして稼働している時だけでなく、街を歩いていても巻き込まれる可能性はあります。

交通事故を起こさない、巻き込まれないためにも、正しい交通ルールを覚えておけばリスクを低くして稼働することができます。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働するデメリットは、人によって感じ方に違いはありますが、そのデメリットを回避して稼働できますし、なんといっても自由というメリットが大きいですよね。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして稼働して損することはないので、この機会に新しい稼ぎ方を始めてみてはいかがですか?

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナーはメリットの方が多い)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのデメリットについて解説してきました。

単純にデメリットというと、人によって感じ方や捉え方が違うので、一概にこれがデメリットだと言い切れるものはありません。

どの仕事でもメリットとデメリットの側面を持ち合わせているように、Uber Eats 配達パートナーにも同じことが言えます。

ただ、デメリットばかり考えても結局良いことはありませんので、Uber Eats 配達パートナーのメリットに目を向けるべきでしょう。

Uber Eats 配達パートナーは、いつでも自由に稼働でき、人間関係にも悩まされませんし、やり方次第でかなりたくさん稼ぐこともできます。

自分のライフスタイルに合わせて稼働できるUber Eats 配達パートナーとして、これからの新しい生活への第一歩を踏み出してみましょう!

-Uber Eats 配達パートナー, スマホで稼ぐ