Uber Eats 配達パートナー

Uber Eats 配達パートナーのイヤホン走行は違反?配達依頼(リクエスト)を逃さず受ける方法を解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、配達依頼(リクエスト)通知や目的地までのナビ音声を聞くためにイヤホンをして稼働したいと考える人も多いでしょう。

ですが、Uber Eats 配達パートナーは、自転車など配達車両問わずイヤホンをしながら走行すると違反になる可能性が高いです。

イヤホンやヘッドフォンをすると、耳穴を塞いで周囲の音を遮断してしまうことになってしまいますよね。

周囲の音が聞こえないと事故になる危険性も高くなりますから、Uber Eats 配達パートナーはイヤホンやヘッドホンをしながら稼働してはいけません

イヤホンをしないで配達依頼を逃さない方法や音声ナビを聞く方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーがイヤホンしてると法律違反?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、イヤホンをしながら自転車などで走行すると法律違反になってしまうのか解説していきましょう。

 

イヤホンでの配達は道路交通法違反?

道路交通法に、自転車やバイクなどの車両でイヤホンをしながら走行した場合の直接的な禁止規定はありません。

ですが、道路交通法第70条にもあるように、

道路交通法 第七十条

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

e-Gov法令検索より引用

という規定があります。

Uber Eats 配達パートナーがイヤホンをしながら車両を運転すると、確実な操作ができなくなる状況を作ることになり、違反になる可能性があるということです。

 

片耳イヤホンでの配達は違反になる?

そこで気になるのが片耳だけイヤホンをして車両などを運転しても良いのかということでしょう。

道路交通法には、イヤホンに関する直接的な禁止規定はありませんが、たとえ片耳だったとしてもイヤホンで耳穴が塞がれるということは、周囲の音が聞こえにくくなってしまうことに違いはありません。

なので、Uber Eats 配達パートナーは、両耳でも片耳でもイヤホンをしながら車両などを運転してはいけないということですね。

 

イヤホン走行は都道府県条例に基づく

イヤホンをしながら自転車などの車両を運転した場合に、直接的な違反となる道路交通法はありません。

ですが、各都道府県では、イヤホンをしながら自転車やバイクなどの車両を運転する行為を禁止する規定があります。

都道府県によって規定の内容は様々ですが、基本的にイヤホンをしながら車両を運転することを禁止しています。

日本全国で走行中のイヤホンは禁止されています。

また、各都道府県が定めた規定に違反した場合、「5万円以下の罰金」が課せられる都道府県もあるので、Uber Eats 配達パートナーはイヤホンをしながら稼働することは絶対にやめましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーがイヤホンを必要とするシーン

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼働中にイヤホンが必要になるシーンについて解説していきましょう。

 

Uber Driver アプリの通知

Uber Eats 配達パートナーは、スマートフォン(iPhone・Android)にインストールする「Uber Driver アプリ」を使って業務を行います。

Uber Driver アプリによる配達依頼や電話、メッセージのやりとりなどで、スマートフォンに通知が届くようになっています。

Uber Eats 配達パートナーは、スマートフォンをスマホホルダーなどに装着しながら配達するので、運転に集中しているとどうしても通知音を聞き逃すことが多くなりますよね。

イヤホンをつけていれば、Uber Driver アプリからの通知が直接耳に聞こえることで使用したい人が多いようです。

ですが、イヤホンをしながらの運転は基本的に違反になるので、スマートウォッチなどBluetooth機器のバイブレーション機能を利用しましょう。

 

Googleマップのナビ音声

Uber Eats 配達パートナーの土地勘があるエリアで稼働するなら問題ありませんが、あまり知らないエリアだと道に迷ってしまう可能性もありますよね。

Uber Driver アプリは、Googleマップと連動できるようになっているので、Googleマップのナビ機能を使うことができます。

Googleマップのナビ機能は、カーナビのように音声で方向を指示してくれるので、自転車でもスムーズに目的地までたどり着けます。

ナビ機能を使えば道に迷うリスクが低くなりますよね。

ただ、走行中だとスマートフォンのナビ音声が聞こえにくい場合もあるので、イヤホン使ってGoogleマップのナビ機能を使いたいところですよね。

Googleマップのナビ機能もUber Driver アプリの通知と同様に、イヤホンをしながら運転すると違反になるので、サイクルスピーカーやネックスピーカーなどを利用するのがおすすめです。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナーがイヤホンせずに稼働する方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがイヤホンをしなくても通知やナビ音声を聞く方法について解説していきましょう。

 

Uber Driver アプリ通知を逃さない方法

Uber Driver アプリの通知を逃したくないのであれば、Apple Watch(アップルウォッチ)やスマートウォッチを利用すると良いですね。

 

Apple Watch(アップルウォッチ)

iPhone(iOS端末)を利用されている方は、「Apple Watch(アップルウォッチ)」でUber Driver アプリの通知を音ではなくバイブレーションで受けることができます。

イヤホンをしながら運転すると違反になりますし、周囲の音が聞こえにくくなってしまうので、Apple Watchを装着した手首の振動なら通知を逃すことはありません。

Uber Driver アプリの配達依頼は、早押しではないので受けるまでの時間が結構あります。

なので、Uber Eats 配達パートナーは、Apple Watchの通知を受けたら安全な場所で一時停車して配達依頼を受けることができますね。

 

スマートウォッチ

Androidスマホを利用されている方は、Uber Driver アプリの配達依頼通知を受けるにApple Watchが使えません。

Androidスマホに対応したスマートウォッチで通知を受けることができます。

おすすめは「Garmin(ガーミン)」のスマートウォッチです。

GPS機能が搭載されたGarminのスマートウォッチなら、スマートフォンの通知だけでなく、走行距離やルートも後から見ることができておすすめですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Googleマップのナビ音声を聞く方法

Uber Eats 配達パートナーがGoogleマップのナビ機能による音声を聞くには、スマートフォンのスピーカーを使うのが良いですね。

 

スマートフォンのスピーカーで聞く

Googleマップのナビ音声を聞くには、スマートフォンのスピーカーをほんの少し音量を上げれば、スマホホルダーに固定していても聞こえます。

特別に何か用意する必要はありませんし、イヤホンで耳穴をふさぐこともないので、Uber Eats 配達パートナーとして安全に稼働できるでしょう。

 

Bluetooth機器を使う

スマートフォンの機種やスマホホルダーとの距離よっては、スピーカーでうまくナビ音声が聞こえない可能性もありますよね。

そういった場合には、Bluetooth機器を使ってGoogleマップのナビ音声を聞く方法もあります。

 

サイクルスピーカー

サイクルスピーカーは、自転車ように作られたBluetooth機能搭載のスピーカーです。

自転車のハンドルに直接つけられるタイプや配達バッグなのにつけられるキーホルダータイプのものもあります。

サイクルスピーカーというだけあって自転車用に設計されていますから、Googleマップのナビ音声を聞くに最適でしょう。

 

ネックスピーカー

ネックスピーカーは、肩にかけるタイプのスピーカーで、耳からの距離も近く耳穴をふさぐこともないので、ナビ音声が聞きやすいですね。

ただ、肩にかけるタイプなので、長時間つけていると肩こりの原因にもなるので注意が必要です。

 

骨伝導イヤホン

骨伝導イヤホンは、耳穴をふさがずに頭蓋骨の振動を利用して音を聞くことができます。

イヤホンの位置はこめかみの辺りにつけるタイプのものが多いですね。

耳穴をふさがないタイプのイヤホンなので違法にはならないのですが、見た目はイヤホンをしているように映るので、警察官に呼び止められる可能性があります。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナーのイヤホン走行)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのイヤホン走行について解説してきました。

イヤホンは耳穴をふさいでしまうので、自転車やバイクを運転する場合に付けていると違反になる可能性があります。

道路交通法では、イヤホンに関する直接的な禁止規定はありませんが、各都道府県が定める条例にはイヤホンを禁止する規定があります。

都道府県によっては罰金を課せられるところもあるので、Uber Eats 配達パートナーはイヤホンをしながら稼働してはいけません。

Uber Driver アプリの配達依頼やGoogleマップのナビ音声を聞くなら、スマートウォッチやサイクルスピーカーを利用すると安心ですね!

-Uber Eats 配達パートナー