Uber Eats 配達パートナー スマホで稼ぐ

Uber Eats 配達パートナーは面接がない!履歴書や経歴書も不要!登録手順や必要書類について解説!

Uber Eats 配達パートナーとして登録する際「審査のための面接があるのか?」不安に感じる方も多いんじゃないでしょうか?

また、Uber Eats 配達パートナー登録に必要な書類として「履歴書や経歴書といった書類も必要なのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • Uber Eats 配達パートナーは面接がない。
  • 履歴書や経歴書といった書類も必要ない。
  • 面接がないのは個人事業主として契約するから。
くまブロガー
Uber Eats 配達パートナーに登録に面接はなく、履歴書や経歴書も必要ありません。

Uber Eats 配達パートナーは個人事業主として契約するので、18歳以上であればどなたでも登録して稼働することができます。

また、Uber Eats はUber Driver アプリが優秀なので、操作方法や業務の流れもわかりやすく、配達業務がはじめてだとしてもすぐに慣れることができます!

Uber Eats 配達パートナーはオンラインだけで登録できるので、この機会に新しい稼ぎ方を身につけましょう‼︎

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【Uber Eats】配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナー登録では面接による審査はない

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録するのに「どうして面接がないのか?」気になるところですよね。

 

Uber Eats 配達パートナー登録で面接がない理由

Uber Eats 配達パートナーは、Uber と「個人事業主として契約する」ので、面接などの試験はありません。

Uber Eats 配達パートナーとUber は、お互い企業同士で契約をする感じになります。

最近では、Uber Eats 配達パートナーとして稼働するのに、業務上必要となる「交通ルール」に関するテストが実施されています。

交通ルールテストといっても、正しい道路交通法を理解するためのものであって、成績が悪いからといってUber Eats 配達パートナーなれないわけではありません。

あくまで、正しい交通ルールを理解して、安心安全に業務を行えるようにするためのものなので、何も不安に感じる必要はありません。

 

登録時の必要書類に履歴書(経歴書)はない

Uber Eats 配達パートナー登録に面接はありませんし、履歴書や職務経歴書といった書類も必要ありません。

くまブロガー
これまで経験して得たスキルなど一切関係ありませんから、誰にでもチャンスがあるということです。

向いている人

  • 人間関係に悩まされてきた。
  • 朝の通勤ラッシュがどうしても嫌。
  • 自分のペースで仕事がしたい。

というような人であれば、Uber Eats 配達パートナーに向いています。

個人事業主として自由に稼働できるUber Eats 配達パートナーに登録して、自分にあった新しい働き方を始めてみましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【Uber Eats】配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナーは面接以外でどう審査されるのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、面接以外で「どう審査されるのか?」について解説していきましょう。

 

Uber Eats 配達パートナーが審査されること

Uber Eats 配達パートナーは面接がないので、何をどう審査されるのか気になるところですよね。

Uber Eats 配達パートナーの審査は、

審査される内容

  • 本人確認書類
  • 車両に関する書類
  • 銀行口座情報と書類

といった内容となっています。

基本的に、ご自身が提出する書類に対して審査が行われるので「今までどういう仕事をしていたのか?」、「どういうスキルがあるのか?」というようなことは関係ありません。

配達業務がはじめてだとしても何の問題もないので、安心してUber Eats 配達パートナーに登録してみましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナー登録する際の条件

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの条件は、

登録時の条件

  • 年齢18歳以上。
  • スマートフォンを所有。
  • 配達車両(レンタル可)。

となっています。

 

年齢が満18歳以上なら登録ができる

年齢が「満18歳以上」であれば基本的にどなたでも登録できます。

高校生でも「満18歳」であれば登録することができますし、年齢の上限はありませんから、定年を迎えた人でもある程度体力に自信があれば、Uber Eats 配達パートナーとして活躍することができますね!

 

スマートフォン(iPhone、Androidどちらでも可)

もうひとつ重要なのが「スマートフォン(iPhone・Android)」を持っていることです。

ガラケー(フィーチャーホン)では、Uber Eats 配達パートナー業務ができません。

Uber Eats 配達パートナーは、スマートフォンに「Uber Driver アプリ」をインストールして配達依頼(配達リクエスト)を受けたり、注文者(ユーザー)とやりとりする時に使用しますから、スマートフォンの簡単な操作ができないと業務になりません。

 

配達業務をおこなうための車両

配達車両は「自転車」、「125cc以下の原付バイク」、「125cc超えのバイク・軽貨物」から選択することが出来ます。

くまブロガー
都内など一部エリアでは「徒歩」で登録・稼働ができるようになっています。

もし、配達車両を持っていなくても、自転車やバイクをレンタルして登録・稼働することもできます。

なので、年齢が満18歳以上でスマホを持っていれば稼働できますので、Uber Eats 配達パートナーに登録して新しいライフスタイルをスタートさせましょう‼︎

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナー登録で履歴書や経歴書以外に必要な書類

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに「登録するまでの流れ」と「登録に必要な書類」について解説していきましょう。

 

自転車で登録するのに必要な書類

配達車両が自転車の場合、

自転車の必要書類

  • 身分証明証(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • プロフィール写真(顔写真)
  • キャッシュカード(報酬振込の銀行口座)

というように必要書類が少ないく、登録完了までが1番スムーズです。

 

原付バイク(125cc以下)で登録するのに必要な書類

配達車両が「125cc以下の原付バイク」の場合、

原付バイク(125cc以下)の必要書類

  • 運転免許証
  • プロフィール写真(顔写真)
  • 自賠責保険証書
  • ナンバープレート写真
  • キャッシュカード(報酬振込の銀行口座)

というように、125cc以下の原付バイクだと「自賠責保険証書」と「ナンバープレート写真」も必要になります。

ですが、原付バイクなら自転車よりも稼働範囲を広げることができますし、体力的にも安心して稼働できますね。

 

軽貨物またはバイク(125cc超)で登録するのに必要な書類

配達車両が「125cc超のバイク・軽貨物」の場合、

125cc超のバイク・軽貨物必要書類

  • 運転免許証
  • プロフィール写真(顔写真)
  • 「自動車検査証(車検証)」または「軽自動車届出済証」
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書
  • 「任意保険」または「共済保険」の証明書
  • ナンバープレートの写真(事業用ナンバー)
  • キャッシュカード(報酬振込の銀行口座)

というように、用意しなければいけない書類が多いですね。

しかも、125cc超の車両だと「事業用のナンバープレート(緑ナンバー)」が必要になりますので、手続きするまでに時間が必要になります。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【Uber Eats】配達パートナー募集

 

面接がないUber Eats 配達パートナーに登録する方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法を解説していきましょう。

 

Uber アカウントを作成する

Uber Eats 配達パートナーに登録する前に、Uber アカウントの作成が必要です。

「Uber Eats 注文者(ユーザー)」と「Uber Eats 配達パートナー」のアカウントは同じですので、Uber Eats 配達パートナー専用のアカウントを作成する必要はありません。

逆に、Uber のアカウントを複数作成してしまうと、後から作成したアカウントは削除されてしまう可能性があります。

Uber のアカウントは、1人1つしか持つことが出来ないようになっていますので、間違えないように注意しましょう。

くまブロガー
Uber のアカウントを持っていない場合は、こちらから作成ができます。

 

Uber Eats 配達パートナーの登録をはじめる

Uber アカウントでログインして、Uber Eats 配達パートナー登録の手続きを始めていきましょう。

 

step
1
Uber アカウントでログインする

引用元:Uber Eats 配達パートナー公式

Uber Eats 配達パートナー登録画面にある「アカウントをお持ちですか?ログイン」より、Uber アカウントでログインします。

 

step
2
配達車両を選択する

配達する車両をいずれかひとつ選択します。

配達手段の種類

  • 徒歩(一部エリアのみ)
  • 自転車(レンタル可)
  • 125cc以下の原付バイク
  • 125cc超のバイク・軽貨物
くまブロガー
車両を選択して次に進んでしまうと、配達車両選択画面には戻れませんので気をつけましょう!

配達車両を間違えて選んでしまった場合、パートナーセンターで変更手続きを行うか、サポートセンターに問い合わせて変更してもらう必要があります。

 

step
3
必要書類をアップロードする

身分証明証、配達車両に必要な書類、銀行口座の書類をスマートフォンで撮影し、データをアップロードします。

身分証のアップロード画面

必要書類を撮影する時は、細部まではっきりと写っていることを確認して下さい。

 

step
4
プロフィール写真をアップロードする

プロフィール写真をアップロードします。

プロフィール写真アップロード画面

プロフィール写真を撮影する時は、しっかりと正面を向き、顔の位置が画面中央になるようにして、肩より上をフレームに入れて、顔全体を撮影して下さい。

くまブロガー
プロフィール写真の撮影にはサングラスやマスクは着用してはいけません。

また、運転免許証の顔写真をスマートフォンで撮影したプロフィール写真は認められませんので、「自撮りする」または「誰かに撮影してもらう」ようにしましょう。

 

step
5
キャッシュカード写真のアップロード

報酬を振り込んでもらう銀行口座のキャッシュカードの写真をアップロードします。

キャッシュカード写真アップロード画面

写真は、目の前にキャッシュカードがあることがわかるように、斜め45度くらいの角度で撮影しましょう。

 

step
6
Uber Eats による書類の審査

アップロードした書類と必要事項の入力内容に間違いがないか、Uber Eats で審査がおこなわれます。

 

交通ルールクイズとアカウントの有効化

提出した書類などに不備がなければ、交通ルールクイズに関するメールが届きます。

交通ルールクイズは、Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際、正しい交通ルールを理解して安全に配達業務をおこなうためのものです。

交通ルールクイズの正解率が低くても、Uber Eats 配達パートナーには登録はできます。

なので、正しい交通ルールやマナーをしっかりとマスターすれば問題ありません。

交通ルールクイズを受講したら、数日後にはアカウントの有効化に関するメールが届くので、いつでも稼働できるようになります。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナー登録に面接がない)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに面接はなく、履歴書・職務経歴書も不要ということについて解説してきました。

Uber Eats 配達パートナーは、Uber(ウーバー)と個人事業主として契約することになります。

なので、過去に「どの学校に在籍していた」または「どの職業だったのか」というようなことは一切関係ありません。

年齢が満18歳以上で、スマートフォンを持っていれば「誰でもUber Eats 配達パートナーに登録する資格がある」ということです。

人間関係が苦手だったり、毎日同じ時間に通勤することが嫌だという人にとって、Uber Eats 配達パートナーはやりがいのある仕事だと思います。

Uber Eats 配達パートナーに登録して、業務以外のストレスから解放される毎日を過ごしましょう‼︎

-Uber Eats 配達パートナー, スマホで稼ぐ