スマホで繋がる人と未来へようこそ

Uber Eats 配達パートナー招待コードとは!詐欺被害にあわないよう紹介の仕組みを理解しよう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録時の招待コードは任意なので、入力してもしなくても特に問題はありません。

この記事で分かること

  • 配達パートナー招待コードの仕組み。
  • 招待コードで失敗しない方法。
  • 招待コードを使わずに稼ぐ方法。
招待コードとは

既にUber Eats 配達パートナーとして稼働している人が、これからUber Eats 配達パートナーになろうとしている人を紹介するためのものです。

紹介者には「招待報酬としてキャッシュバック」されますが、招待コードを入力して登録する人には何の特典もありません。

また、ネット上には「招待コードを入力して得た紹介料をキャッシュバックします」というように招待コードの入力を促すサイトも多くあります。

もちろん、ちゃんとキャッシュバックしてくれるサイトもありますが、中には「キャッシュバックされない」といった詐欺のようなサイトもあるのが現状です。

Uber Eats 配達パートナー登録で入力する「招待コード」をお持ちでない方は、空欄のまま「次へ」をタップして登録手続きを行うのが安心ですね!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーの招待コードとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「招待コード」は、配達パートナーに登録した人に必ず発行されるものです。

招待コードの仕組み

例えば、招待コードを入力して登録したUber Eats 配達パートナーが30日以内に1回配達した場合、紹介した人に5,000円がキャッシュバックされるとしましょう。

配達
パートナー
本人の
招待
コード
30日以内
配達完了
入力した
招待コード
キャッシュ
バック
Aさん コードA 5,000円
(Bさん分)
Bさん コードB コードA 5,000円
(Cさん分)
Cさん コードC コードB
(なし)
Dさん コードD コードA
(なし)

表をみても分かるように、「Bさん」と「Dさん」が「Aさんの招待コード」を入力して配達パートナー登録していますが、「Dさん」は登録後30日以内に配達をしていませんので、「Aさん」には紹介料として「Bさん分5,000円」がキャッシュバックされることになります。

一方、「Cさん」と「Dさん」は、2人とも招待コードを入力してくれた人がいないので、キャッシュバックされることはありません。

招待コードを入力すると紹介者に通知される

招待コードを入力して配達パートナー登録した場合、

招待による通知内容
  • 1回目の配達を始めた。
  • 50回の配達を達成。
  • 100回の配達を達成。

というように、招待コードを入力して登録したUber Eats 配達パートナーが、ある一定の基準に達した場合に紹介者のアプリへ通知されるようになっています

くまブロガー
配達回数は、随時変更になる可能性があります。

この通知により、紹介者は「招待による報酬」を受け取れることが分かるようになっています。

招待コードをWeb上で公開するのは禁止

Uber Eats 配達パートナーが、

禁止事項
  • ブログ掲載禁止
  • SNS(Twitterなど)掲載禁止

といったWeb上に「配達パートナーの招待コード」公開を禁止しています。

もし、こういった形で招待コードを不正利用した場合は、招待コードの利用が停止されるだけでなく、Uber Eats 配達パートナーアカウントも停止になりかねませんので注意しましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナー招待コードで失敗しない方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録では、

失敗しない方法
  • 招待コードを入力しない(空欄)。
  • 友人・知人の招待コードを使う。
  • Web上の招待コードを使わない。

というように、招待コードの入力を制限するのがおすすめです。

招待コードを入力しない

Uber Eats 配達パートナーに登録するのに、招待コードの入力は任意(入力してもしなくても良い)ですから、何よりも入力しないのが安心です。

招待コードを入力しても、配達パートナー登録した本人には何の特典もありませんから、トラブルを避ける意味でも「空欄(スペース)」のままで登録しましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

友人・知人の招待コードを使う

友人や知人にUber Eats 配達パートナーで稼働している人がいるなら、自分のためではなく友人・知人のために招待コードを入力してあげるのも良いですね!

Uber Eats 配達パートナーに登録する時に、色々相談にのってもらったりすることも出来ますし、トラブルになることもありませんからね。

Web(ネット)上の招待コードは使わない

Uber Eats 配達パートナーの招待コードをメールなどでお知らせして、キャッシュバックしてくれる「ブログ」や「SNS(Twitterなど)」があります。

招待コードの入力によって条件を満たせば、紹介者が受け取った報酬からキャッシュバックしてくれるというサービスです。

こういったサービスは、Web上にたくさん存在していますが、すべて信頼できるわけではありません。

中には、キャッシュバックされずに招待報酬すべて持っていかれてしまう可能性もあります。

注意

信頼できる招待コードだとしても「非公式」ですし、キャッシュバックを受けるために「個人情報」や「振込口座番号」を知らせる必要があります。

初回の招待報酬のために、あえてリスクに飛び込む必要はありませんし、Uber Eats 配達パートナーとしてガンガン稼げばいいので、招待コードは使用せずに登録するのがおすすめです!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーが招待コードを使わずに稼ぐ方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの招待コードを使わなくても、自分自身で稼働する回数が多ければ十分に稼ぐことができます。

配達回数を一定期間内に達成すると、通常の報酬とは別に「追加報酬」を受け取ることができる「クエスト」というインセンティブがあるんです。

Uber Eats 配達パートナーが稼働する際、自分自身で「選べるクエスト」についてサンプルをもとに解説しましょう。

※クエスト内容は随時変更されます。

クエスト種類
配達回数
達成による
報酬額
期間
クエスト1
20回-30回
1,500円(20回) 平日
(月4:00〜金4:00)
2,500円(30回)
クエスト2
70回-75回
8,000円(70回)
9,500円(75回)
クエスト3
45回-55回
5,500円(45回) 土日
(金4:00〜月4:00)
7,500円(50回)

上記表はサンプルなので3つのクエストしか記載していませんが、Uber Eats 配達パートナーのクエストは、およそ5〜7種類から自分にあったクエストを選ぶことができます。

Uber Eats 配達パートナー自身でクエストを選ぶことができるので、自分の稼働ペースにあったクエストを選べば、無理なく追加報酬を受け取ることができますよね!

なので、招待コードの報酬に頼らなくても、Uber Eats 配達パートナーとして自分自身の力でガンガン稼ぐのがおすすめです‼︎

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

まとめ(Uber Eats 配達パートナー招待コード)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー「招待コード」について解説してきました。

招待コードの入力は任意ですから、入力してもしなくても構いません。

もし、招待コードを入力した場合、紹介者に招待による特別報酬が入りますが、配達パートナー登録する本人には何のメリットもありません。

なので、招待コードは入力しないで、Uber Eats 配達パートナー登録するのが最も安心ですね。

Uber Eats 配達パートナー登録してから配達回数を重ねることで、通常の配達報酬に加えて追加報酬を受け取れますから、自力で報酬をゲットしていくのがおすすめです!

やり方次第で1日1万円稼ぐことも十分に出来ますので、自分の好きな曜日や時間帯で稼働できるUber Eats 配達パートナーに登録してみましょう‼︎