menuデリバリー&テイクアウトアプリ Uber Eatsフード注文

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)を比較!エリア(地域)、料金、配送手数料の違いとは!

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と「menu(メニュー)」は、スマホで好きなお店(レストラン)から料理を注文できる「フードデリバリー(テイクアウト)サービス」です。

通常だと、お店まで行かないと食べられなかった料理も、「Uber Eats」や「menu(メニュー)」といったフードデリバリーサービスを利用することで、いつでも手軽に注文して食べることが出来るようになりました!

Uber Eatsは、テレビCMや広告などで知名度・人気がありますが、デリバリー&テイクアウトアプリ「menu(メニュー)」は、サービスの提供を初めて間もないので、まだあまり知られていません。

ですが、menu(メニュー)は、Uber Eatsとシステム(仕組み)が似ていることもあり、「日本版Uber Eats(ウーバーイーツ)」としても人気急上昇中です。

「Uber Eats」と「menu(メニュー)」どちらとも提携しているお店もあるので、エリア(地域)によっては同じお店から注文することも出来ますし、料金もあまり変わりません。

2020年5月現在、menu(メニュー)は「デリバリー業界参入記念」として、注文した決済額によって「半額分のクーポンプレゼント」キャンペーン中です!

デリバリー&テイクアウトアプリ「menu(メニュー)」のキャンペーンは「期間限定」ですので、美味しい料理を注文して「お得なクーポン」をゲットしちゃいましょう‼︎

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu, Inc.無料posted withアプリーチ

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

無料posted withアプリーチ

Uber Eatsとmenu(メニュー)の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)デリバリーサービスの仕組みについて解説していきましょう!

 

提携しているレストラン

Uber Eatsmenu
(メニュー)
サービス開始時期2016年9月2020年4月
提携レストラン10,000店舗以上2,000店舗以上

提携しているレストラン数は、サービスの提供開始から「約4年」経過しているUber Eatsの方が圧倒的に多いですが、menu(メニュー)は2019年4月からサービスの提供を開始しましたが、既に「2,000店舗以上」が提携しているので、レストランや料理を選ぶのに少ないと感じることはありませんね。

 

料理の配達は個人事業主

「Uber Eats」と「menu(メニュー)」は、レストランパートナーと提携する一方で、料理を配達する配達パートナーとも契約しています。

Uber Eatsは「Uber Eats配達パートナー」、menu(メニュー)は「menu配達クルー」という呼び方をされていますね。

どちらも「Uber Eats」、「menu(メニュー)」と「個人事業主」として契約するので、ある一定条件の満たせば誰でも登録・稼働出来ますから、副業としても人気が高いですね!

 

料理代金の支払い方法

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と「menu(メニュー)」で利用できる「支払い方法の種類」について比較してみました。

Uber Eatsmenu
(メニュー)
クレジットカード
デビットカード
現金
Apple Pay
LINE Pay
PayPay

Uber Eatsはサービス提供から数年経過していることもあり、支払い方法の種類も増えています。

一方、menu(メニュー)は、サービスを提供し始めてから間もないので、「クレジットカード」と「デビットカード」でしか決済ができません。

 

料理を注文する方法

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は、スマートフォンアプリ(iOS、Android)で注文できるだけでなく、PC(パソコン)やスマートフォンなどWebブラウザ上からでも注文することが出来ます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は「ガラケー」でも注文することが出来ます!

一方「menu(メニュー)」はデリバリー&テイクアウトアプリなので、スマートフォンアプリ(iOS、Android)でしか注文することが出来ません。

今は、ほとんどの人がスマートフォンを持っているので、Webサイトから注文できなくても、あまり問題はないですね。

 

Uber Eatsとmenu(メニュー)のサービスエリア(地域)

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)が、デリバリー&テイクアウト対応しているエリア(地域)を見てみましょう。

 

Uber Eatsのエリア(地域)

Uber Eatsのエリアは「東京都内」からサービス提供をスタートして、今では全国的に展開しています。

 

関東エリア

Uber Eats関東エリアは「東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県」です。

関東
エリア
東京都
千葉県
埼玉県
神奈川県

東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県は全エリア対応している訳ではなく、地図の紫色になっている部分がサービスエリアとなっています。

 

中部エリア

Uber Eats中部エリアは「愛知県」だけです。

中部
エリア
愛知県

地図の紫色になっている「名古屋を中心」とした部分がサービスエリアとなっています。

 

近畿エリア

Uber Eats中部エリアは「大阪府、京都府、兵庫県」です。

近畿
エリア
大阪府
京都府
兵庫県

大阪府、京都府、兵庫県も全エリア対応している訳ではなく、地図の紫色になっている部分がサービスエリアとなっています。

 

中国・四国エリア

Uber Eats中国・四国エリアは「広島県」だけです。

中国・四国
エリア
広島県

地図の紫色になっている「広島市を中心」とした部分がサービスエリアとなっています。

 

九州エリア

Uber Eats九州エリアは「福岡県」だけです。

九州
エリア
福岡県

地図の紫色になっている「福岡市を中心」とした部分がサービスエリアとなっています。

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

無料posted withアプリーチ

menuのエリア(地域)

menu(メニュー)のデリバリーサービスエリアは、2020年5月現在「東京都の一部」のみ配達を受け付けています。

ただ、テイクアウトに関しては、全国的に加盟店を募集しているので、menuアプリから注文して受け取りに行くことができるお店も増えてくるでしょう。

 

東京23区の一部

menu(メニュー)のデリバリーサービスエリアは「新宿区・渋谷区・港区・中央区・千代田区・品川区・目黒区・墨田区・台東区・文京区」となっています。

デリバリーサービスエリアでも、一部エリア対象外の場合があります。

今後、徐々に対応エリアを拡大していく予定です。

 

Uber Eatsとmenu(メニュー)の営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の営業時間帯を見ていきましょう。

Uber Eatsmenu
(メニュー)
営業時間9:00〜24:00
(一部8:00〜01:00)
11:30〜22:00
(一部24時間)

「Uber Eats」と「menu(メニュー)」の営業時間帯を見ても分かるように、いつでも注文できる感じになっています。

ただ、この営業時間は、全てのレストランが対応している訳ではありません。

あくまでも、レストランの営業時間が優先されますので、注文できるかどうかはアプリで確認してみるのがおすすめです。

menu(メニュー)は、Uber Eatsでは注文できないレストランも提携してますし、キャンペーン中で手数料も安いですから「menu(メニュー)アプリ」を体験してみると良いですね!

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu, Inc.無料posted withアプリーチ

Uber Eatsとmenu(メニュー)の手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)は、基本的にデリバリー・テイクアウトの仕組みは同じなので、配送手数料にそれほど違いはありません。

Uber Eatsmenu
(メニュー)
サービス料注文金額
10%
無料
(キャンペーン中)
配送手数料約60円/1km
+手数料
約75円/1km
+手数料
少額手数料150円
(700円未満)
無料

配送手数料は、レストランまでの距離などによって違いますので、注文するレストランに「表示されている配送手数料」を確認するのが早いですね。

また、「サービス料」や「少額手数料」に関しては、menu(メニュー)がキャンペーン中ということもあって比較することが出来ませんが、いずれ「Uber Eats」と「menu(メニュー)」で同じくらいに設定されることになるでしょう。

 

まとめ(Uber Eatsとmenuの違い)

デリバリー&テイクアウトサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と「menu(メニュー)」の違いについて解説してきました。

どちらも多くの「レストラン」や「配達パートナー・クルー」と提携して、デリバリー&テイクアウトサービスを提供しています。

Uber Eatsの方が注文できる「レストラン」や「エリア(地域)」が多いので、たくさんの注文者(ユーザー)に利用されています。

一方、menu(メニュー)は、2019年4月からサービスを開始したばかりなので、利用できるレストラン・エリアが少ないのが現状です。

ですが、menu(メニュー)はキャンペーン中ですので、「Uber Eats」と「menu(メニュー)」どちらも対象のエリアで注文するのであれば、menu(メニュー)がお得になってます!

なので、menu(メニュー)アプリをダウンロード・インストールして、美味しい料理を注文してみましょう‼︎

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu, Inc.無料posted withアプリーチ

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

無料posted withアプリーチ

-menuデリバリー&テイクアウトアプリ, Uber Eatsフード注文

© 2020 スマホで繋がる人と未来