DoorDash配達パートナー menu(メニュー)配達クルー Uber Eats 配達パートナー Wolt(ウォルト)配達パートナー スマホで稼ぐ 出前館業務委託配達パートナー

Uber Eats 配達パートナーはスマホ2台持ち?プライベートと使い分ける方が良いのか検証!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、自分にあったペースで稼働できることでも人気がありますよね。

また、最近では、出前館、Wolt(ウォルト)、DoorDash(ドアダッシュ)、menu(メニュー)のように、フードデリバリーサービスが増え、配達パートナーとして稼働したい人が増えています。

この記事でわかること

  • スマホ2台持ちしなくても稼働できる。
  • スマホ2台持ちの方が安心できる。
  • スマホ2台持ちしないならギガ数に注意。
くまブロガー
Uber Eats 配達パートナーは、スマホ(スマートフォン)を2台持ちした方が、スムーズに配達業務を行うことができます。

もちろん、今現在お持ちのスマホだけで稼働することも出来ますので、あえてスマホを2台持ちする必要はありません。

ただ、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼働すると、スマホの「バッテリー」や「通信量」の消費が多くなります。

なので、「モバイルバッテリー」を用意したり、スマホの「通信プラン(ギガ数)」を見直しておくと安心ですね。

実際に稼働すると、どんな時にスマホが2台あったら配達に役立つのか分かるので、まずはUber Eats 配達パートナーとして稼働してみるのがおすすめです!

各公式ページはこちら

【初心者でも安心のUber Eats 配達パートナー!】

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【拠点エリアで稼働なら出前館配達パートナー!】

▶︎[公式]出前館配達パートナー登録↗︎

【新たなフードデリバリーDoorDashパートナー!】

▶︎[公式]DoorDash配達パートナー登録↗︎

【人気上昇中のWolt(ウォルト)配達パートナー!】

▶︎[公式]Wolt配達パートナー登録こちら↗︎

【menu(メニュー)配達クルーもおすすめ!】

▶︎[公式]menu配達クルー登録はこちら↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーがスマホ2台持ちの方が良い理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがスマホを2台持ちする方が良い理由について解説していきましょう。

また、出前館、DoorDash、Wolt、menuの配達パートナーにも同じようなことが言えるので、ぜひ参考にして下さい。

スマホ2台持ちする理由

  • 配達用とプライベート用で使い分けるため
  • 通話しながらアプリなど操作するため
  • データ通信量(ギガ数)を抑えるため
  • 配達中のトラブル(バッテリー切れ)のため
  • 電波・通信エリアを広く維持するため

というような理由で、スマホを2台持ちしている人が多いんです。

 

配達用とプライベート用で使い分るため

Uber Eats 配達パートナーとして稼働するのに、「プライベートで使用しているスマホを使いたくない!」という人もいますよね。

配達依頼を受けようとしたら、私用の電話がかかってきたり、LINEなどメールが届いたりするとわずらわしいですし、業務の妨げになる可能性も考えられます。

なので、どうしてもプライベートなスマホを使いたくなければ、配達用のスマホを契約して「2台持ち」するのがおすすめです。

 

電話しながらアプリ操作するため

Uber Eats 配達パートナーとして稼働していると、Uber Driver アプリを使用したり、地図(Google Map)で道を確認する頻度が多くなります。

場合によっては、注文者(ユーザー)に電話して、お届け先を確認しなければいけない事もあります。

電話してすぐに解決すれば良いですけど、うまく意思疎通ができないこともあるので、出来れば地図をみながら電話する方が理解しやすいですよね!

土地勘がなく、あまり慣れていない街で配達していると、道に迷ってしまうこともありますから、スマホが2台あるとスムーズに料理をお届けすることが出来ます。

 

データ通信量(ギガ数)を抑えるため

Uber Eats 配達パートナーとして稼働中は、常にUber Driver アプリを起動しておく必要がありますし、地図(Google Map)を確認する頻度も多くなりますので、スマホの通信量(ギガ数)を消費しやすくなってしまいます。

スマホの通信プランが「使い放題」であれば問題ありませんが、そうでなければ通信量を消費しすぎて「通信制限(速度制限)」になってしまう可能性も考えられます。

通信制限になると、Uber Eats 配達パートナーの業務に支障がでますので、お持ちのスマホだけで配達するよりも、配達専用のスマホがあれば気にせず業務に専念することが可能です。

 

配達中のトラブル(バッテリー切れ)のため

Uber Eats 配達パートナーがUber Driver アプリやGoogleマップで通信量を消費すると、同時にスマホのバッテリー消費も多くなります。

配達中は常にスマホを使っている状態ですから、バッテリー残量がどんどん少なくなっていくので、業務に支障がでないようにしておく必要があります。

スマホを2台持ちしていれば、片方のバッテリーが切れてしまっても、もう一方のスマホで代用できます。

また、スマホが故障して使えなくなってしまった場合、どこにも連絡できないと困りますから、スマホを2台持っていると安心ですね!

 

電波・通信エリアを維持するため

電波・通信エリアの違うスマホを2台持ちしていると、ネット接続しにくい場所や地域をカバーすることが出来ます

例えば、「ドコモ(docomo)回線のスマホ」と「au(エーユー)回線のスマホ」を持っていれば、ドコモ回線でネットが繋がりにくいエリアでも、au回線なら繋がりやすいという場合もありますよね。

違う回線を使用するスマホを2台持っていれば、どちらか一方が繋がれば「Uber Driver アプリ」を使用できるので、トラブルなくスムーズに配達業務を行えます!

 

Uber Eats 配達パートナーが使うスマホのバッテリーと通信量

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、常にスマホを使用して配達しているため「バッテリー」や「通信量」の消費が多くなってしまいます。

また、出前館、DoorDash、Wolt、menuの配達パートナーとして稼働される方も、同じようにスマホのバッテリーや通信量を消費します。

 

配達時のバッテリー消費

Uber Eats 、出前館、menuの配達をしていると、スマホのバッテリーは「1時間で約10〜20%」消費してしまいます。

ただ、このバッテリー消費の数字は「iPhone XR」を使った場合のものなので、すべてのスマホが「1時間に約10〜20%」消費するわけではありません。

配達で使用するスマホは、

バッテリー消費の要因

  • スマホのOS(iOS端末、Android端末)
  • スマホの機種
  • スマホの使い方
  • スマホの電波状況

といった「様々な要因」によって、バッテリーの消費量は違ってきます。

お持ちのスマホが「2年〜3年前」から使い続けている場合、バッテリーの持ちも悪くなっていますし、機種によってはバッテリー容量が小さいものもあります。

出前館配達パートナーとmenu配達クルーは、スマホの機種はどれでも問題ありませんが、Uber Eats 配達パートナーに関しては、スマホの機種に「iOS端末(iPhone)を推奨」されています。

くまブロガー
Uber Driver アプリでトラブルが1番少ないのがiPhoneという結果が出ています。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして2台持ちする予定であれば、iOS端末(iPhone)を用意するのがおすすめですね。

▶︎[公式]モバイルバッテリーならAnker↗︎

 

配達時のデータ通信量消費

スマホのデータ通信量(ギガ数)は、Uber Eats 、出前館、menuの配達パートナーとして稼働する時間にもよりますが、1日に「約0.2〜0.3GB(ギガバイト)」消費します。

1ヶ月20日稼働するとなると、1ヶ月「約4GB〜6GB」消費することになります。

スマホのデータ通信プランを以前から変更していないと、「1ヶ月7GB上限」というプランが主流でしたので、プライベートでも使用していると「通信制限(速度制限)」になる可能性があるんです。

なので、配達用のスマホを用意して2台持ちするか、現在使用しているスマホの通信プランを「使い放題」などに変更する必要がありますね。

 

Uber Eats 配達パートナーは業務で格安SIM(スマホ)は使える?

Uber Eats(ウーバーイーツ配達パートナーとして稼働するのに、スマホの2台持ちをするなら「料金が安い格安SIM」の新規契約を検討される人も多いでしょう。

また、出前館、DoorDash、Wolt、menuの配達パートナーとして稼働される方も、同じような疑問をお持ちの方も多いですよね。

 

Uber Eats 、出前館、Wolt、DoorDash、menu配達アプリが使える端末

Uber Eats 、出前館、menu配達アプリが使える端末について解説していきましょう。

 

Uber Driver アプリ

Uber Driver アプリが使える条件は、

Uber Driver アプリ

  • iOS:13.7以降(iPhone、iPad、およびiPod touchに対応)
  • Android:5.0以上

というようになっています。

 

出前館Driverアプリ

出前館Driverアプリが使える条件は、

出前館Driverアプリ

  • iOS:11.0以降(iPhone、iPad、およびiPod touchに対応)
  • Android:7.0以上

となっています。

 

DoorDash配達パートナーアプリ

menu配達クルーアプリが使える条件は、

DoorDash配達パートナーアプリ

  • iOS:14.1以降(iPhone、iPod touchに対応)
  • Android:5.0以上

となっています。

 

Wolt配達パートナーアプリ

Wolt配達パートナーアプリが使える条件は、

Wolt配達パートナーアプリ

  • iOS:13.0以降(iPhone、およびiPod touchに対応)
  • Android:5.0以上

となっています。

 

menu配達クルーアプリ

menu配達クルーアプリが使える条件は、

menu配達クルーアプリ

  • iOS:11.0以降(iPhone、iPad、およびiPod touchに対応)
  • Android:5.0以上

となっています。

なので、各フードデリバリーサービスも、iOS版なら「iPhone8〜」、Android版なら「発売されて3、4年の端末」であれば問題ありません。

 

格安SIMで配達業務に支障はないのか

格安SIMだと、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に比べて「通信速度」や「通信エリア」が劣るので、「Uber Eats 配達パートナー」や「menu配達クルー」として使用するのに支障がでないか心配ですよね。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」、「出前館」「menu(メニュー)」いずれも格安SIMを使ってはいけないという決まりはありません。

ですが、Uber Eats の場合、マニュアルには「格安SIMだと、配達完了できない問題が多く発生している」というような記載がありますから、なるべく格安SIMの使用は控えるのがおすすめです。

一方、menu(メニュー)には、まだそういったエラーやトラブル情報(2020年6月現在)がありませんので、問題なく使用できるでしょう。

 

Uber Eats 配達パートナーのスマホ2台持ちでおすすめ格安SIM

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーや、出前館、DoorDash、Wolt、menu配達パートナーが2台持ちするなら、

おすすめの組み合わせ

「3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)」と「格安SIM」

という組み合わせがおすすめです。

ここでは、おすすめの格安SIMをご紹介していきます。

 

楽天モバイル

格安SIMとして展開していた楽天モバイルが、楽天回線でのサービスを開始しましたね。

料金プランは、「Rakuten UN-LIMIT(月額3,278円税込)」のひとつだけですが、契約してから「3ヶ月基本料金(月額3,278円税込)が無料」のキャンペーンをやっています。

楽天モバイル

  • 月額3,278円税込でデータ無制限(※楽天基地局に接続時・パートナー回線5GBまで)
  • Rakuten Linkアプリ使用で国内通話かけ放題(※一部対象外番号あり)

※Rakuten Linkアプリを使用しないと30秒20円です。

しかも、いつ解約しても「違約金が発生しない」ので、基本料金が無料の期間に解約したとしても、費用が一切かかりません。

楽天モバイルは、通信・エリア「拡大中」のため、地域によってはつながらない場所もあります。

ただ、通信・エリアをみてもわかるように、楽天回線エリア外だと「パートナー回線(KDDIの回線)」を使用しているので、全くつながらないというケースは少ないでしょう。

なので、月額料金を安く抑えたいという人には、サブ端末として「楽天モバイル」を使ってみるのがおすすめですね!

▶︎[公式]楽天モバイルの詳細はこちら↗︎



 

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルも、2020年6月現在「6ヶ月間月額料金無料(音声通話SIM3GB以上)」のキャンペーン中ですから、2台目のスマホとしておすすめの格安SIMです。

くまブロガー
3ギガプランは「月額1,320円(税込)」で、格安SIMの中でも安いですし、既に「BIGLOBE接続サービス(光ファイバー、ADSL、「ベーシック」コースなど)」を利用中であれば、月額1,100円(税込)と「220円割引」されます。

BIGLOBEモバイル

  • BIGLOBEでんわ使用で「9.9円(税込)/30秒」(一部対象外)
  • 通信エリアは「ドコモ回線、au回線」いずれかを選択

これからBIGLOBEモバイルを新規契約して、1年以内に「解約、退会、利用停止」しても、解除料として「1,100円(税込)」しかかかりませんので、違約金を心配する必要もありませんね!

▶︎[公式]BIGLOBEモバイル詳細はこちら↗︎

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナーはスマホ2台持ちが安心)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのスマホ2台持ちについて解説してきました。

最近では、出前館、DoorDash、Wolt、menuのように、フードデリバリーサービスも増えたので、配達パートナーとして稼働するのに、専用のスマホを用意すべきか悩む方も多いでしょう。

各フードデリバリーサービスの配達パートナーとして稼働するのに、スマホを2台持ちしなくても十分稼働することができます。

ですが、配達中にスマホの「バッテリー切れ」だったり、「故障(操作ができない)」ということも考えられるので、トラブルを避けるという意味でもスマホを2台持っていると安心です!

最近では、月額料金が安い「格安SIM(格安スマホ)」も販売されていますから、あまり無理をしなくてもスマホの2台持ちが出来ますよね。

ただ、スマホ2台持ちの方が効率的だという人もいれば、2台も必要ないという人もいますので、まずは、Uber Eats 配達パートナーとして稼働してみてから判断するのがおすすめです‼︎

-DoorDash配達パートナー, menu(メニュー)配達クルー, Uber Eats 配達パートナー, Wolt(ウォルト)配達パートナー, スマホで稼ぐ, 出前館業務委託配達パートナー