Uber Eats レストランパートナー スマホで稼ぐ

Uber Eats レストランのタブレットは自分で用意?スペックは?パートナー用アプリ対応端末を解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、配達パートナーに配達業務を委託してレストランが注文を受注できるフードデリバリーサービスです。

注文を受注するシステムは、タブレットとネット接続できる環境があれば、レストラン用アプリをインストールして使うことができます。

そこで、Uber Eats レストランパートナー(加盟店)として使うタブレットは「自分で用意しなければいけないのか?」、「Uber Eats でレンタルできるのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • タブレットはレンタルできる。
  • タブレットレンタル料は月額1,700円。
  • タブレットレンタル料は通信料込み。
  • タブレット購入時に必要なスペック。
Uber Eats レストランパートナーのタブレットはレンタルすることもできます。

もちろん、使用するタブレットをお持ちでインターネットに接続できる環境があれば、レンタルの必要もありませんし、費用もかかりません。

ただ、レストランとして「タブレット」も「ネット環境」もないのであれば、Uber Eats からインターネットに接続できるタブレットをレンタルするのがおすすめです。

タブレットレンタル料にはインターネット通信料も含まれていますし、アプリもインストールされた状態で届くので、これからご自身で用意するよりスムーズにUber Eats に出店することができますね!

▶︎[公式]Uber Eats レストランパートナー↗︎

Uber Eats レストランパートナー募集

 

Uber Eats レストランのタブレットを準備する方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー(加盟店)で使うタブレットを用意する方法は2つあります。

 

レストランパートナー側で用意する

Uber Eats レストランパートナーが、注文を受注するためのタブレットをご自身で用意する方法です。

レストランにWi-Fi環境があれば、タブレットを自分で購入してUber Eats レストラン用アプリをインストールすれば、タブレットに関する料金は発生しません。

タブレットはiPad(iOS端末)でもAndroid端末でも、どちらでもUber Eats レストランパートナー用として使えるので、好みの機種を用意すれば大丈夫です。

 

Uber Eats からレンタルする

Uber Eats レストランパートナーとして登録すると、専用のタブレットをレンタルすることができます。

レストランにWi-Fiなどインターネット環境がなく、タブレットもお持ちでないという場合は、Uber Eats からレンタルするのがおすすめです。

Uber Eats からレンタルするタブレットには、レストラン用アプリがインストールされているので、レストランパートナーとしての準備ができていればすぐに注文を受けることができますね。

▶︎[公式]Uber Eats レストランパートナー↗︎

 

Uber Eats レストランのタブレットでレンタルできる端末

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー(加盟店)としてレンタルできるタブレット端末について解説していきましょう。

 

レンタルタブレットはAndroid端末

Uber Eats からレンタルできるタブレットは「Android端末」です。

以前は、iPad(iOS端末)もレンタルできていたようですが、現在はほとんどのタブレットがAndroid端末となっています。

Uber Eats レストラン用アプリは、iOS版とAndroid版どちらも提供されていますし、画面や操作方法も同じになっているので、タブレット端末がiPadでもAndroidでも問題はありません。

 

レンタルタブレットはSIM付きモデル

Uber Eats からレンタルできるタブレットは、タブレットにSIMカードが入っているタイプの端末です。

MEMO

SIMカードのSIMは「Subscriber Identity Module」の略で、SIMカードの中には契約者情報などが入っています。

レンタルタブレットには、Uber Eats によって契約されたSIMカードが入っているため、電源を入れるだけでインターネット接続できるようになっています。

スマートフォンのように、4G・5Gによるインターネット接続ができるようになっているので、レストランにインターネット接続環境がなくても問題ありません。

 

タブレットメーカーはLenovoが多い

Uber Eats レストランパートナーのレンタル用タブレットとして届くのは、Lenovo(レノボ)の端末が多くなっています

レンタル用タブレットの中には、他のメーカーによるものもあるかもしれませんが、基本的にはLenovo製のタブレットを使うことになるでしょう。

Lenovo製タブレットは、価格が比較的安いものが多いですね。

もし、レストランにインターネット接続できるWi-Fi環境があれば、Lenovo製タブレットを購入しても良いかもしれませんね。

▶︎[公式]Uber Eats レストランパートナー↗︎

 

Uber Eats レストランのタブレットをレンタルする時の費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー(加盟店)のタブレットをレンタルする時の費用について解説していきましょう。

 

タブレットレンタルによる初期費用

Uber Eats でタブレットをレンタルする時の初期費用はありません。

タブレットのレンタルは月額制となっているため、レンタルを開始した最初の月は費用が発生することはありません。

 

タブレットレンタルによる月額料金

Uber Eats によるタブレットのレンタル料金は、月額「1,700円」となっています。

1,700円を上回ることも下回ることもなく、毎月固定された料金です。

レストラン側でタブレットやネット環境を整える場合、契約して開通するまでの手続きなど手間がかかりますし、場合によっては料金も高くなってしまう可能性があります。

Uber Eats によるタブレットのレンタル料には、タブレットレンタル代とインターネットの通信料も含まれているため、レストラン側で用意するよりも安く利用することができますね。

 

タブレットレンタル料の支払い方法

Uber Eats レストランパートナーのタブレットレンタル料は、毎月の売り上げから差し引かれる仕組みになっています。

もし、Uber Eats による売り上げがない場合は、その月はレンタル料が引かれることはないので、安心してタブレットをレンタルすることができます。

▶︎[公式]Uber Eats レストランパートナー↗︎

Uber Eats レストランパートナー募集

 

Uber Eats レストランのタブレットに必要なスペック・仕様

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー(加盟店)としてタブレットを自分で用意する場合、どんなスペック・仕様の端末が必要なのか解説していきましょう。

 

iPad(iOS端末)に必要なスペック

Uber Eats レストランパートナー用タブレットとしてiPadを使う場合、iOS版「Uber Eats Orders」アプリをインストールして使えるスペックが必要です。

iPadのスペックに必要なのは、2022年5月現在「iPadOS10.0以降、容量89.7MB」が必要です。
Uber Eats Orders 対応iPad
  • iPadは第5世代以降の端末。
  • iPad mini 2世代以降の端末。
  • iPad Air全機種対応。
  • iPad Pro全機種対応。

上記に記載してあるiPadは、どれもiPadOS10.0以降なので、Uber Eats Orders アプリをインストールして使うことができます。

ただ、機種によってはAppleによるサポートが終了している場合があるので、長く使うようであればサポート対応している新しめのiPadを用意するのがおすすめですね。

 

Android端末に必要なスペック

Uber Eats レストランパートナー用タブレットとしてAndroid端末を使う場合、Android版「Uber Eats -レストラン用」アプリをインストールして使えるスペックが必要です。

 

レストラン用アプリ対応のAndroidスペック

Android端末のタブレットは、色々なメーカーが販売しているので、それぞれのタブレットによるスペックや仕様を確認する必要があります。

Androidのスペックに必要なのは、2022年5月現在「Android6.0以上、容量38MB」が必要です。

Android端末を使うのであれば、Uber Eats からレンタルできるタブレットとして多いメーカーである「Lenovo(レノボ)」製のものがおすすめです。

また、Uber Eats レストランパートナーで「Lenovo TAB M8(HD)」という機種が届いたという方がいらっしゃるので、同じくらいのスペック・仕様を基準として選ぶのも良いですね。

 

レストラン用アプリ対応Androidダブレットの種類

Uber Eats レストラン用アプリに対応しているAndroidタブレットは、Lenovo製以外のメーカーでも対応しています。

Androidタブレットのメーカー
  • LAVIE(NEC製)
  • シャオミ(Xiaomi)
  • HUAWEI(ファーウェイ)
  • ティーシーエル(TCL)

Androidタブレットは、上記のようなメーカーも販売しているので、Android6.0以降のバージョンであれば、Uber Eats レストラン用の端末として使うことができます。

ただ、それぞれのメーカーによって端末の仕様は違いますから、Uber Eats からのレンタルタブレットに多いLenovo製の端末を用意するのが安心ですね。

 

Uber Eats レストランのタブレットとして使えない端末

Androidタブレット端末の中には、AndroidのようなOSが搭載されたタブレットがあります。

注意
  • Kindle(Fire OS)
  • HUAWEI(Harmony OS)
Androidタブレットは、選ぶのを間違えるとUber Eats レストラン用として使えない可能性もあります。

AmazonのKindleタブレットのように、Android OSをベースとして作られた「Fire OS」のように、Android OSではないタブレットもあるんです。

また、HUAWEIは、Androidタブレットだけでなく、HUAWEI独自の「Harmony OS」を搭載したタブレットを発売しています。

なので、Lenovo製以外のメーカーによるタブレットを用意する場合は、スペック・仕様をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

▶︎[公式]Uber Eats レストランパートナー↗︎

Uber Eats レストランパートナー募集

 

まとめ(Uber Eats レストランのタブレットはレンタルできる)

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー(加盟店)によるタブレットは、レストラン側で用意しなくてもレンタルすることができます。

レンタルできるタブレットはAndroidタブレットで、インターネット通信できるSIMカードが入っているので、電源を入れればすぐに使えるようになっています。

もし、レストランにタブレットもWi-Fiなどネット接続できる環境もなければ、Uber Eats からタブレットをレンタルするのがおすすめです。

月額1,700円で通信料も含まれていますし、支払いも売り上げから差し引かれるので、初期費用をかけなくて済みますね。

また、Uber Eats による売り上げがなければ、その月にレンタル料が差し引かれることはないので、安心して使い続けることができる仕組みです。

なので、レストランにタブレットとネット環境がなくても大丈夫なので、Uber Eats のレストランパートナーとして登録して売り上げアップさせましょう!

-Uber Eats レストランパートナー, スマホで稼ぐ