Uber Eats 配達パートナー スマホで稼ぐ

Uber Eats 配達パートナーは女性もできる?体力的にキツイ?女性が抱える不安やリスクについて解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーというと「男性」が配達しているイメージの方が強いですよね。

そこで、Uber Eats 配達パートナーに興味はあるけど「女性でも体力的に問題はないのか?」、「女性による不安やリスクは大丈夫なのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • 配達パートナーの男女比率。
  • 電動アシスト自転車やバイクなら体力的な問題なし。
  • 女性の配達パートナーに対する不安とリスク。
くまブロガー
女性でも、Uber Eats 配達パートナーはとして活躍している人はたくさんいます。

もちろん、Uber Eats 配達パートナーは男性の方が圧倒的に多く稼働していますが、女性も同じように配達している姿を結構見かけます。

女性がUber Eats 配達パートナーとして稼働する場合、体力的な不安があるかもしれませんが、電動自転車や原付バイクなどで稼働すれば気になりません。

また、Uber Eats 配達パートナーは、Uber Driver アプリのオンオフだけで稼働するかどうか設定できるので、好きなタイミングで休憩しても全然大丈夫です!

女性でもUber Eats 配達パートナーとして十分活躍できますから、空いてる時間を利用して稼いでみましょう‼︎

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【Uber Eats】配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナーとして稼働している男女比率(%)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの男女比率は、およそ「男性78.6%、女性21.4%」となっています。

Uber Eats 配達パートナー男女比率 (小数点以下四捨五入)

くまブロガー
実際、女性のUber Eats 配達パートナーを見かけたことがあるので、少しづつ増えている感じがしますね‼︎

街で見かけるUber Eats 配達パートナーは、ほとんどが男性かもしれませんが、最近では女性にも人気があるので稼働している人が多いです。

配達車両を持っていなくても電動自転車をレンタル・シェアできるので、体力に不安がある女性でも安心して安心して稼働することができます。

また、料理を丁寧に配達するというUber Eats 配達パートナーの業務内容においても、細かな気配りができる女性に向いています。

女性のUber Eats 配達パートナーを街でたくさん見かけるようになる日も近いですね!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーは女性でも体力的に問題ない

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、女性でも電動アシスト付き自転車」や「原付バイク」を使えば体力的に問題ありません。

電動アシスト付き自転車なら坂道でもほとんど力を入れないで走行することができます。

 

電動アシスト付き自転車は電気代のみ

Uber Eats 配達パートナーは、自転車以外にも原付バイクなどで配達することもできますが、報酬にはガソリン代など維持費は含まれませんから「すべて自腹で精算」することになります。

電動アシスト付き自転車なら、バッテリーを充電する電気代だけで済みますので、毎月必要な維持費を節約することが出来ます。

 

電動アシスト付き自転車のレンタル

Uber Eats 配達パートナー登録をしていれば、「Uber Eats 専用のレンタルプラン」を利用することが出来ます。

ドコモ・
バイクシェア
COGICOGI
リース
帝都産業 Cycle Trip
(サイクルトリップ)
ヤマハYPJ
プラン シェアサイクル レンタル レンタル レンタル レンタル
料金 月額(税込)
4,400円
最初30分無料
(110円/30分)
月額(税込)
6,600円
月額(税込)
11,000円
自転車の
タイプで
異なる
月額(税込)
11,000円

中でもドコモ・バイクシェアは、プランが「シェアサイクル」なので、好きな時に好きな場所で借りられますし、返却する時も同じ場所じゃなくても良いので、色々なエリア(地域)で配達したい人にはおすすめですね!

各サービスを利用できるエリアに関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

くまブロガー
Uber Eats 配達パートナー専用のドコモ・バイクシェアプランは、2020年12月で終了しています。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

女性がUber Eats 配達パートナーに抱く不安やリスク

女性がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録する前に、どうしても不安になるポイントについて解説していきます。

 

専用バッグの重さ

Uber Eats 配達パートナーは、Uber Eats 専用のバッグで配達するので、見かけたことがある女性は「バッグめっちゃでかい‼︎」って感じると思います。

力の弱い女性でも、Uber Eats のバッグを使いこなせるのか気になりますよね。

横幅 高さ 奥行き 重量
Uber Eats
専用バッグ
(最新版)
45cm 45cm 26cm 2.8kg

確かに、Uber Eats のバッグは、普通のバッグと比べても大きいですし、重量も約2.8kg(キログラム)あるので持ち運びに苦労するかもしれません。

ですが、Uber Eats のバッグは「リュック型」なので、背負ってしまえばそんなに重さを感じることはありません。

実際、女性の配達パートナーが配達している姿をみても、Uber Eats のバッグを背負って颯爽と走っているので、あまり不安に感じなくて大丈夫です。

 

顔写真や名前の表示

Uber Eats 配達パートナーは、プロフィール写真(顔写真)を登録する必要がありますし、Uber Eats の注文者(ユーザー)に表示されるシステムになっています。

男性であればそれほど気にならないかもしれませんが、女性だとプロフィール写真が表示されるのは結構不安に感じてしまうでしょう。

ここばポイント

  • プロフィール写真は、お店から注文者へお届けするまでの時間だけです。
  • 料理を届けた後は、配達パートナーの名前だけしか記録として残りません

 

Uber Eats 配達パートナーの名前は、姓(苗字)は非表示なのでフルネーム表示されることはありません。

また、表示される名前はローマ字表示になっている人もいるので、Uber Eats 配達パートナーの本名が公開されることはないので安心ですね。

 

現金対応のリスク

Uber Eats 配達パートナーは、注文者の支払い方法として「現金払い」に対応するかどうか選択することが出来ます。

現金払いに対応するとなると、常にお釣りとして現金を持ち歩くことになりますし、支払ってもらった現金も管理することになります。

女性だと引ったくりにあうリスクも考えられるので、現金対応するのであれば日中稼働すると安心です。

ただ、現金払い対応しなくてもUber Eats の配達依頼(配達リクエスト)はあるので、個人的には「現金払いに対応をしない」のがおすすめですね!

 

夜に配達するリスク

Uber Eats は、深夜2:00まで注文できるレストランパートナーもあるので、Uber Eats 配達パートナーとしても「深夜2:00まで」配達リクエストがくる可能性があります。

くまブロガー
ですが、女性の場合、遅い時間帯になると危険ですから、なるべく早めに切り上げるのが安心です。

夜は、どうしても人通りが少なくなりますし、Uber Eats 注文者(ユーザー)のお宅が住宅街だと、辺りは外灯だけで真っ暗になっているので注意しましょう。

なので、女性の配達パートナーは、防犯用ブザーなどを携帯しておくと安心ですね!

 

日焼けのリスク

Uber Eats 配達パートナーは、基本的に外での業務になりますから、日中は日焼けの可能性があります。

女性だと日焼けに気をつけている人が多いと思いますが、Uber Eats の配達は汗をかくことも多くなります。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際は「汗や水に強い日焼け止め」や「UVカットサングラス」を使用するのがおすすめです。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

女性がUber Eats 配達パートナーに向いている理由とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、男性の方が多いので男性向きと思われがちですが、実は「女性の方が向いていることがある」んです。

 

女性ならではの気遣いや配慮

レストランパートナーから注文者(ユーザー)へ料理を配達する時に、1番難しいのが「受け取った料理の状態管理」です。

Uber Eats 配達パートナーは「自転車」や「原付バイク」で配達するので、走行する道によって背負っているバッグにどうしても衝撃がきます。

そうすると、料理の位置がずれてしまうこともありますので、配達中は十分に注意する必要があります。

Uber Eats の配達バッグは大きくてたくさん入るようになっているので、料理を固定できるようマジックテープの仕切りで調整できるようになっています。

ただ、料理の容器によっては、仕切りだけだとバランスが悪くなってしまうものあるので、料理がずれてしまわないように工夫する必要があるんですよね。

例えば、Uber Eats 配達用バッグに「クッション材」や「エアー衝撃材」を入れて、料理を受け取った時と同じ状態を保てるように工夫しているのは、男性より女性の配達パートナーの方が圧倒的に多いです。

こういった料理を配達する際の「気遣い」や「配慮」は、女性ならではの発想がとても大切ですし、注文者(ユーザー)にとっても嬉しいとことですよね!

 

配達しながらダイエットにもなる

「ウォーキング」や「ジョギング」など、ジムに通って運動することでダイエットするのも良いんですが、継続するのって結構大変ですよね。

女性がUber Eats 配達パートナーとして稼働すれば、お金を稼げるだけでなくダイエットにもつながります

くまブロガー
まさに、一石二鳥ですよね。

女性だけでなく男性も、ダイエット目的でUber Eats 配達パートナーに登録して稼働する人も増えているんですよね。

電動アシスト付き自転車で配達したとしても、平らな道は「アシスト機能をオフ」にしておき、大変な坂道だけアシスト機能に頼るような使い方をすれば、とても良い運動になります。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナーは女性でも活躍できる)

女性でも「Uber Eats 配達パートナーとして稼働できるのか?」という内容について解説してきました。

現状、Uber Eats 配達パートナーは男性の割合が多いですが、女性の割合もどんどん増えてきて活躍している人も多いです。

電動アシスト付き自転車や原付バイクを使えば、体力的に不安のある女性でも安心ですし、料理を配達するための気遣いも女性の方が優れていると感じました。

なので、女性でもUber Eats 配達パートナーとして活躍することは出来ますし、Uber Eats の「レストランパートナー」や「女性の注文者(ユーザー)」も嬉しいですよね!

Uber Eats 配達パートナーの働き方は自由ですし、適度な運動にもなりますから、Uber Eats 配達パートナー登録して新しいライフスタイルをスタートさせましょう‼︎

-Uber Eats 配達パートナー, スマホで稼ぐ