スマホで繋がる人と未来へようこそ

Uber Eats 配達パートナーが稼ぎやすいピークタイム!売上予測機能でエリアや料金確認方法を解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、基本報酬として得られる配送料に加えて、ブーストやクエストといったインセンティブを獲得できる仕組みがありますよね。

ブーストやクエストはかなり有名になっていますが、ピークタイムに発生しやすいピーク料金というインセンティブは、まだあまり聞き慣れない方もいるんじゃないでしょうか?

ピーク料金が獲得できるエリアは、Uber Driver アプリの地図上でオレンジ色や赤色に染まっているエリアのことで、ヒートマップとも言われています。

Uber Eats 配達パートナーは、ピーク料金エリアで稼働することで、基本報酬に加えてピーク料金がインセンティブとして獲得できるので、効率よく稼げるようになっているんです。

漠然とUber Eats のサービスエリアで稼働するのではなく、Uber Driver アプリの売上予測機能を活用してうまく稼働すれば、インセンティブを多く獲得できるようになります!

Uber Eats 配達パートナーとして稼ぐための正しい知識や工夫をすれば、これからUber Eats 配達パートナーに登録する人も全然稼げるので、新しい生活を始める第一歩を踏み出しましょう‼︎

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーのピークタイムとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのピークタイムとは、食事をする時間帯である「ランチタイム」と「ディナータイム」のことです。

ランチタイムは「11:00〜14:00」、ディナータイムは「18:00〜21:00」の時間帯に、Uber Eats を利用する人が多くなっています。

ピークタイムだからといって、必ずしもピーク料金が獲得できるエリアが発生するわけではありません。

ただ、Uber Eats レストランパートナーがたくさん集まっているエリアだと、需要もかなり多いですし、ピーク料金が発生しやすくなっているでしょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーのピークとブーストの違いとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのピーク料金は、ピーク料金エリアで稼働することで獲得できるインセンティブです。

ですが、ブーストも同じように、ブーストエリアで稼働することで獲得できるインセンティブなので、それぞれ何がどう違うのか分かりづらいかもしれません。

ピークとブーストは、

ピークとブーストの違い
  • ピークとブーストの発生要因
  • ピークとブーストの地図表示
  • ピークとブーストの事前通知

ということに違いがあります。

では、ひとつずつ詳しく解説していきましょう。

ピークとブーストの発生要因

ピークは、Uber Eats レストランパートナーの混雑状況が影響しています。

Uber Eats レストランパートナーが混雑しているにも関わらず、対応できるUber Eats 配達パートナーが少ない場合に、ヒートマップとしてピーク料金エリアが発生する仕組みです。

一方、ブーストは、Uber Eats の注文が多い時間帯やエリアに発生します。

また、ブーストが発生するエリアや時間帯は、Uber Driver アプリのプロモーションで事前に確認できるようになっています。

ピークとブーストは、それぞれのエリアで稼働することで獲得できるインセンティブですが、発生する要因がそれぞれ違うということですね。

ピークとブーストの地図表示

ピークとブーストは、それぞれ地図上の表示が違います。

Uber Driver アプリのピーク料金エリア
引用元:Uber Driver アプリ

ピーク料金エリアの場合、オレンジ色や赤色になっていて、¥100と金額が表示されています。

一方、ブーストは、エリアごとに青いラインで囲まれていて、倍率インセンティブともいわれているように、エリアによって1.1xや1.2xというように倍率で表示されています。

ピークとブーストの事前通知

ブーストの場合、SMSやメールで事前に発生することが通知されますが、ピークの場合は、いつ発生するかわからないので事前通知がありません。

ピーク料金が発生しているかどうかは、Uber Driver アプリを起動して自分で確認しないと分かりません。

くまブロガー
ピークやブーストはオフラインでも確認できます。

なので、ピークタイムといわれる時間帯や、Uber Eats レストランパートナーが集まっているエリアをこまめにチェックするのがおすすめですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Driver アプリで売上予測でピーク料金エリアの確認

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが使うUber Driver アプリの売上予測について解説していきましょう。

売上予測で稼ぎやすいエリアや時間帯を確認

Uber Driver アプリ売上予測機能
引用元:Uber Driver アプリ

Uber Driver アプリの売上予測は、4週間のデータとブーストの予測に基づいて、エリアごとに稼ぎやすい時間帯を確認できます。

Uber Eats の需要が高い時間帯
引用元:Uber Driver アプリ

例えば、新宿・渋谷エリアだと、午前1時〜午前7時までのUber Eats を利用できない時間帯を除けば、どの時間帯も平均して注文があることが分かります。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして稼働するエリアの売上予測は、こまめにチェックしておくと稼働するときに役立ちますね!

売上予測でピーク料金エリアを確認

ピーク料金エリアは、オレンジ色や赤色で色が濃いほど料金が高く設定されています。

Uber Eats ピーク料金¥100エリア
引用元:Uber Driver アプリ

下の地図を見ると、中心エリアほどオレンジ色が濃くなっていて、ピーク料金も175円と高く設定されています。

Uber Eats ピーク料金¥100〜¥175エリア
引用元:Uber Driver アプリ

ただ、オレンジ色の外側を見ると、灰色になっているエリアがありますよね。

この灰色のエリアは、ピーク料金はあまりついていませんが、注文が多いまたは配達パートナーが少ないエリアという状況をあらわしているようです。

ピーク料金エリアは、Uber Eats 配達パートナーが集まりやすく、配達リクエストを受けられないという人も出てくる可能性があるので、少し離れたエリアで稼働する方が稼げる場合もあります。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーによるピーク料金獲得時の報酬

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのピーク料金は、基本報酬に対してどのように加算されるのか解説していきましょう。

ピーク料金発生エリアでの報酬

ピーク料金が発生しているエリアは、エリアによってピーク料金に違いがあります。

配達パートナー
の位置情報
ピーク料金
ケース1 ケース2
配達リクエスト
を受けたエリア
200円 300円
ピックアップする
レストランエリア
400円 100円

Uber Eats 配達パートナーが「配達リクエストを受ける地点」と「ピックアップしにいくレストラン地点」では、それぞれピーク料金が違うことがありますが、自動的に料金が高い方が優先されて適用されます。

例えば、表のケース1の場合、配達リクエストを受けた地点では、ピーク料金が200円ですが、ピックアップするレストラン地点でのピーク料金は400円です。

こういった場合には、ピーク料金の高い方が適用されるため、Uber Eats 配達パートナーの「基本報酬+ピーク料金400円」ということになります。

ケース2の場合も同様に、ピックアップするレストラン地点よりも配達リクエストを受けた地点のピーク料金が高いため、Uber Eats 配達パートナーの「基本報酬+ピーク料金300円」ということになります。

ピークとブースト同時発生エリアでの報酬

エリアごとに発生するピークとブーストのインセンティブは、それぞれ別々のエリアで発生するイメージがあるかもしれませんが、同じエリアで2つ同時にインセンティブが発生することもあるんです。

Uber Eats 配達パートナーの基本報酬は、エリアごとに決められている「受取料金+受渡料金ーサービス料」で計算されています。

報酬合計 基本報酬
(受取+受渡-手数料)
インセンティブ
ピーク料金 ブースト倍率
900円 500円 300円 1.2
1,380円 700円 400円 1.4

ピーク料金やブースト倍率は、基本報酬に対してのインセンティブなので、Uber へ支払うサービス料が適用されません。

くまブロガー
そのままの金額がUber Eats 配達パートナーの報酬として獲得できるようになっています。

表をみても分かるように、ピーク料金とブースト倍率がついているエリアで稼働すると、基本報酬に対して約1.5〜2.0倍の報酬を獲得できる仕組みになってるんです。

滅多に発生しないかもしれませんが、Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際、ピークとブーストが同時に発生しているエリアが付近にある場合は、そのエリアを中心に稼働すると効率的に稼げますね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

まとめ(Uber Eats 配達パートナーのピークタイム)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのピークタイムにおけるピーク料金について解説してきました。

Uber Eats 配達パートナーのインセンティブとして発生するピーク料金エリアは、Uber Eats レストランパートナーの混雑状況によって、十分な配達パートナーがいないエリアに発生することが多くなっています。

ピーク料金は、ブーストのように事前に確認できるインセンティブではないため、稼働するときにUber Driver アプリでリアルタイムに確認する必要があります。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際、インセンティブを気にせずに稼働してもいいのですが、どうせならより多くの報酬を獲得できる方が良いですよね。

Uber Driver アプリには、売上予測機能が搭載されていて、どのエリアのどの時間帯に多く注文があるか分かるようになってます。

インセンティブに関する正しい知識と、稼働するエリアを工夫すれば、これから稼働する人も十分稼げるので、Uber Eats 配達パートナーとしての新しい稼ぎ方を身につけましょう!