Uber Eats 配達パートナー スマホで稼ぐ

Uber Eats(ウーバーイーツ)PINコード機能とは!暗証番号入力により誤配を防止する機能を解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文アプリやドライバーアプリは、より快適に安心して使えるよう、できるだけ短いスパンでアップデートされています。

最近では、新たに「PINコード」という機能が試験的に実装されました。

そこで、Uber Eats 注文時に入力する「PINコードはどういう機能かのか?」、「PINコードがわからない時どうすればいいのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • PINコードは誤配を防止するための機能。
  • PINコード不明時は携帯番号下4桁で代用。
  • PINコードを入力しないで配達完了する方法。
くまブロガー
Uber Eats のPINコード機能は、誤配を防止して注文者に商品を確実にお届けする機能です。

Uber Eats 注文者が商品を受け取る際、画面上に表示されるPINコードを配達パートナーに共有することで、配達を完了できる仕組みとなっています。

注文時に発行されるPINコードを共有すれば、確実に商品を渡したことになるので、注文者と配達パートナーどちらも安心できる機能です。

より安心してUber Eats を利用しやすくなっているので、この機会にUber Eats のある生活を始めてみましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)新機能PINコードの仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)新機能PINコードの仕組みを解説していきましょう。

 

Uber Eats のPINコードを使った新機能

まず、PINコードの基本的な役割について解説していきます。

 

PINコードとは

PINコードとは、Personal Identification Number(パーソナル・アイデンティフィケーション・ナンバー)の略で、個人識別番号とも呼ばれています。

くまブロガー
簡単にいうと、PINコードは暗証番号と同じ役割を持っています。

PINコードの桁数は、サービスによって違いますが、Uber Eats で使われるPINコードは4桁の暗証番号となっています。

 

PINコードは誤配を防ぐための機能

Uber Eats のPINコード機能は、注文された商品を注文者に確実に届けるために実装された機能です。

PINコードは、配達の際に注文者の商品の受け取りを確認するための番号として使用されます。

PINコード機能を使うことで、注文者に商品を確実にお届けすることが可能になります。

引用元:Uber Eats 公式

Uber Eats 注文者と配達パートナーお互いがPINコードを共有することで、正しく商品を受け渡したことを証明することができます。

Uber Eats PINコード機能のイメージ

PINコード機能があれば、サインなど署名してもらう必要もなく、口頭で4桁の暗証番号を伝えてもらうだけで確認できます。

このPINコード機能があれば、Uber Eats を注文する時、配達パートナーとして稼働する時、どちらにとっても安心できる機能ですね。

 

PINコードは一部の注文のみ適用される

現在、このPINコード機能は、すべての配達依頼に対して行うのではなく、あくまで一部の配達依頼に対して発生するようになっています。

PINコード機能を使うことで、Uber Eats 注文者や配達パートナーにとって、どれだけ役立つか検証している段階だと言えるでしょう。

 

Uber Eats PINコード機能を使うタイミング

Uber Eats PINコード機能を使うタイミングを解説していきましょう。

 

注文者がPINコードを使うタイミング

Uber Eats のPINコード機能を使うタイミングは、注文した商品を受け取った後です。

注文者は、画面に表示されているPINコードを配達パートナーに対して口頭で伝えます。

商品を受け取る前にPINコードを伝えてしまうと、受け取っていなくても配達完了となってしまうので気をつけましょう。

 

配達パートナーがPINコードを使うタイミング

Uber Eats 配達パートナーは、お届け先に到着して商品を受け渡した後です。

注文者に商品を受け渡してからPINコード(暗証番号)を確認し、Uber Driver アプリに入力して配達を完了させます。

Uber Eats 配達パートナーと注文者、どちらも暗証番号を使うタイミングは同じなので、1度体験してしまえば簡単に使える機能ですね。

 

Uber Eats PINコード機能の導入エリア

Uber Eats のPINコード機能は、一部の地域で試験的に導入されているので、どの地域で導入されているかは分かりません。

また、今後どのようにPINコード機能が、地域ごとに拡大されていくかも分からないので、今後の動向に注目する必要があります。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【Uber Eats】配達パートナー募集

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)PINコード機能を使用する方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)PINコード機能を使う方法を解説していきましょう。

 

Uber Eats 注文者(ユーザー)がPINコードを使う方法

まず、Uber Eats 注文者側がPINコードを使う方法を解説します。

 

注文者がPINコードを使う流れ

Uber Eats 注文者側は、

注文者側のPINコード

  • 注文した商品を受け取る。
  • アプリに表示される暗証番号を口頭で伝える。

という流れでPINコードを使います。

くまブロガー
商品を受け取った後に、画面のPINコードを口頭で伝えます。

 

注文者がPINコードを使う方法

PINコードは、Uber Eats 注文アプリの暗証番号とのやり取りを説明する文章中に記載されています。

Uber Eats 注文アプリの画面は、下記のような内容で表示されています。


  • 注文の品を受け取る

    注文の品を受け取るまで、暗証番号を共有するのは待ってください。


  • 暗証番号「****」を声に出して伝えてください

    暗証番号を使って配達されたことを確認します。


  • 注文の品をお楽しみください!

    暗証番号は毎回の配達で必要ではありません。必要に応じてアプリに暗証番号が表示されます。


くまブロガー
PINコードは、上記説明文の真ん中にある「暗証番号を声に出して伝えてください」という部分に記載されています。

なので、PINコードが記載されている画面を消してしまわないよう気をつけましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 注文はこちら↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーがPINコードを使う方法

次に、Uber Eats 配達パートナーがPINコードを使う方法を解説します。

 

配達パートナーがPINコードを使う流れ

Uber Eats 配達パートナー側は、

ポイント

  • PINコードの配達依頼を受ける。
  • 商品を注文者に受け渡す。
  • 注文者に暗証番号(PINコード)を確認する。
  • ドライバーアプリにPINコードを入力する。

という流れでPINコードを確認して入力します。

 

配達パートナーがPINコードを使う方法

Uber Eats 配達パートナーは、PINコードが必要な配達かどうかわかるのは、配達依頼(配達リクエスト)を受けて商品を受け取った後です。


  • 配達依頼を受ける

    配達依頼を受けて、レストランへ商品を受け取りにいきます。


  • レストランで商品を受け取る

    注文品をレストランで受け取り、お届け先に配達を開始します。

    配達を開始すると、お届け先住所などの情報が表示され、1番下のところに「暗証番号を入力する」というボタンが表示されます。


  • 商品を受け渡してPINコードを確認

    注文者に商品を受け渡した後、Uber Driver アプリに入力するPINコード(暗証番号)を確認します。

  • ドライバーアプリにPINコードを入力

    注文者から聞いた4桁の暗証番号を入力すれば、PINコード機能を使った配達が完了します。


通常の配達依頼だと、最後に「配達を完了する」という表記になっています。

くまブロガー
ですが、PINコード機能が必要な配達依頼だと「配達を完了する」→「暗証番号を入力する」という表記に変わります。

PINコードが必要な場合は、注文者に商品を受け渡した後に暗証番号(PINコード)を確認し、入力して配達を完了させましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)PINコードが分からない時の対処法

Uber Eats(ウーバーイーツ)PINコードが分からない時の対処法を解説しましょう。

 

注文者の電話番号下4桁を入力して対処する方法

Uber Eats 配達パートナーは、注文者に商品を受け渡した後、アプリに表示されているPINコードを確認します。

注文者は、画面に表示されているPINコード(暗証番号)を確認して、口頭でUber Eats 配達パートナーに伝えます。

くまブロガー
もし、注文者がPINコードを確認する方法が分からない場合、電話番号下4桁で代用ができます。

注文者がPINコードの確認方法が分からない場合、注文者に電話番号の末尾4桁を提示していただくよう伝え、PINコードの代わりに入力することも可能です。

引用元:Uber Eats 公式

Uber Eats 配達パートナーは、注文者の携帯電話番号下4桁を入力すれば、配達を完了することができます。

なので、注文者がPINコード(暗証番号)を確認できない場合、時間をかけても仕方ないので電話番号下4桁を教えてもらいましょう。

 

4桁PINコードを入力しないで配達完了する方法

PINコード(暗証番号)を入力して配達完了する配達依頼を受けたけど、何かしらの理由でPINコードを確認できないことがあります。

また、PINコードの代わりとなる電話番号下4桁も確認できないこともあるでしょう。

配達依頼が置き配注文だった場合、直接PINコードが聞けないので、メッセージなどでも確認できないこともあります。

くまブロガー
PINコードと電話番号下4桁どちらも確認できない場合、PINコードを入力しないで配達完了できます。

安全上の理由を含め、何らかの理由でPINコードを入力できない場合、配達をそのまますすめ、「配達完了」をタップして配達を完了することができます。

PINコードを入力せず配達を完了しても、配達パートナーにネガティブな影響はありません。

引用元:Uber Eats 公式

Uber Eats 公式でも上記のように説明がされているので、どうしても対応できない場合には、そのまま配達をすすめて配達完了してしまいましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【Uber Eats】配達パートナー募集

 

まとめ(Uber Eats(ウーバーイーツ)PINコードは誤配防止機能)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の新機能PINコードについて解説してきました。

PINコード機能は、Uber Eats で注文した商品の誤配を防止し、注文者に商品を確実に届けるために導入されたものです。

直接商品を受け渡す際、注文者が配達パートナーに4桁のPINコード(暗証番号)を共有することで、注文した商品を受け取ったサインになります。

PINコード機能を使うことで「注文した商品が届かない」というトラブルは少なくなりますし、より安心してUber Eats を利用することができますね。

また、Uber Eats 配達パートナーとしても、しっかりと注文者に商品を受け渡したことになるので、安心して稼働することができます。

Uber Eats のサービスを利用したことがない方は、この機会に、スマホで注文したり稼いだりできるUber Eats のある生活を始めてみましょう!

-Uber Eats 配達パートナー, スマホで稼ぐ