スマホで繋がる人と未来へようこそ

Uber Eats 配達パートナーの稼働にノルマはある?配達件数や稼働時間など決まった基準があるか検証!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼働したいけど、配達件数や配達時間などノルマがあるのか気になるところですよね!

この記事でわかること

  • 配達パートナーにノルマはない。
  • 配達パートナーにノルマがない理由。
  • 配達パートナーはノルマではなくクエストあり。
  • 配達パートナーはノルマを設定すべきか。

ですが、Uber Eats 配達パートナーにノルマは一切ありません。

Uber Eats 配達パートナーは個人事業主ですから、稼働する日や時間帯を自分で決めることができるので、ちょっとした空き時間だけ稼働することもできます。

くまブロガー
例えば、週1回休日の時だけ稼働したり、仕事終わりに1時間だけ稼働するなんていうように自由に稼働できます。

マイペースに稼働できるUber Eats 配達パートナーに登録して、これからの新しいライフスタイルを手に入れましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーのノルマに関する具体的なQ&A

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにノルマはありませんが、本当に全くないのか気になる方も多いんじゃないでしょうか?

そこで、Uber Eats 配達パートナーが不安に感じる「配達ノルマの具体的な疑問」について解説していきましょう。

配達件数は1件でも大丈夫?

Uber Eats 配達パートナーとして稼働するのに「何件配達すれば良いの?」という疑問を持たれる方も多いですよね。

ですが、Uber Eats 配達パートナーにはノルマがありませんので、配達件数が「1日1件だけ」でも問題ありません。

いざ、Uber Driver アプリをオンラインにしてみたけど、配達リクエストが全然来ないなんてこともたまにあります。

MEMO

配達依頼が1件もなければ、Uber Eats 配達パートナーとして報酬はありませんが、業務上何の問題もありません

配達件数に関するノルマは一切ないので、安心してUber Eats 配達パートナーに登録してみましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

稼働(オンライン)時間は最低何時間?

Uber Eats 配達パートナーとして稼働するのに「1日何時間稼働(オンライン)にしておかないといけないの?」ということも気にになりますよね。

Uber Driverアプリをオンラインにすると、Uber Eats 配達パートナーとして「配達依頼をいつでも受ける準備が出来ている」ということです。

待機している時間もあるので、オンライン時間と稼働時間がイコールになるわけではありませんが、配達リクエストを受けていない状態であればいつでもオフライン(終了)させることができます

くまブロガー
稼働する時間が30分でも全然構いませんし、オンライン時間の上限である12時間まで稼働しても大丈夫です。

1日に稼働する時間はUber Eats 配達パートナーが自由に決めることが出来ますし、交代で稼働するようなシフトもありませんので誰にも迷惑をかける心配もありません。

登録後1度も稼働しなくても問題はない?

Uber Eats 配達パートナーに登録したけど、なかなか「稼働する時間がなくて1度も配達できない」なんてこともありますよね。

もし、Uber Eats 配達パートナー登録後、1ヶ月以上経過してしまったからといって登録アカウントがなくなってしまうことはありません

Uber Eats としては、配達パートナーとして登録した以上稼働して欲しいと思いますが、やむを得ないこともありますよね。

MEMO

Uber Eats 配達パートナーとして長期間稼働できなくても問題はありませんが、ずっと放置しないで「空いた時間だけでも」稼働するのがおすすめです。

ここまで解説してきたように、結果としてUber Eats 配達パートナーには「全くノルマがない」ということが分かっていただけたんじゃないでしょうか。

ノルマを気にされるくらい真面目な方であれば、Uber Eats 配達パートナーとして十分活躍できると思うので、この機会に新しいライフスタイルをスタートさせましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーにノルマがない理由とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーには、「どうしてノルマがないのか?」というと、Uber とは「個人事業主として契約する」のが理由です。

くまブロガー
個人事業主とは、法人を設立しないで個人で事業を営んでいる人のことです。

Uber Eats 配達パートナーは、あくまでUber Eats のレストランパートナーから配達業務を委託されて稼働することになります。

なので、Uber とUber Eats 配達パートナーは、直接的な雇用関係はなく業務上のパートナーということになります。

個人事業主は「何時から稼働するのか」、「何日間稼働するのか」など、スケジュールをすべて自分で管理しなければいけませんが、逆にノルマもなければシフトもありませんから、自分の好きな時間に好きなだけ稼働することが出来ます。

「人間関係に悩まされたくない!」、「自分のペースで仕事がしたい!」という人は、Uber Eats 配達パートナーに登録して稼働するのがおすすめです!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーにノルマはないがクエストあり

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにノルマはありませんが、配達する回数によって追加報酬を得られる「クエスト」というシステムがあります。

くまブロガー
クエストは任意なので、やってもやらなくても問題ありません。
クエスト例
  • 5回配達完了で「500円」報酬
  • 10回配達完了で「1,000円」報酬
  • 15回配達完了で「1,500円」報酬

Uber Eats 配達パートナーのクエストは、通常稼働した時に受け取る報酬とは別に、達成した配達した回数(5回、10回など)によって得られるインセンティブ(追加報酬)のことです。

クエストはノルマではなく、より多く配達しているUber Eats 配達パートナーへの特別報酬ですから、必ずクエストを達成しないといけないわけではありません。

稼ぎたいUber Eats 配達パートナーにとっては、クエストを達成することで追加報酬を得られますから、モチベーションもアップします。

クエストを意識することで「あと何回配達したらインセンティブがもらえる!」という感じで、楽しみながらゲーム感覚で業務に向き合えるのも良い仕組みですよね!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーはノルマを設定するべきか

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにはノルマがありませんが、言い換えれば「全くやらなくても良い」ということになります。

ですが、Uber Eats 配達パートナーに登録したからには、少しでも稼げる方が良いですよね!

そのためには、自分自身でUber Eats 配達パートナーとして稼働するためのノルマを設定するのがおすすめです。

稼働時間や配達件数を決めておく

Uber Eats 配達パートナーとして稼働するのに「配達依頼(配達リクエスト)を3時間受けられるようにしよう!」というように目標を設定するとやりやすいかもしれません。

もっと稼ぎたい方であれば、「配達件数を1日20件頑張ってこなそう!」というように、自分だけのノルマ(目標)を設定すると効率的に稼ぎやすくなりますね。

達成した配達回数によって、クエストによる「インセンティブ(追加報酬)」を得られるので、楽しみながら配達することが出来ます。

ただ、配達依頼の件数やタイミングは、Uber Eats 配達パートナーにはどうしようも出来ませんし、配達回数によるクエストは数日間にまたがることが多いので、ノルマを設定するなら「1日何時間稼働するか?」を重視すると続けやすいですね!

配送料(報酬額)を決めておく

Uber Eats 配達パートナーの報酬はエリアや時間帯、曜日など様々な要因によって違ってきます。

ですが、配達依頼1件完了すると「約400円〜500円前後」になるので「1時間3件配達しよう!」というノルマを設定することもできます。

また、確実に業務を行うために「1時間1件配達しよう!」という設定でも構いません。

とにかく、Uber Eats 配達パートナーとして長く続けるには、無理のない目標設定で配達していくのがおすすめです!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

まとめ(Uber Eats のノルマについて)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに「ノルマがあるのか?」ということについて解説してきました。

Uber Eats 配達パートナーは、Uber と「個人事業主として契約する」ので、ノルマやシフトは一切ありません。

「稼働する時間帯」、「稼働する日数」など、すべてUber Eats 配達パートナー自身で管理することが出来るので、自分の好きなように稼働することが出来ます。

面倒な人間関係に悩まされることもありませんし、誰かに迷惑をかけることもないので、Uber Eats 配達パートナーに登録して「ストレスのない生活」をスタートさせましょう‼︎