Uber Eats 配達パートナー スマホで稼ぐ

Uber Eats 配達パートナー交通ルールクイズ不正解だとダメ?間違えたら登録できないのか徹底検証!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録する際、「交通ルールクイズ&質問事項(SAFETY QUIZ)」への回答が必要になりました。

交通ルールクイズは、基本的に自転車による交通ルールですので、車やバイクの免許をお持ちの方であれば、それほど難しくはないでしょう。

ただ、Uber Eats 配達パートナー登録の際「交通ルールクイズで不正解が多いと審査に通らないのか?」気になるところですよね。

仮に、交通ルールクイズ全問不正解でも、Uber Eats 配達パートナーに登録できるので、安心して受講して下さいね!

ちょっとした認識の違いで大きな事故につながる可能性もあるので、交通ルールクイズはUber Eats 配達パートナーが安全に稼働するためのものだと認識しておくだけで大丈夫です。

なので、交通ルールクイズのことは気にせず、安心してUber Eats 配達パートナーに登録しましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナー交通ルールクイズ受講タイミング

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録で「交通ルールクイズ&質問事項(SAFETY QUIZ)」を受講するタイミングについて解説しておきましょう。


  • Uber アカウントの作成

    まず最初に、Uber Eats 公式サイトから配達パートナー登録画面を開きます。

    名前、メールアドレス、電話番号などの必要事項を入力して、Uber アカウントを作成します。

    既にUber アカウントをお持ちの方は、Uber Eats 公式サイトの配達パートナー登録画面からログインしましょう。


  • 配達車両の選択

    Uber Eats 配達パートナーとして稼働するための「配達車両」を選択します。

    自転車、125cc以下のバイク、125cc超バイク・軽貨物のいずれかを選択することができます。


  • 必要書類のアップロード

    本人確認書類や配達車両に関する書類のデータをアップロードします。

  • Uber による書類審査

    必要書類のアップロードが終わると、Uber で書類審査が行われます。

  • 交通ルールクイズ

    Uber による書類審査が承認されると、約3〜4日後に「交通ルールクイズ&質問事項(SAFETY QUIZ)」のメールが届きます。

    交通ルールクイズを受けるときには、Uber Eats 配達パートナー登録が完了している状態ということですね。
  • アカウントが有効化されて登録完了

    ここにコンテンツ


Uber Eats 配達パートナー登録に関する書類審査など、すべて完了している状態で交通ルールクイズを受講するので、結果が悪かったとしても問題ありません。

なので、交通ルールクイズは気にせず、Uber Eats 配達パートナーに登録しましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーの交通ルールクイズの意図

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録で、新たに交通安全への取り組みのひとつとして「交通ルールクイズ&質問事項」への回答が求められるようになっています。

Uber Eats 配達パートナーは、配達手段として自転車でも稼働できることから、運転免許証を持っていなくても登録することができます。

車やバイクなどの運転免許証を持っていれば、交通ルールに関してある程度知識があるので、あまり問題ではないかもしれません。

ですが、自転車の場合、交通ルールをしっかり学んでから自転車を運転している人はほとんどいないでしょう。

小さい頃から自転車を運転できますが、交通ルールは運転免許を取る時にはじめて勉強する人がほとんどですよね。

自分では理解しているつもりでも間違った交通ルールを認識している可能性もあるので、Uber Eats 配達パートナーとして稼働するのに「最低限必要な交通ルール」を知っておく必要があります。

そこで、Uber Eats 配達パートナー登録する人に正しい交通ルールを理解してもらう目的で「交通ルールクイズ&質問事項」が行われています。

なので、交通ルールクイズに間違えたらどうしよう・・というような不安を感じる必要はないので、安心してUber Eats 配達パートナーに登録しましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナー交通ルールクイズの内容とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー「交通ルールクイズ&質問事項(SAFETY QUIZ)」の内容について解説していきましょう。

 

交通ルールクイズの内容

「交通ルールクイズ&質問事項」は、自転車に関する交通ルールが7問出題されています。

すべて「はい」と「いいえ」の2択問題となっていて、記述する問題はありません。

もし分からなくても、2択なので正しいと思う方で解答できますよね。

自転車による歩道の走行に関することや車道を走行する場合のルールなど、基本的な交通ルールに対する回答を選択していくようになっています。

MEMO

難易度的には、運転免許を持っていない方だと難しいと感じるかもしれないレベルですが、間違えても登録自体に影響はありません。

交通ルールクイズを受講してすぐ解答がわかるようになっているので、間違えた問題を正しく理解しておきましょう。

 

交通ルールクイズに間違えたら?

「交通ルールクイズ&質問事項」は全部で7問ほどありますが、すべて正解しないといけないわけではありません。

出題された問いに対して何問以上間違えたらUber Eats 配達パートナーに登録できないというような基準もありません。

ただ、Uber Eats 配達パートナーとして稼働するのに正しい交通ルールを覚えていないと、道路でのトラブルや事故などのリスクが増えてしまいますよね。

なので、間違えて回答したとしても、Uber Eats 配達パートナー登録に特別影響はありませんので、しっかりと正しい交通ルールを覚えることが大切です。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナー交通ルールクイズへの対策

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー「交通ルールクイズ&質問事項(SAFETY QUIZ)」への対策について解説していきましょう。

 

基本的な交通ルールを理解する

自転車で道路を走行する際、事故などを起こさないためにも、正しい交通ルールを理解しておくことが大切です。

 

自転車は原則として車道を走行

自転車はバイクや車と同じ車両なので、歩道と車道がわかれているような道路では車道を通行しなければいけません。

歩道を自転車で走行している人が多いですが、基本的に自転車が歩道を走行してはいけません。

最近では、自転車専用の車道も用意されている道路があるので、そういった場合には自転車道を通行しなければいけません。

ただ、安全を確保するために、歩道をやむを得ない状況で通行する場合には、徐行して歩道の中央から車道寄りの部分を通行することができます。

もし、歩行者の通行を妨げるような場合には、必ず一時停止して歩行者を優先するよう注意が必要です。

 

自転車が走行する車道は左側

日本の道路交通法では、全ての車両は道路の中央から左側を通行」しなければいけません。

また、自転車を含めた軽車両は、道路の左側の部分の左端を通行しなければならないという決まりになっています。

ただ、「普通自転車専用通行帯の標識」と「路面に自転車専用と書かれた普通自転車専用通行帯(自転車レーン)」を通行する場合は、自転車レーンを優先して通行します。

 

高速道路は進入禁止

自転車や原動機付自転車(125cc以下)の車両は、高速道路への進入が禁止されています。

Uber Eats 配達パートナーは、お届け先を正しく把握するためにスマホのナビを利用することがありますが、高速道路走行を指定された場合は進入しないように気をつけましょう。

 

信号や交差点での通行方法

自転車で道路を通行する際は、進行方向にある「自分と真正面に向き合う信号機」に従わなければいけません

車両用信号機と「歩行者・自転車専用」という補助標識が付いている信号機の場合は、車道を通行している場合も歩道を通行している場合も、歩行者自転車専用信号機に従いましょう。

また、車両用信号機と「歩行者・自転車専用」という補助標識が付いていない信号機の場合、車道を通行している場合は車両用信号機、歩道を通行している場合は歩行者用信号機に従いましょう。

 

道路標識の意味を理解する

自転車は「道路交通法上は軽車両」なので「道路標識」に従う必要があります。

街でよく見かけるような道路標識は、自転車を運転する人も最低限知っておくことが、事故防止につながります。
道路標識 道路標識名称 道路標識の意味
車両通行止め 自転車を含めたすべての車両が通ってはいけない道路
車両進入禁止 自転車を含めたすべての車両が進入してはいけない道路
自転車通行止め 自転車のみが通行できない道路
一時停止 自転車を含めたすべての車両が、停止線で一時停止することを意味しています。

停止線がない交差点では、交差点の手前で一時停止する必要があります。

歩行者専用 歩行者専用の道路で、自転車を含むすべての車両が通行できません。
一方通行 一方通行を表す標識で、矢印の方向にしか通行できません。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際は「道路標識」を意識し、交通ルールに従って配達業務を行うことが大切です。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

間違えやすい交通ルール

意外と知らない「間違えやすい交通ルール」について解説していきましょう。

 

走行中のスマホ操作やイヤホン

自転車など車両でスマホを操作しながら走行することは、道路交通法によって禁止されています。

また、イヤホンをしながらの走行も各都道府県により禁止していることが多くなっています。

走行中に周りの音が聞こえない状態だと安全運転義務違反にもなりますので、イヤホンやヘッドホンをしながら走行するのは絶対にやめましょう。

片耳だけのイヤホンならと思う人も多いかもしれませんが、基本的に片耳でもイヤホンをしながら走行すると危険なのでやめましょう。

 

ヘルメットの着用

大人が自転車を運転する際、「ヘルメットを着用しなければいけない」といった義務や法律はありません。

ですが、Uber Eats 配達パートナーは、常に車道を走行して配達業務を行うので、万が一の事故に備えてヘルメットを着用して稼働すべきです。

ヘルメットを着用しているかいないかで、Uber Eats による事故補償も違ってくるので、Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際は必ずヘルメットを着用しましょう。

 

ライト・反射板の使用

夕方や夜には、反射材用品やLEDライトなどを活用して、事故に合わないよう自分の存在を分かってもらうことが大切です。

また、歩行者との事故を避けるためにも、暗い時はライトをつけて走行するようにしましょう。

 

右左折・進路変更などの方法

車両は右左折、進路変更、徐行、停止、転回(Uターン)、後退する時は、手か方向指示器か灯火で周囲の交通に自身の行動を示す合図をすることが義務付けられています。

車両(自転車以外の軽車両を除く。次項及び第四項において同じ。)の運転者は、左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない。

道路交通法 第53条第1項

自転車で合図をしている人はあまり見かけないかもしれませんが、道路交通法では合図が義務付けられているので、自分の行動を示す合図を行うようにしましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナー交通ルールクイズメールがこない場合

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーへの登録手続きが終わると、アカウントを有効化するための「交通ルールクイズ&質問事項(SAFETY QUIZ)」メールが届きます。

メールが届くタイミングは、パートナーセンターの混雑状況などにもよりますが、アップロードした本人確認書類などの審査が終わってから「約3〜4日」くらいです。

「交通ルールクイズ&質問事項(SAFETY QUIZ)」のメールがなかなか届かない場合は、迷惑メールフォルダなど違うところにメールが届いていないかチェックしてみましょう。

もし、メールがこない場合には、こちらからパートナーセンターに問い合わせてみると安心ですね。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナー交通ルールクイズ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー「交通ルールクイズ&質問事項(SAFETY QUIZ)」について解説してきました。

交通ルールクイズは、あくまでUber Eats 配達パートナーとして稼働するのに、最低限必要な交通ルールを理解しておくためのものです。

なので、交通ルールクイズの正解率が悪いからといって、Uber Eats 配達パートナーへの登録に影響があるわけではありません。

とはいえ、間違えたらそのままにするのではなく「どうして間違えたのか?」万が一の事故から自分自身を守るためにも、しっかりとした交通ルールを覚えることが大切です。

Uber Eats 配達パートナーは、自分の好きな時間に稼働できますし、人間関係に悩まされることもないので、自分自身で稼ぐ力を身につける絶好のチャンスです!

この機会に、Uber Eats 配達パートナーに登録して、新しいライフスタイルの第一歩を踏み出しましょう‼︎

-Uber Eats 配達パートナー, スマホで稼ぐ