Uber Eats 配達パートナー スマホで稼ぐ

Uber Eats 配達パートナー登録から稼働まで何日?最短どのくらいの日数と時間がかかるか徹底検証!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、自分のライフスタイルに合わせて稼働できることもあって人気があります。

また、自分のやる気次第でたくさん稼ぐこともできるので、これからの新しい働き方としても注目されています。

そこで、Uber Eats 配達パートナーとして稼働したいけど「登録から稼働するまでどのくらいの日数がかかるのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • 登録から稼働まで最短だと約3日前後。
  • 混雑状況により約1〜2週間かかる場合もある。
  • なるべく早く登録完了して稼働する方法。
Uber Eats 配達パートナーは、登録から稼働まで「最短3日前後」となっています。

もちろん、パートナーセンターの混雑状況や休日などが重なると、約1〜2週間くらいかかってしまう場合もありますが、基本的に約1週間あれば稼働することができます。

また、Uber Eats 配達パートナーの報酬は週単位となっているので、稼働した次の週には報酬が口座に振り込まれます!

この機会に、人気のあるUber Eats 配達パートナーに登録して、新しい稼ぎ方とライフスタイルを手に入れましょう‼︎

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナー登録から稼働まで何日かかるのか

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「登録から稼働まで何日かかるのか?」詳しく解説していきましょう。

 

登録から稼働まで最短2〜3日

Uber Eats 配達パートナーは、登録から稼働するまでの期間は「最短で2〜3日(通常だと約1週間)」です。

多少時間がかかったとしても、約1週間あればUber Eats 配達パートナーとして稼働することができますね。

Uber Eats 配達パートナーとして、稼働する車両がバイクだったりすると提出する書類も多くなるので、書類審査も多少時間がかかることもあるでしょう。

配達車両が自転車であれば、車両に関する提出書類がないため、バイクよりも書類審査がスムーズですね。
MEMO

Uber Eats 配達パートナー登録で自転車を選択しても、後からバイクに車両を変更することができます。

原付バイク(125cc以下)などの車両で登録する場合は、書類が審査されている期間に配達バッグを購入したり、いつでも稼働できる準備をしておくと良いですね。

 

混雑状況で約2週間かかるケースもある

Uber Eats 配達パートナーは人気があるので、パートナーセンターが混雑している場合は「約1〜2週間」くらいかかる場合があります。

また、身分証(運転免許証やパスポートなど)やキャッシュカードなど、アップロードした画像に不備があると再提出することになってしまいます。

Uber Eats 配達パートナー登録は、すべてオンラインで行うため、提出する書類は撮影した写真をインターネット経由で送信します。

データで必要書類を提出する前に「画像の文字が読めるくらい鮮明に撮影できているか?」、「提出する書類が画像にすべてはいっているか?」確認してからアップロードしましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナー登録の行程ごとにかかる日数

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録の行程ごとにかかる日数について解説していきましょう。

 

アカウント作成からオンライン登録にかかる日数

Uber のアカウントを作成してオンライン登録するまでは「約30分」で終わりますし、時間がかかったとしても1時間くらいあれば大丈夫です。

もし、Uber Eats を注文したことがある方は、すでにUber アカウントを持っているので、配達パートナー登録時に新たに作成する必要がありません。

MEMO

Uber アカウントは「Uber Eats を注文する」、「Uber Eats 配達パートナーとして稼働する」、「配車を依頼する」というすべてのサービスで共通して使うことができます。

なので、Uber アカウントをお持ちであれば、Uber Eats 配達パートナー登録ページにサインインして、オンライン登録していくだけですね。

 

アップロードする必要書類の審査にかかる日数

Uber Eats 配達パートナー登録での必要書類は、アップロードしてから「約2〜3日」くらいで終わります。

パートナーセンターの状況にもよりますが、早ければ翌日には書類審査が終わって、登録してあるメールアドレス宛にメールが届きます。

 

交通ルールクイズからアカウント有効化までの日数

Uber Eats  配達パートナーの書類審査が終わると、アカウントを有効化するための内容が記載されたメールが届きます。

メールには、Uber Eats 配達パートナーとしてのアカウントを有効化するために受講する「交通ルールクイズ」に関する内容が記載されています。

交通ルールクイズは、間違えても再受講して勉強できるので、Uber Eats 配達パートナー登録自体に影響はありません。

交通ルールクイズを受講すると、パートナーセンターによるアカウントの有効化を待つだけになります。

Uber Eats 配達パートナーのアカウントが有効になるのは、交通ルールクイズを受講してから約2〜3日後なので、稼働までの準備を整えておきましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナー登録から稼働の日数を早めるには

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録から稼働までの日数をできるだけ早める方法につちえ解説していきましょう。

 

オンライン登録時の不備をなくす

Uber Eats 配達パートナー登録が遅れるのは、提出書類に不備があることが原因のひとつです。

 

必要事項の入力間違いをしない

Uber Eats 配達パートナー登録では、名前や電話番号、メールアドレスなどを入力します。

Uber アカウントを作成するのに、電話番号の入力を間違えるとSMS(ショートメッセージ)が届きません。

また、同じようにメールアドレスの入力を間違えてしまうと、Uber Eats 配達パートナーによる提出書類の審査や交通ルールクイズの通知が届かなくなってしまいます。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして最短で稼働するためにも、入力に間違いがないかしっかりと確認しておきましょう。

 

必要書類の不備をなくす

Uber Eats 配達パートナー登録では、身分証やプロフィール写真といった必要書類を画像でアップロードする必要があります。

必要書類の写真が鮮明に撮影されていないと、パートナーセンターによる書類審査ができません。

提出した書類に不備があると、再度写真を撮ってアップロードし直すことになるので、時間と手間がかかってしまいます。

運転免許証であれば、「全体的に写真がおさまっているか?」、「細かい文字まで読むことができるか?」よく確認しておきましょう。

 

配達車両を自転車で登録する

Uber Eats 配達パートナーは、自転車やバイクなどの車両で配達業務を行います。

登録する車両が原付バイク(125cc以下)だと、運転免許証に加えて「自動車損害賠償責任保険(自賠責)の証明書」や「ナンバープレート」の写真も提出が必要です。

ですが、Uber Eats 配達パートナーとして自転車で稼働する場合、車両に関する提出書類がありませんので、登録や書類審査も比較的スムーズに進みます。

フードデリバリーサービスの配達が初めてであれば、Uber Eats 配達パートナーとして自転車で稼働してみて業務に慣れることから始めてみるのも良いですよね。

実際に稼働してみて、自転車よりバイクの方が良いと感じたら車両変更もできるので、まずはUber Eats 配達パートナーとして稼働してみましょう。

 

稼働時の必需品を事前に用意する

Uber Eats 配達パートナー登録では、「身分証などの書類審査」や「交通ルールクイズ後のアカウント有効化」を待つ時間が出てきます。

こういった待ち時間を無駄にしないために、Uber Eats 配達パートナーとして稼働するのに必要なものを用意しておくのがおすすめです。

Uber Eats 配達パートナーの必需品としては、スマホ(iPhone・Android)、配達バッグ、ヘルメット(自転車でも着用する方が良い)、小銭入れ(現金対応する場合)などです。

また、Uber Eats 配達パートナーとして稼働するための知識を得るために、オンラインマニュアルを読んでおくとスムーズに稼働できます。

アカウントが有効になれば、Uber Driver アプリをオンラインにするだけで稼働できるようになるので、ただ待っているのではなく稼働するための準備に時間を使うようにしましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナー登録から稼働までの日数)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「登録から稼働までの日数がどれくらいかかるのか?」という内容について解説してきました。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働できるまで「最短で2〜3日」、長くても「約1〜2週間」くらいです。

パートナーセンターの混雑状況によって前後することもありますが、平均的な日数としては約1週間くらいで稼働することができます。

Uber Eats 配達パートナーは、自分のペースで稼働できますし、人間関係に悩まされることもないので、新しい働き方としてとても人気があります。

また、Uber Eats 配達パートナーとしての報酬は、週単位で計算されて口座に振り込まれるのも嬉しいですよね。

この機会に、Uber Eats 配達パートナーに登録して、これからの新しいライフスタイルに向けた第一歩を踏み出してみましょう!

-Uber Eats 配達パートナー, スマホで稼ぐ