Uber Eats フード注文 Uber Eats 配達パートナー

Uber Eats チップ機能どんな仕組み?相場いくら?もらい方、渡し方、金額、タイミングなど解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)注文アプリやUber Driver アプリでチップ機能をみかけるようになりましたよね。

チップ機能は、Uber Eats 注文者が、Uber Eats 配達パートナーに対して料理代金とは別に、お心付けとして支払う特別報酬のことです。

ですが、Uber Eats 注文者は、チップを必ず支払わなければいけないわけではありません。

Uber Eats 配達パートナーが親切丁寧に届けてくれたり、雨が降っているにも関わらず迅速に届けてくれた場合に、注文者がありがとうという気持ちをチップで表現する機能なので、特別な理由がなければ使わなくても問題ありません。

ただ、Uber Eats 配達パートナーとしては、チップをいただくことで業務の励みになることは間違いないので、とても対応が良く好印象だった配達パートナーにはチップの支払いを検討してみると良いですね!

▶︎[公式]Uber Eats 注文はこちら↗︎

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats チップ機能の仕組みとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップ機能は、どういった仕組みになっているのか詳しく解説していきましょう。

 

サービス料は適用されない

Uber Eats の注文者からUber Eats 配達パートナーに支払われるチップは、Uber が受け取ることはありません。

Uber Eats 配達パートナーは、報酬の一部をUber へサービス料として支払うことになりますが、チップに関してはすべて配達パートナーの報酬となります。

なので、Uber Eats 配達パートナーのインセンティブによる報酬と同様に、チップにもサービス料は適用されません。

 

チップ金額の上限

Uber Eats 注文者がUber Eats 配達パートナーへ支払うチップは、「注文した金額の2倍まで」となっています。

例えば、Uber Eats の注文金額(商品代金のみ)が1,000円だった場合、チップとして支払える金額は2,000円(1,000円 x 2倍)です。

これは、あくまでUber Eats アプリの仕様ですので、注文金額よりも高いチップを支払う人はほとんどいないでしょう。

 

チップの金額は自由

チップの金額は注文金額の2倍までとなっていますが、それ以外は特に決まっていません。

Uber Eats の注文者が、自由にチップの金額を決めることができますし、そもそも支払わなくても問題ありません。

ただ、サービスがとても良かったUber Eats 配達パートナーに、ほんの気持ちとしてチップを支払いたいけど、いくらにすれば困ってしまう人も多いんじゃないでしょうか。

Uber Eats のチップ機能には、

Uber Eats チップ金額

  • 注文金額の5%
  • 注文金額の10%
  • 注文金額の15%
  • 注文金額の20%
  • 手動入力(自由入力)

というように、支払う金額を選択できるようになっています。

なので、チップを支払いたいけど金額で迷ってしまう場合は、注文金額の5〜20%の4つから選ぶのがおすすめですね。

 

チップの支払い期間

Uber Eats 注文者が、Uber Eats 配達パートナーにチップを支払えるのは、料理を受け取った日から30日以内となっています。

チップ支払い期間としては約1ヶ月あるので、よく検討してから好きなタイミングで支払うことが可能です。

ただ、支払い方法が現金の場合は、料理を受け取るタイミングしかないので注意が必要ですね。

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

無料posted withアプリーチ

 

Uber Eats で支払うチップ金額の相場はいくらなのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップ金額は、みんなそれぞれいくらくらい支払っているのか、相場が気になるところですよね。

 

Uber Eats チップ金額の相場

Uber Eats のチップ機能は、2020年5月頃から搭載された機能ですが、海外では以前からすでにチップ機能が利用されています。

総合的にみると、Uber Eats のチップは注文金額の20%もらうと、チップとしてはかなり高めの金額です。

なので、Uber Eats チップ金額は、大体10%〜15%くらいが相場ですね。

ただ、1度に注文する金額が5,000円のような高い場合には、注文金額の10%という支払い方をすると、500円(5,000円の10%)なので割と高額なチップになりかねません。

注文金額が高い場合には、5%〜20%の中から選択するのではなく、手動入力してチップを支払うのがおすすめですね。

▶︎[公式]Uber Eats 注文はこちら↗︎

 

チップの相場によるシミュレーション

では、実際に、Uber Eats チップ金額がいくらくらいになるのかシミュレーションしてみましょう。

 

注文金額10%のチップ

上の画像は、Uber Eats でココス(COCO'S)のメニューを選び、カート内で注文内容や料金を確認する画面です。

ココスでの注文金額は、カラマリフライ、カリカリチェダーチーズのシーザーサラダ、チーズインハンバーグトリオ3点の合計「2,460円(税込)」になります。

Uber Eats のチップ機能は、あくまで注文金額がもとになるので、他の「サービス手数料」や「配送手数料」は含まれません。

注文金額が2,460円(税込)に対しての10%なので、チップ金額は「246円」ということになります。

 

注文金額15%のチップ

上の画像は、マック(マクドナルド)で「チーズテリタマセット」を注文する時の画面です。

チーズテリタマセットの注文金額は760円(税込)なので、注文金額の15%だと「114円」になります。

ちなみに、Uber Eats のチップ機能は、5%だと38円、10%だと76円、15%だと114円、20%だと152円というように、チップ金額がいくらになるのか表示されるようになっています。

なので、Uber Eats 配達パートナーに対してチップをいくら支払うことになるのか、しっかりとチェックするようにしましょう。

 

Uber Eats 注文者によるチップの渡し方やタイミング

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文者がチップを渡す方法やタイミングについて解説していきましょう。

 

料理の注文確定時

Uber Eats で料理の注文を確定する時に、Uber Eats 配達パートナーへのチップを支払うことができます。

ただ、Uber Eats 注文者としては、注文するタイミングだとどんな配達パートナーが届けてくれるのか分かりませんし、料理がしっかり届くのかもわからないですよね。

なので、Uber Eats の注文者が、注文確定と同時に先にチップを支払う人はまずいないでしょう。

 

受け取り完了後の評価時

Uber Eats 配達パートナーから料理を受け取り、届けてくれた配達パートナーの評価をするタイミングでチップを支払うことができます。

注文してからお届けまでの時間がとても早かったり、雨の日にも関わらず料理をあたたかい状態で届けてくれた、というような場合には気持ちとしてチップを支払いたくなりますよね。

届けてくれたUber Eats 配達パートナーが、とても良いサービス内容で好印象だった場合には、サムズアップと一緒にお心付けとしてチップを支払うのがおすすめです。

▶︎[公式]Uber Eats 注文はこちら↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーによるチップ受取・もらう方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーによるチップ「受取方法」と「もらう方法」について解説していきましょう。

 

チップを受け取る方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがチップをもらう場合、システム上特に何もする必要はありません。

注文者から配達パートナーにチップが支払われた場合には、Uber Driver アプリ上でチップ金額が自動的に反映されるので、もらい忘れるといった心配はありません。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

チップをもらう方法

一方で、Uber Eats 配達パートナーが、注文者へチップを要求するような行為はいけません。

あくまで、Uber Eats 注文者が、配達パートナーのサービス内容に対してチップを支払うので、仮にチップを要求したとしても支払ってくれる人はいないでしょう。

チップをもらうポイントは、

チップをもらうポイント

  • 清潔感のある格好
  • 料理を迅速かつ丁寧に届ける心遣い
  • 天候が悪い時に稼働する

というようなことを心がけることで、自然とチップを受けることができるでしょう。

 

清潔感のある格好

Uber Eats 配達パートナーは、レストランから注文者へ料理をお届けすることが業務です。

ですが、Uber Eats 配達パートナーが清潔感のない格好だと、料理を受け渡される注文者としては、あまり印象がよくありませんよね。

注文者に対してだけでなく、料理を受け取りに行くレストランに対しても失礼になりますので、常に清潔感のある格好を心がけましょう。

 

料理を迅速かつ丁寧に届ける心遣い

料理を迅速かつ丁寧に届けることは、Uber Eats 配達パートナーとしての基本的な業務ですが、交通事情やレストランの料理ができるタイミングなど、どうしても遅延してしまうことがあります。

そういった場合には、注文者が遅いと感じないようメッセージ機能を利用して遅延することを伝えておくことが大切です。

また、時間通り届けられる場合でも、メッセージ機能で「今からお届けします」というような文章を送ることで、Uber Eats 注文者としてはとても安心できますよね。

小さな気配りや心づかいが大切ですね。

ちょっとした気遣いですが、Uber Eats 注文者からすればとても好印象で信頼できる配達パートナーだと感じてもらえますし、チップをもらうこともできるかもしれません。

 

天候が悪い時に稼働する

雨が降っていたりすると、Uber Eats 配達パートナーも少なくなりますし、逆に注文が増えることになります。

そんな時に届けてくれる配達パートナーには、ちょっとしたお心付けとしてチップを渡したくなるものです。

また、Uber Eats 配達パートナーとしても、インセンティブが付いてやりがいがありますし、チップがもらえる可能性も高くなることでしょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

まとめ(Uber Eats チップ機能の仕組み)

Uber Eats(ウーバーイーツ)チップ機能の仕組みについて解説してきました。

チップ機能は、Uber Eats 注文者から配達パートナーにお心付けとして支払うことができる報酬です。

Uber Eats 配達パートナーとしては、より良いサービスの提供を心がけてチップをもらうことが出来ればやりがいにもつながります。

ただ、Uber Eats 注文者は、チップを必ず支払う必要はありませんし、支払う金額も自由に決めることができます。

なので、雨が降っていたり、風の強い日に届けてくれたUber Eats 配達パートナーに、感謝の気持ちをこめてチップを支払うというような場合におすすめできる機能ですね!

-Uber Eats フード注文, Uber Eats 配達パートナー