Wolt(ウォルト)配達パートナー フードデリバリー

Wolt(ウォルト)配達パートナーは現金払い必須?Wolt Partnerアプリで拒否設定ができるか検証!

Wolt(ウォルト)配達パートナーに興味はあるけど、現金払い対応による配達業務に不安を感じて、登録を躊躇されている方も多いんじゃないでしょうか?

この記事でわかること

  • Woltは現金払い対応が必須
  • 現金払いはWolt現金対応エリアのみ
  • Woltに現金をKyashで送金する方法

ですが、Wolt配達パートナーは、現金対応が必須なので、拒否設定することができません。

ただ、Woltサービス提供エリアすべてが現金対応していないので、現金払い対応しなくていいエリアがあります。

どうしても現金払い対応したくない場合は、現金対応を選べるUber Eats や出前館といった配達パートナーがおすすめですね!

CHECK!

エリアも時間帯も自由に選べるUber Eats 配達パートナーもおすすめ!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

CHECK!

ガッツリ稼げて顔写真もいらない出前館もおすすめ!
▶︎[公式]出前館業務委託配達パートナー↗︎

出前館 配達パートナー募集

Wolt配達パートナーとして稼働するなら、マッハバイト経由で登録すると、最大5,000円の「マッハボーナス」がもらえます!

▶︎[公式]Wolt登録でマッハボーナスゲット!↗︎

 

Wolt(ウォルト)配達パートナーの現金払い対応は必須

Wolt(ウォルト)配達パートナーは、現金払いの対応が必須条件となっています。

 

現金払い対応する流れ

Wolt配達パートナーが現金払い対応する流れについて解説していきましょう。

  • STEP1
    Wolt Partnerアプリをオンラインする

    Wolt Partnerアプリを起動してオンラインにします。

  • STEP2
    配達依頼を待つ

    Wolt Partnerアプリをオンラインにしたら、配達依頼を受けられる状態になります。

    稼働する都市が現金対応エリアだった場合、オンラインにしたら現金払いの配達依頼がくる可能性があります。

  • STEP3
    現金払い配達依頼を受ける

    現金払い配達依頼の場合、Wolt Partnerアプリには「現金配達」と表示されます。

    また、現金払いによって発生する「お釣り」の金額が表示されます。

    Woltは、現金払いで注文する際に、いくらで支払うか先に入力することになっています。

  • STEP4
    商品をドロップオフする

    現金払い配達依頼を受けたら、レストランでピックアップ(受け取り)して注文者に商品をお届けします。

    注文者に商品をドロップオフ(受け渡す)際、商品代金となる現金を受け取ってお釣りを渡します。

  • STEP5
    現金をWoltに送金する

    商品代金として受け取った現金は、Kyash(キャッシュ)アプリでWoltに送金します。

    決済・送金アプリ「Kyash」については、後ほど詳しく解説します。

Wolt配達パートナーが現金対応エリアで稼働する場合、Wolt Partnerアプリをオンラインにすると、必然的に現金払いの配達依頼を受け付けることになります。

Woltの現金払いで良いところは、配達依頼を受けた際に「必要なお釣りの金額」が表示されることです。

POINT

Woltで現金払いを利用する場合は、注文時に支払う金額をあらかじめ入力しなければいけない仕組みになっています。

なので、Wolt配達パートナーは、お釣りを渡せるだけの現金があるか事前に確認できるので、ドロップオフする前に用意することができます。

「ドロップオフの時にお釣りが足りない!」という心配がないので、Woltの現金払いは他社よりも安心ですよね!

▶︎[公式]Wolt登録でマッハボーナスゲット!↗︎

 

現金払い対応エリア

2021年10月現在、Woltが現金払いに対応しているエリアを紹介していきましょう。

現金導入都市

都市エリア 都道府県 市区町村
北海道エリア 北海道 札幌
帯広
千歳
東北エリア 青森 弘前
山形 山形
福島 郡山
岩手 盛岡
甲信越エリア 新潟 新潟
関東エリア 東京都 23区
(一部エリアを除く)
神奈川 横浜
湘南
大船
北陸・東海エリア 静岡 静岡
浜松
新潟 新潟
中国・四国エリア 広島 広島
岡山 岡山
倉敷
香川 高松
愛媛 松山
徳島 徳島
九州エリア 福岡 福岡
宮崎 宮崎
熊本 熊本
鹿児島 鹿児島

東京都も一部エリアを除いて、現金対応がスタートしているので、Wolt配達パートナーとして稼働する際は「お釣り」の用意が必要です。

現金導入予定都市

都市エリア 都道府県 市区町村
東北エリア 福島 いわき
会津若松
九州エリア 宮崎(未定) 宮崎(未定)
沖縄エリア 沖縄(未定) 沖縄(未定)

日程はまだはっきり分かっていませんが、上記エリアは、今後Woltが現金払いに対応する予定となっているエリアです。

Woltの現金払い対応エリアは、急激に増加するような感じはありませんが、現金払いの需要に応じて徐々に拡大していくでしょう。

▶︎【公式】Wolt配達パートナー登録こちら↗︎

 

Wolt(ウォルト)配達パートナー現金払い対応によるルール

Wolt(ウォルト)配達パートナーとして稼働するために、現金払い対応に関するルールについて解説してきましょう。

 

現金払い対応の基本ルール

現金払いに対応するための基本的なルールを解説していきます。

 

現金払いオンオフ設定できない

Wolt配達パートナーは、現金払いに対応しているエリアで稼働する場合、現金払いの配達依頼を拒否することはできません。

Wolt Partnerアプリには、現金払いをオンオフに設定する機能は搭載されていないので、Wolt配達パートナーは、必ず現金払いに対応しないといけないことになっています。

 

現金払い対応はエリアによる

Woltは、現金払い「できるエリア」と「できないエリア」があります。

Wolt配達パートナーは、現金払いに対応していないエリアで稼働するのであれば、クレジットカード決済など事前決済による配達依頼だけしか受けることはありません。

 

現金払いによるお釣りの用意

Woltの現金払いは、配達依頼を受ける時点で「いくらお釣りが必要なのか?」が表示される仕組みになっています。

例えば、注文金額合計1,560円を現金払いする場合、注文者はWolt注文アプリにあらかじめ「現金2,000円」を入力します。

Woltは、支払う現金の金額を事前に入力する仕組みになっています。

Wolt配達パートナーへ配達依頼が届く時には「お釣り440円」という感じで表示してくれるので、配達へ行く前にお釣りが足りているかどうか確認できるようになっています。

 

現金払いで受取る代金のルール

現金払いで受取る代金のルールについて解説していきます。

 

現金は報酬と相殺されない

Woltの場合、現金払いで受け取った現金は、Wolt配達パートナーとして稼働した報酬と相殺される仕組みがありません。

Wolt配達パートナーは、受け取った現金をWoltに送金する必要があるので、他の目的で使用しないように分けて管理しておく必要があります。

 

受け取る現金はWoltに送金する

Wolt配達パートナーが受け取った現金は「Kyash(キャッシュ)」というアプリを使って、Woltに送金することになっています。

 

現金をWoltに送金するタイミング

送金は「木曜日までの現金合計金額を金曜日に送金」、もしくは「受け取った現金の合計が20,000円を超えた時に送金」というタイミングで送金します。

送金のタイミング

Woltとしては、現金払い対応した日の営業終了時までに送金されるのが望ましいようです。

毎日送金するのが大変な場合は、週単位や20,000円を超えるタイミングでも大丈夫です。

現金払いの配達依頼を受けても、すぐにWoltへ送金しなくてもいいので、基本的には「週1回のペース」で送金することになります。

▶︎【公式】Wolt配達パートナー登録こちら↗︎

 

Wolt(ウォルト)配達パートナー現金払いの代金を送金する方法

Wolt(ウォルト)配達パートナーが現金払いで受け取った代金を「Woltに送金する方法」について解説していきましょう。

 

Kyash(キャッシュ)とは

受け取った現金を送金するには「Kyash(キャッシュ)」というアプリを使います。

Kyashは「決済・送金アプリ」で、銀行口座やコンビニなどでチャージして使えるプリペイドカード式です。

スマホで簡単に送金できるだけでなく、ネットショッピングなどの決済にも使えるので、利用する人が多くなっています。

Kyashで発行するプリペイドカードは「Visaのバーチャルプリペイドカード」ですが、物理的にプラスチック製のカードを発行することもできるので、コンビニなど加盟店する実店舗でも使用することができます。

 

Kyash(キャッシュ)で送金する方法

Kyash(キャッシュ)で送金する方法を解説していきます。

 

Kyash利用の流れ

Kyashを利用するまでの流れを把握しておきましょう。

  • STEP1
    アプリのダウンロード
    Kyashアプリをスマホにダウンロードします。

    Kyash(キャッシュ)-チャージ式Visaカード

    Kyash(キャッシュ)-チャージ式Visaカード

    Kyash無料posted withアプリーチ

  • STEP2
    Kyash会員登録

    Kyashを利用するために会員登録をします。

    会員登録には、SMS認証するために「070・080・090」で始まる携帯電話番号が必要です。

    また、Kyashのユーザー名には、Wolt配達パートナーアカウント有効の際に送られてくる支払い番号を設定しておきましょう。

  • STEP3
    本人確認書類提出

    運転免許証など本人確認書類をアップロードします。

    本人確認書類
    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • パスポート
    • 写真付き住民基本台帳カード
    • 運転経歴証明書
    • 在留カード(顔写真付き)
    • 特別永住者証明書

    ※公的機関が発行している身分証明書を提出する必要があります。

  • STEP4
    本人確認顔写真の提出

    本人確認書類を提出した人が本人かどうか確認するために、ご自身の顔写真をアップロードします。

  • STEP5
    Kyashへ入金

    銀行口座やコンビニなどで、Kyashに入金手続きを行います。

  • STEP6
    KyashでWoltに送金

    Kyashを使ってWoltに受け取った現金を送金します。

Kyashを利用するまでの初期設定に多少時間はかかりますが、初期設定ができれば「入金」と「送金」だけなので、それほど難しくはありませんね。

 

KyashでWoltに送金する方法

では、実際にWoltにKyashアプリで送金していきましょう。

  • STEP1
    Kyashアプリを起動

    Kyashアプリを起動して、TOP画面にある送金・請求画面を開きます。

  • STEP2
    WoltJapanアカウントの検索

    右上にある虫眼鏡マークをタップして検索ボックスを表示します。

    検索ボックスに「woltjapan」と入力して検索します。

  • STEP3
    WoltJapanへの送金手続き

    WoltJapanに送金する金額を入力します。

    メッセージ欄には、ご自身の支払い番号を入力します。

    支払い番号

    支払い番号は、Wolt配達パートナーアカウント有効化メールに記載があります。

  • STEP4
    WoltJapanに送金する

    入力内容を確認し、間違いがなければ「送金ボタン」をタップして送金しましょう。

送金相手となる「WoltJapan」のアカウントに間違いがないか、しっかりと確認してから送金するようにしましょう。

また、Wolt配達パートナーとしての支払い番号を入力しないと、送金しても入金を確認してもらえないので注意が必要ですね。

▶︎【公式】Wolt配達パートナー登録こちら↗︎

 

まとめ(Wolt(ウォルト)配達パートナーの現金払い対応)

Wolt(ウォルト)配達パートナーの現金払い対応について解説してきました。

Wolt配達パートナーは、現金払いに対応するかどうか選択することができません。

現金払い対応エリアで稼働する際は、必ずお釣りとなる現金を用意しておく必要があります。

ただ、Woltは、現在すべてのサービス提供エリアで現金払いができるわけではないので、現金払い対応しなくても良いエリアがあります。

どうしても現金払い対応したくない場合は、現金払い未対応エリアでWolt配達パートナーとして稼働するか、現金払いを選べるUber Eats(ウーバーイーツ)や出前館配達パートナーとして稼働するのがおすすめです。

-Wolt(ウォルト)配達パートナー, フードデリバリー