Wolt(ウォルト)

Wolt(ウォルト)配達パートナーの顔写真は非公開!登録プロフィール写真は注文者に表示されない!

引用元のサイト:https://wolt.com/ja/couriers

2020年10月22日より、Wolt(ウォルト) Japanが東京都内でフードデリバリーサービスの提供を開始しました。

Wolt(ウォルト)はUber Eats(ウーバーイーツ)やmenu(メニュー)と同じように、個人事業主として稼働できる配達パートナーを募集しています。

配達パートナーとして稼働したいけど、Woltの注文者に「できれば自分の顔写真(プロフィール写真)が公開されたくない・・・」という方もいると思います。

Woltは、Uber Eatsやmenuと違い、注文アプリ上に配達パートナーの顔写真が表示されることはありません。

顔写真が公開されることに抵抗があって、Uber Eatsやmenuの配達が出来なかったという方には、Woltなら安心して配達パートナーとして稼働することが出来ます!

なので、Wolt配達パートナーに登録して、新しいライフスタイルをスタートさせましょう‼︎

▶︎【公式】Wolt(ウォルト)配達パートナー登録

 

Wolt(ウォルト)配達パートナーのプロフィール写真は非公開

引用元のサイト:https://wolt.com/ja/couriers

Wolt(ウォルト)配達パートナーは、登録時プロフィール写真の提出が必要ですが、注文アプリ上に顔写真が公開されることはありません。

今後、Woltの業務による変更で、顔写真が公開される可能性がないわけではありませんが、今のところそういった動きはないようです。

 

Wolt配達パートナープロフィール写真非公開のワケ

Wolt配達パートナーは、登録時にプロフィール写真を提出しているのに、どうして注文者に表示されないのか気になりますよね。

はっきりとした理由は定かではありませんが、Wolt配達パートナーになるには「適性テスト」を受けて合格する必要があるんです。

「配達マナー」や「交通ルール」をしっかり守って稼働することができるか確認するテストなので、それほど難しいわけではありません。

配達パートナーによるマナー違反がニュースになっていますから、こういった適正テストを行うことで、Wolt配達パートナーによるトラブルは少なくなるでしょう。

なので、プロフィール写真を公開してもしなくても、こういった適正テストをすることで、Woltで料理を注文する人が、Wolt配達パートナーに対する安心感が生まれるということになります。

Wolt配達パートナーは「個人事業主」ですから、Wolt注文者に対してだけではなく、Woltレストランパートナーとの関係も大切ですので、配達パートナーとして信頼されるよな行動と心構えが必要です。

 

Wolt(ウォルト)注文者は顔写真が非公開だと不安

Woltで料理を注文する人は、Wolt配達パートナーのプロフィール写真を見ることが出来ないので、不安に感じてしまう人もいるかもしれません。

Wolt注文アプリ上で分かるのは、配達パートナーの「配達車両」や「現在地」なので、注文者側からすると顔写真が公開されないことで、注文するのを躊躇してしまう可能性はありますね。

ただ、Wolt注文アプリには、Woltを注文した方の評判・口コミが書き込まれていますし、見る限り高評価が多くなっているので、顔写真が非公開なのもあまり不安材料にはならないでしょう。

▶︎【公式】Wolt(ウォルト)配達パートナー登録

 

Wolt(ウォルト)注文アプリによる配達状況の表示内容とは

引用元のサイト:https://wolt.com/ja/couriers

Wolt(ウォルト)アプリで注文すると、Wolt配達パートナーの配達状況がどんな感じで表示されるのか気になることろですよね。

Woltアプリには、料理を注文したお店が位置する地図が表示され、配達時間が何分くらいなのか表示されるようになっています。

料理の準備が出来て配達が始まると「準備完了です。お届け(配達)を開始しました。」というような画面が表示され、配達状況がどうなっているのかWolt配達パートナーの「配達車両」と「位置情報」が見れます。

Woltアプリの画面をみても分かるように、Wolt配達パートナーのプロフィール写真は表示されていませんので、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーやmenu(メニュー)配達クルーを諦めていた人も、Wolt(ウォルト)配達パートナーなら安心して稼働することが出来ますね!

▶︎【公式】Wolt(ウォルト)配達パートナー登録

 

Wolt(ウォルト)配達パートナーのプロフィール写真撮影方法

引用元のサイト:https://wolt.com/ja/couriers

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録の際、自分で撮影したプロフィール写真を画像データで添付して提出しなければいけません。

プロフィール写真を撮影する際は、

無帽で正面をみたもの、顔全体及び肩まで写ってるものをご用意ください。

サングラスやマスク着用の写真は不可です。

Wolt配達パートナー登録画面より引用

というような注意書きがされています。

なので、普段通りの格好でプロフィール写真を撮影すれば、特に問題はありません。

ここには記載がありませんが、 プロフィール写真は白黒ではなくカラーのものを利用すると良いですね。

また、顔にピントがあっていない写真だと、誰だか分からないと指摘されるかもしれませんので、ピンぼけしないように撮影しましょう。

▶︎【公式】Wolt(ウォルト)配達パートナー登録

 

Wolt(ウォルト)登録のプロフィール写真の格好しなくてもOK

引用元のサイト:https://wolt.com/ja/couriers

Wolt(ウォルト)配達パートナーとして登録して、いざ稼働する時にどんな格好をすれば良いのかも気になるところです。

ですが、Woltは配達パートナーとして稼働するためのグッズがすべて支給されます。

Wolt配達パートナーに登録すると、

Woltグッズ

  • リュック
  • ジャケット
  • Tシャツ(2枚)
  • スマホホルダー

というような必須アイテムを支給してもらえます。

これらのグッヅはデポジット式なので、最初に5,000円支払う必要がありますが、返却すれば返金されるようになっています。

他にも、

Woltグッズオプション

  • ヘルメット
  • バイクスーツなど

というようなものも、デボジット式でレンタルすることが出来ます。

なので、Wolt配達パートナーは、支給されたグッズやアイテムを身につけて稼働することになります。

プロフィール写真では、サングラスやマスク、帽子などを着用しないものを提出していますが、配達する場合はサングラスやマスクを着用しても問題ありません。

新型コロナウイルス感染対策のためにも、マスクは必須アイテムですから、対面で料理を受け取ったり受け渡す際は、必ずマスクを着用しましょう。

▶︎【公式】Wolt(ウォルト)配達パートナー登録

 

まとめ(Wolt配達パートナーのプロフィール写真)

Wolt(ウォルト)配達パートナーのプロフィール写真(顔写真)について解説してきました。

配達パートナーに登録する際、プロフィール写真を撮影して画像データを提出する必要がありますが、いまのところアプリ上で顔写真が公開されることはありません。

Woltの場合、Uber Eatsやmenuのように業務内容は同じですが、プロフィール写真だけみてもシステム的に違いがありますので、より配達パートナーに寄り添っているように感じられます。

今後、変更になる可能性もないわけではありませんが、Uber Eats配達パートナーやmenu配達クルーのプロフィール写真が嫌で稼働できなかった人もWolt配達パートナーなら安心して稼働することができますね!

Woltは、2020年10月22日より東京都内でデリバリーサービスを開始するので、今後徐々にエリアも拡大していくはずですので、いますぐ配達パートナー登録しておきましょう‼︎

\2020年ついにデリバリーサービス開始!/

Wolt(ウォルト)公式HP

※いますぐ登録!

-Wolt(ウォルト)

© 2020 スマホで繋がる人と未来