MENU
カテゴリー

Wolt配達パートナー登録で使える身分証は?顔写真付きなら学生証でも使えるのか解説!

本ページはプロモーションが含まれます。

Wolt(ウォルト)配達パートナーは、年齢が18歳以上であれば登録して稼働できます。

そこで、Wolt配達パートナー登録で必要な「身分証には免許証以外何が使えるのか?」、「学生だと学生証も使えるのか?」気になるところですよね。

身分証明書の種類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 学生証+健康保険証(学生のみ)
  • 外国籍の方(在留カード・特別永住者証明証)
くまブロガー

Wolt配達パートナーは、公的機関が発行する顔写真付きのものが身分証として使えます。

学生でも年齢が18歳以上であれば、Wolt配達パートナーに登録できますし、学生証(顔写真付き)と健康保険証セットで身分証として使えます!

また、自転車で稼働するなら、運転免許証がなくてもマイナンバーカードやパスポートがあれば、Wolt配達パートナーとして稼働できますね‼︎

Wolt配達パートナー紹介コード

\ 紹介コード /

WRC2082116

登録時に紹介コードを入力し、下記条件をクリアするとボーナスがもらえます。

〈 ボーナスゲットの条件 〉
  1. アカウント有効化後30日以内に30配達完了。
  2. 車両が軽貨物15,000円ゲット。
  3. 車両が自転車・バイク10,000円ゲット。

\ 紹介コードWRC2082116を入力! /

〈 注意事項 〉
  1. 紹介コードを入力してWoltに新規登録する。
  2. 一部エリアで募集車両の制限がされています。
Uber Eats 配達パートナーもおすすめ

自由な働き方ができるUber Eats 配達パートナー!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎
       〈PR〉

目次

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録で身分証に学生証が使える

Wolt(ウォルト)配達パートナーに登録する際、学生証でも身分証として認められるのか解説していきましょう。

学生がWolt配達パートナーに登録する際の条件

Wolt(ウォルト)配達パートナー)は、年齢が満18歳以上であれば基本的にどなたでも登録ができます。

なので、18歳以上であれば高校生でも、Wolt配達パートナーとして登録ができるということです。

学生証に顔写真がないと身分証として使えない

学生がWolt配達パートナーに登録する際、身分証に学生証を使うことが多いはずです。

もちろん、身分証として学生証を使うことができますが、顔写真がないと本人確認ができませんので、身分証として使用することはできません。

顔写真付き学生証見本

もし、学生証に顔写真がない場合は、マイナンバーカードなどを作成してからWolt配達パートナーに申し込むのが良いでしょう。

学生は学生証(顔写真付き)と健康保険証の両方が必要

学生証を身分証として使う場合、

学生証を身分証に使うケース
  • 顔写真付きの学生証
  • 健康保険証

の2つをセットで提出しなければいけません。

くまブロガー

学生証(顔写真付き)+健康保険証の両方が必要です。

Wolt配達パートナー登録の場合、学生証(顔写真付き)だけで身分証として認められないので、健康保険証とあわせて提出しましょう。

Wolt(ウォルト)配達パートナーが登録時に使用できる身分証

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録の際、使用できる身分証について詳しく解説していきましょう。

Wolt配達パートナー登録で使える身分証の種類

Wolt配達パートナー登録で使える身分証の種類を見ていきましょう。

Wolt配達パートナー登録では、

Wolt配達パートナーが使える身分証の種類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

という3種類が身分証として使うことができます。

学生の場合、学生証と健康保険証をセットで提出すれば、身分証として使用することができます。

運転免許証

運転免許証見本
運転免許証見本

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録では、公的機関が発行している顔写真付き運転免許証が使用できます。

例えば、運転免許証の種類として、

運転免許証の種類
  • 原付免許
  • 小型特殊免許
  • 普通二輪
  • 普通免許

というようにいろんな種類があります。

バイクや自動車などの免許証があれば、Wolt配達パートナーの身分証として使用できます。

パスポート

パスポート見本
パスポート見本

パスポートは、公的機関が発行している顔写真付き身分証として、Wolt配達パートナー登録で使用できます。

くまブロガー

海外旅行など普段パスポートを使用しない方は、有効期限切れをチェックしておきましょう。

また、Wolt配達パートナー登録時に使う身分証がない学生の方などは、今後、海外旅行に行くことも考えて発行しておくのも良いですね!

マイナンバーカード(住民基本台帳カード)

マイナンバーカード見本
マイナンバーカード見本

マイナンバーカードも身分証として使用することができます。

マイナンバーカードを発行する以前の「個人番号通知書」は身分証として使用できません。

個人番号通知書は、あくまで住民ひとりひとりにマイナンバーを通知してお知らせする目的で発行されてるものです。

なので、マイナンバーカードを身分証として使用する場合は、市役所や区役所が発行している顔写真付きのプラスチック製カードを作成する必要があります。

くまブロガー

また、住民基本台帳も身分証として使えますが、住民基本台帳はマイナンバーカードに変わっています。

もし、住民基本台帳の有効期限が切れている場合は、マイナンバーカードを発行しておきましょう。

Wolt配達パートナー登録の身分証に関する注意点

Wolt配達パートナー登録で使う身分証における注意点を解説しておきましょう。

Wolt配達パートナー登録で身分証を提出する際、

身分証に関する注意点
  • 運転免許証はおもて・うら両方提出。
  • マイナンバーカードはおもて・うら両方提出。
  • 身分証の有効期限は1週間以内のもの。
  • 反射や手ブレに注意して全ての文字が読めること。

ということに注意する必要があります。

身分証をスマホで撮影してアップロードする前に、ちゃんと写っているか画像をしっかり確認しておきましょう。

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録で外国籍の方の身分証

Wolt(ウォルト)配達パートナーは、外国籍の方でも登録して配達することができます。

外国籍の方が身分証として在留カードを使う

在留カード見本

外国籍の方が、Wolt(ウォルト)配達パートナーに登録する場合、身分証として在留カードがあれば問題ありません。

くまブロガー

ただ、在留カードの就労制限有無によっては、登録できないことがあります。

外国籍の方は、Wolt配達パートナーに応募する前に、必ず在留カードの就労制限有無を確認しておきましょう。

就労制限なしの場合

在留カードの就労制限有無に「就労制限なし」と記載があれば、特に何も気にする必要はありません。

就労制限がない場合、Wolt配達パートナーとしてすぐに登録ができます。

一部就労制限ありの場合

在留カードの就労制限有無に「一部就労制限あり」と記載がある場合、特定された仕事しかできません。

一部就労制限ありの場合、

在留資格
  • 在留資格に基づく就労活動のみ可
  • 指定書記載機関での在留資格に基づく就労活動のみ可
  • 指定書により指定された就労活動のみ可

というような条件があります。

なので、Wolt配達パートナーとして配達できるかどうかは、在留カードの在留資格による確認が必要になります。

就労不可の場合

原則就労が認められていないので、Wolt(ウォルト)配達パートナーに登録ができません。

在留カードの裏面に「許可:原則28時間以内〜」というような記載がある場合は、記載されている内容で配達ができる場合があります。

外国籍の方は特別永住者証明書も使える

特別永住者証明書見本

外国籍の方で、特別永住者証明書をお持ちの方は、Wolt配達パートナー登録時の身分証として使えます。

くまブロガー

特別永住者証明書とは、入管特例法に基づく在留資格を持つ永住者のことです。

特別永住者証明書にも有効期限があるので、期限が切れていないか確認してから提出しましょう。

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録での身分証がない時の対処法

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録の際、使用できる身分証がない場合の対処法について解説していきましょう。

Wolt配達パートナーの身分証発行に時間をかけたくない

スクロールできます
費用項目原付免許証取得
にかかる費用
取得にかかる
日数
受講料1,500円1日
講習受講料4,500円
交付手数料2,050円
合計8,050円

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録に必要な身分証をすぐに取得したい方は、最短1日で取得できる原付免許がおすすめです。

くまブロガー

原付免許取得にかかる費用は「8,050円」ですが、Wolt配達パートナーとして配達すればすぐに稼げます。

また、Wolt配達パートナーは、自転車と原付バイクなど車両を複数登録しておけるので、車両変更しながら稼働することもできます。

なので、顔写真付きの身分証となるものがない場合は、原付免許を取得しておくと今後何かと役に立ちますね!

Wolt配達パートナーの身分証発行に時間をかけても良い

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録したいけど、それほど急いでいないという方は、マイナンバーカードやパスポートを発行するのも良いですよね。

マイナンバーカードを発行する

マイナンバーカード(個人番号カード)は、初回のみ無料で発行することができます。

くまブロガー

再発行には、800〜1,000円ほど料金がかかります。

マイナンバーカードの申請から発行まで「約1ヶ月」と多少時間がかかってしまいますが、無料で発行できるので、なるべく費用をかけたくない方にはおすすめですね!

パスポートを発行する

パスポート
発行
パスポート取得
にかかる費用
12歳未満12歳以上20歳以上
手数料2,000円
収入印紙4,000円9,000円14,000円
合計6,000円11,000円16,000円

パスポート発行だと16,000円ほどかかってしまいますが、Wolt(ウォルト)配達パートナーとして数日間配達すれば、すぐに稼ぐことが可能です。

今後、海外旅行などに行くことを考えて、身分証としても使えるパスポートを発行しておくのもひとつの方法ですね!

まとめ(Wolt(ウォルト)配達パートナー登録に使える身分証)

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録に使える身分証について解説してきました。

Wolt配達パートナー登録では、

Wolt配達パートナーが使える身分証
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 学生証+健康保険証(学生のみ)
  • 外国籍の方(在留カード・特別永住者証明証)

といったものが身分証として使うことができます。

くまブロガー

Wolt配達パートナーは満18歳以上なら登録できるので、学生でも登録して稼働することができます。

学生の場合は「学生証(顔写真付き)」と「健康保険証」の両方が必要ですが、免許証やマイナンバーカードがなくても申し込みできますね!

この機会に、Wolt配達パートナーとして稼ぐだけでなく、自分で稼ぐ力も一緒に身につけましょう‼︎

よかったらシェアしてね!
目次