スマホで繋がる人と未来へようこそ

Uber Eats 配達パートナーが登録できない銀行口座!報酬の振込用として指定できる銀行はどこなのか解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになるには、報酬を振り込んでもらうための銀行口座を登録する必要があります。

Uber Eats 配達パートナーの銀行口座は、

登録できない金融機関
  • ネット銀行(ネットバンク)
  • 信用金庫
  • ゆうちょ銀行

といった金融機関を登録することが出来ません。

くまブロガー
上記以外の銀行なら振込口座として登録できますが、海外送金によって振り込まれるため、セキュリティが厳しい銀行だと振り込まれないといったトラブルがあるようです。

Uber Eatsは、下記の銀行口座を登録することを推奨しています。

おすすめ銀行口座

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

「三菱UFJ銀行」もしくは「三井住友銀行」の銀行口座であれば、トラブルになることが少ないのでおすすめです!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats の報酬が振り込まれる際の手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は、海外口座から振り込まれるため、

振込による手数料
  • 海外送金受取手数料
    (銀行による振込手数料)
  • 外国為替手数料
    (ドル→円など、両替するための手数料)
  • リフティングチャージ
    (同じ通貨「円→円、ドル→ドルなど」を、そのまま送金する時に発生する手数料)
  • コルレスチャージ
    (送金元と送金先の間に、コルレス銀行が中継する場合に発生する手数料)

といった手数料が差し引かれるのか気になりますよね。

ですが、海外送金によってかかる手数料は「全てUber(ウーバー) が負担」してくれます。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして稼いだ報酬は、手数料を差し引かれることなく振り込まれます。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats の報酬が振り込まれないトラブルの原因

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは「ネット銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行」以外の銀行口座であれば登録することが出来ます。

ですが、登録する銀行によっては、海外送金に対するセキュリティが厳しいところがあります。

海外送金のセキュリティが原因で、Uber Eats の配達報酬が「予定されている日に振り込まれない」といったトラブルが報告されています。

くまブロガー
こういったトラブルを避けるためにも、「三菱UFJ銀行」または「三井住友銀行」の口座を登録するのが安心ですね。

銀行口座を新たに開設することは難しくありませんが、開設するための「手続き」や「審査」など、多少時間がかかってしまいます。

なので、Uber Eats 配達パートナーのオンライン登録後に行く必要がある「Uber Eats パートナーセンター」で、現在持っている口座のトラブル状況など相談してみるのがおすすめです。

注意!

2021年7月現在、パートナーセンター一時休止中のため、すべてオンライン登録になっています。
登録手続きには電話サポートがあるので、気になることを質問すると安心です。

関連記事

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録するには、Webからオンラインで登録した後に「Uber Eats パートナーセンター」で本登録する必要がありますが、新型コロナウイルスの影響で2021年8月現在「すべてのUbe[…]

まずは、Uber Eats 配達パートナーのオンライン登録を済ませましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

Uber Eats 配達パートナーが登録できない銀行口座

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして、報酬を振り込んでもらうための口座には、登録できない銀行(金融機関)があります。

ネット銀行(ネットバンク)

ネット銀行(ネットバンク)は、銀行の実店舗窓口へ行かなくてもインターネット経由で取引ができるので、とても便利な銀行ですよね。

24時間365日(メンテナンスを除く)いつでも取引したり、入金の確認ができるので、多くの人が利用しています。

ですが、Uber Eats 配達パートナーとして登録する口座に、ネット銀行(ネットバンク)を指定することが出来ません

登録できないネット銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • オリックス銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行
  • 住信SBIネット銀行 など

インターネット経由なら海外口座からの振り込みも出来そうなイメージですが、海外送金ができないことがあるようですね。

信用金庫、ゆうちょ銀行

信用金庫、ゆうちょ銀行は「海外送金」が出来ないわけではありませんが、海外から報酬を振り込むうえで、何らかの理由により「Uber Eats 配達パートナーの振込口座」として登録することが出来ません。

Uber Eats 配達パートナーおすすめの銀行口座

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして登録する銀行口座は、メガバンクといわれている銀行を指定するのがおすすめです。

メガバンク
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • 三井住友フィナンシャルグループ
  • みずほフィナンシャルグループ

ただ、メガバンクの中でも「みずほ銀行」は海外送金のセキュリティが厳しいので、Uber Eats から報酬が振り込まれる度に電話確認が必要になります。

Uber Eats の報酬が振り込まれるタイミングは、月1回ではなく毎週ですので、みずほ銀行の口座を登録すると面倒くさいですね・・・。

なので、出来ることなら「三菱UFJ銀行」または「三井住友銀行」のいずれかを、報酬の振込口座に登録するのがおすすめです。

また、銀行口座は後からでも変更できますので、今持っている銀行口座を登録して、Uber Eats 配達パートナーを始めても良いと思います。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働している間に「三菱UFJ銀行」または「三井住友銀行」の口座を開設できますし、1日も早く報酬を手に入れることができますよね!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

まとめ(Uber Eats 配達パートナーの銀行口座)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが登録する銀行口座について解説してきました。

Uber Eats の配達で得られる報酬は、海外口座から振り込まれるため、登録できる口座に制限があります。

「ネット銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行」は、Uber Eats 報酬の振込口座として登録することが出来ません。

なので、3メガバンク「三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行」のいずれかの口座を登録するのが良いでしょう。

しかし、みずほ銀行に関しては「海外送金のセキュリティが厳しい」ため、報酬が振り込まれる度に電話確認が必要なので、結構面倒くさいですね。

こういった面倒やトラブルが比較的少ないのは、「三菱UFJ銀行、三井住友銀行」なので、Uber Eats 報酬の振込口座として登録するのがおすすめです。

でも、Uber Eats 配達パートナーに登録したい人すべてが「三菱UFJ銀行、三井住友銀行」の口座を持っているとは限りませんから、今すでに持っている銀行口座を登録して稼働し始めるのがおすすめです。

銀行口座は、後からでも変更できますし、Uber Eats パートナーセンターで本登録する際に、自分が登録したい銀行口座のトラブル状況を確認してからでも良いと思います。

ですので、まずは、Uber Eats 配達パートナーとして、オンライン登録しちゃいましょう!