Uber Eats 配達パートナー スマホで稼ぐ

Uber Eats 配達パートナーが稼働する際のマナー!コミュニケーションや料理の扱い方を意識しよう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、自分の好きなタイミングで自由に稼働できるので、スキマ時間を活用して稼ぐことができます。

ただ、Uber Eats 配達パートナーとして「どういったマナーを守って稼働すればいいのか?」気になるところですよね。

この記事でわかること

  • 配達パートナーの基本マナー
  • 配達する時の交通マナー
  • 配達時のマナーによる評価
くまブロガー
Uber Eats 配達パートナーとして最も大切なマナーは、何よりも清潔感を保つことです。

Uber Eats 配達パートナーは、基本的に「料理をお届けすること」が業務ですから、服装などしっかり清潔感を意識することが大切です。

また、料理の受け取りや受け渡しの際、挨拶などコミュニケーションをとることも忘れないようにしましょう。

最低限のマナーとして「清潔感」と「コミュニケーション」に気をつければ、Uber Eats 配達パートナーとして問題なく稼働することができます。

配達業務を行うのが初めての方は不安もあると思いますが、普通に生活していく中でのマナーさえあれば問題ないので、安心してUber Eats 配達パートナーとして稼働してみましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

Uber Eats 配達パートナーとしての基本的なマナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとしての基本的なマナーについて解説していきましょう。

 

清潔感をしっかり保つこと

Uber Eats 配達パートナーとして最も大切なマナーは、料理の受け取りや受け渡しにおいて清潔感を保つことです。

 

こまめに手洗いうがいをする

Uber Eats 配達パートナーは、人と接する時間はほとんどありませんが、レストランの店内に入って料理を受け取るので、待っている時は人と密接することもあります。

ほとんどの人はマスクを着用してますが、こまめに手洗いうがいをすることが大切です。

また、新型コロナウイルス対策として、アルコール消毒もやっておくと安心ですね。

 

清潔感ある服装で業務を行う

Uber Eats 配達パートナーとして清潔感を保つためには、稼働時の服装も重要です。

汚れていたり、たくさんシワになっている服装だと、レストランで対応する方や料理を注文された方が不快に感じてしまう可能性がありますよね。

なので、清潔感のある綺麗な服装とマスクの着用を忘れないようにしましょう。

 

配達バッグを定期的にお手入れする

Uber Eats 配達パートナーの配達バッグも定期的にお手入れすることが大切です。

くまブロガー
配達バッグも長く使い続けていると汚れてきますよね。

清潔感があるかどうかは、どうしても見た目で判断されていまいます。

なので、配達バッグをお手入れする際は、内側だけでなく外側も綺麗に掃除しておくことが大切です。

もし、配達バッグの外観に汚れやキズが付いてしまい、掃除してもキレイにならない場合は、清潔感を保つために買い替えも検討するようにしましょう。

 

丁寧にコミュニケーションをとる

Uber Eats 配達パートナーは、料理をお届けすることが業務ですが、レストランの方やUber Eats 注文者としっかりコミュニケーションをとることも大切です。

 

レストランでのコミュニケーション

Uber Eats 配達パートナーは、レストラン店内に入って料理を受け取る際、しっかりと挨拶をしてピックアップに来たことを伝えます

レストランの方は店内での対応や業務で忙しいですから、Uber Eats 配達パートナーだと認識してもらえないこともあります。

ただ待っているだけでは、料理を受け取るまでの時間をロスすることになりますし、レストランからの評価も良くありません。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして、料理を受け取りに来たことをしっかりとアピールしましょう。

 

注文者とのコミュニケーション

Uber Eats 注文者は、Uber Eats 配達パートナーがどんな人かどうか分かりませんし、プロフィール写真を見れたとしても不安に感じる方もいるはずです。

最近では置き配を指定する方も多いと思いますが、現金払いの時などは対面で受け渡しをすることになります。

レストランでの受け取りと同様に、Uber Eats 配達パートナーとして挨拶など丁寧にコミュニケーションをとることが大切です。

Uber Eats 配達パートナーは、レストランと注文者それぞれから評価されるので、より良い配達パートナーとなるためにも親切丁寧な対応を心がけましょう。

 

慎重かつ丁寧に料理を扱う

Uber Eats 配達パートナーは、お届けする料理を慎重かつ丁寧に扱う必要があります。

 

料理がこぼれないよう工夫する

Uber Eats 配達パートナーとしては、レストランで料理を受け取った時の状態で注文者にお渡しするのがベストですよね。

レストランで料理を受け取って配達バッグに入れる際、料理がこぼれたりかたよったりしないよう、緩衝材などで固定するなど工夫する必要があります。

 

温かいもの冷たいものを分ける

Uber Eats 配達パートナーの配達する料理には、温かいものと冷たいもが一緒になることも少なくありません。

くまブロガー
注文した料理が冷めていたり、飲み物がぬるかったりするとガッカリしますよね。

レストランで受け取った料理で、温かいものと冷たいものが同時にある場合には、配達バッグの中に仕切りをつけて別々に入れるようにしましょう。

Uber Eats ロゴの入った配達バッグには、仕切りとなる板が付いているので、配達バッグには常に仕切り板を入れておくと安心ですね。

 

料理を直接地面に置かない

Uber Eats 配達パートナーが扱うのは料理ですから、地面に直接料理を置いてはいけません

料理自体はしっかりと梱包されて袋に入っていますが、注文者としては料理を地面に直接置かれると嫌な気持ちになってしまいます。

置き配で地面に直接置かなければいけない時は、料理と地面の間に紙を敷くなどすると良いでしょう。

なので、Uber Eats 配達パートナーは、レストランで料理を受け取ってから注文者に受け渡すまでは、直接地面に料理を置かないようにしましょう。

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際の交通マナー

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、料理をお届けするまでの配達による交通マナーを守ることも大切です。

 

自転車も車両であると認識する

Uber Eats 配達パートナーは、自転車で稼働される方も多いですよね。

自転車も車やバイクと同様に車両ですから、Uber Eats 配達パートナーとして自転車で稼働する際は、交通マナーをしっかりと守って走行しなければいけません。

Uber Eats 配達パートナー登録では、アカウントを有効化する前に「交通ルールクイズ」というテストを受講します。

交通ルールクイズは、Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際、万が一事故にあわないよう交通マナーやルールを覚えるためのものです。

なので、交通ルールクイズの結果が悪いからといって、Uber Eats 配達パートナーに登録できないわけではありません。

車やバイクの免許をお持ちでない方は、Uber Eats 配達パートナーとして稼働する前に基本的な交通ルールを覚えておくと安心ですね。

 

道路標識や交通ルールをしっかり守る

Uber Eats 配達パートナーとして自転車で配達する場合、稼働する前に基本的な交通ルールやマナーを勉強するのがおすすめです。

原付バイクなど免許をお持ちであれば、免許を取得の時に交通ルールやマナーを勉強していますよね。

くまブロガー
運転免許証をお持ちでない方は、交通ルールやマナーを学んだことがない方も多いですよね。

Uber Eats 配達パートナーとして自転車で稼働する場合、基本的に車やバイク同様車道を走行することになっています。

歩道を自転車で走行している人も多いですが、交通ルールとしては間違っているので、事故による加害者にならないためにもしっかり交通ルールを守るようにしましょう。

参考Uber Eats 配達パートナー交通ルールクイズ不正解だとダメ?間違えたら登録できないのか徹底検証!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録する際、「交通ルールクイズ&質問事項(SAFETY QUIZ)」への回答が必要になりました。 交通ルールクイズは、基本的に自転車による交通ルール ...

続きを見る

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

 

Uber Eats 配達パートナーのマナーが悪いと評価に影響

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、マナーが悪いと自分自身の評価に影響してきます。

 

Uber Eats による評価の仕組み

Uber Eats は、レストランパートナーによる料理を配達パートナーによってお届けするようになっています。

くまブロガー
Uber Eats 配達パートナーは、レストランパートナーと注文者から評価をされます。

また、Uber Eats 配達パートナーは、レストランパートナーと注文者に対して評価をすることができます。

Uber Eats 配達パートナーが受けた評価は満足度としてプロフィール写真の下にパーセンテージで表示される仕組みになっています。

それぞれお互いを評価することで、より良いサービスを提供できる仕組みを作り上げているということですね。

 

マナーが悪いと満足度(%)が下がる

Uber Eats 配達パートナーのマナーが悪いと、レストランパートナーや注文者から悪い評価をされることになります。

評価は「サムズアップ(良い評価)」と「サムズダウン(悪い評価)」の2つから選択するようになっていて、サムズダウンが多くなると自分自身の満足度が下がってしまいます。

Uber Eats 配達パートナーの満足度が低いと、注文者としても不安になってしまいますし、Uber Eats からも是正するように注意されることもあるんです。

満足度となる評価が低く、改善がみられないようであれば、Uber Eats 配達パートナーのアカウントが停止されてしまう可能性もあります。

これからUber Eats 配達パートナーに登録しようとしている方にとって、こういった内容は不安材料となってしまうかもしれません。

ですが、ごく普通のマナーやコミュニケーションさえできていれば、基本的にサムズダウンの評価をされることはありません。

なので、最低限必要なマナーやルールを覚えておけば問題ないので、安心してUber Eats 配達パートナーとして稼働してみましょう!

▶︎[公式]Uber Eats 配達パートナー登録↗︎

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

まとめ(Uber Eats 配達パートナーとしてのマナー)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとしてのマナーについて解説してきました。

Uber Eats 配達パートナーは、料理をお届けする業務なので、レストランパートナーや注文者が不快に感じないよう清潔感を保つことが大切です。

なので、Uber Eats 配達パートナーとして稼働する際は、こまめに手洗いやうがい、アルコール消毒を行い、マスクを着用して清潔感のある服装を心がけましょう。

また、レストランで料理を受け取る時や注文者に料理を受け渡す際、しっかりと挨拶を行うなどしっかりとコミュニケーションをとることも大切です。

Uber Eats 配達パートナーとしてのマナーは、ごく普通に生活していく中で身についているものばかりなので、過度に気にする必要はありません。

これからの新しい稼ぎ方としても人気のあるUber Eats 配達パートナーに登録して、新しい生活の第一歩を踏み出してみましょう!

-Uber Eats 配達パートナー, スマホで稼ぐ